2007年4月
1
2
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
         
假屋崎省吾
Shogo Kariyazaki

華道家。假屋崎省吾 花・ブーケ教室主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評され、繊細かつ大胆な作風と独特の色彩感覚には定評がある。
近年では新たな取り組みとして、着物のデザインおよびプロデュースをはじめ、花と建造物のコラボレートとなる個展“歴史的建築物に挑む”シリーズも開催。これまでに、福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」、福岡県福岡市「聖福寺」、佐賀県鹿島市「肥前浜宿 酒蔵通り」、大分県日田市「重要文化財 草野本家」、徳島県美馬市「吉田家住宅」、島根県松江市「日本庭園 由志園」、奈良県奈良市「大本山 霊山寺」、京都府京都市「長楽館」、神奈川県鎌倉市「円覚寺山内 佛日庵」、長野県軽井沢町「軽井沢タリアセン内 旧朝吹登水子邸 睡鳩荘」などにて行われ好評を博している。毎秋開催される目黒雅叙園 百段階段での個展「華道家 假屋崎省吾の世界」および「假屋崎省吾 花・ブーケ教室展」はライフワークとなっている。また、フランスにあるクリスタルの老舗Daum社からの依頼で、世界限定1色99点のガラス花器「花鳥風月」をデザインし、4色展開でクリスタル花器の世界デビューも果たす。
また、オランダ アムステルダム「ゴッホ美術館」でのフラワーデモンストレーションとライデン「キューケンホフ公園」での個展、中国「上海万博」でのフラワーパフォーマンス、イタリア「ローマ国際映画祭」でのフラワーインスタレーション、フランス パリ「プティ・パレ宮殿」やヴァンセンヌの森「パリ花公園」、タイ王国 バンコク「サイアムパラゴン」にて個展を開催するなど国際的にも高い評価を得、国内はもとより海外でも目覚ましい活動を展開している。さらに、地域活性化支援のボランティア活動の一環として、桂由美氏が代表を務めるNPO法人地域活性化支援センター理事、恋人の聖地選定委員、恋人の聖地親善大使・プロポーズの言葉コンテスト審査委員、アジアブライダルサミット2009コーディネーターなどを精力的に努め、少子化問題や地域活性を促す社会活動等にも積極的に取り組んでいる。
2013年 華道歴30周年を迎え、益々活動の場を広げている。
現在TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」にレギュラー出演、NHK「あさイチ」にゲストコメンテーターとして出演するなど、テレビ・雑誌・新聞など幅広い分野で活躍中。


假屋崎省吾 公式ホームページ http://kariyazaki.jp/

リラ(左)&プリ(右)

2001年生まれの美猫姉妹。
友人のお宅の前で生まれた元ノラネコで、そのかわいさにひと目惚れし、我が家の子になりました。
リラは人見知りする性格ですばしっこく、プリは社交的でおっとりしています。2匹とも仲がよく、性格のいい子たちです。






RSS


2007年 4月

2007/4/24

カーリーのパリ珍道中 その4
滞在3日目、いよいよ訪れたヴェルサイユは、なんと大改築中でした


ヴェルサイユ宮殿にて。すごいの一言に尽きます!

突然の大寒波でお客さんはほとんどいませんでした。ガラガラだったので、ゆったりと見物できてご満悦です

午後からはポン・ヌフ(セーヌ川に架かる橋)からのバトー・ムシュー(市内観光船)に乗船。
途中、雹(ひょう)が降ってきて大わらわでした


(写真左)バトー・ムシュー乗船前。ポン・ヌフにて。このときは晴天だったのに!
(写真右)バトー・ムシュー乗り場


20070424-03.jpg
18時からのルーブル美術館は、入場料がちょい割引です
のモティーフの芸術がわんさかあって目が回りました

「いつか私もルーブル見学してみたいニャ〜♪」byリラ

次の日はパリから離れ、アール・ヌーヴォーで有名な街、ナンシーに遠出です。アール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸家、エミール・ガレやドーム兄弟の作品に、街中のアール・ヌーヴォー建築に、思わずため息でした

猫の財布を見つけて、(またもや!)衝動買いしちゃいました



衝動買いした猫の財布。額の模様がちょっとプリに似ているでしょ?
猫グッズを見つけるとついつい買ってしまうんです



2007/4/17

カーリーのパリ珍道中 その3
プリとリラは今頃どうしているかな?とメールして、無事を確認 ひと安心です


今日も元気にヒモ遊びしてるんだニャ〜


さあ、朝から張り切っていざ出陣

リュクサンブール公園にオデオン。サン・ジェルマン・デ・プレにパレ・ロワイヤル。
カルネ(地下鉄の10枚綴り切符)を買って、地下鉄でピガールからモンマルトル。
猫の絵がいっぱいありました


(写真左)モンマルトルにて (写真右)ギャラリー・ラファイエットにて


20070417-03s.jpg
ピアノバーでお茶をして、
ギャラリー・ラファイエットにプランタン。
エディット・ピアフ、シャルル・アズナブールに
ジルベール・ベコーのCDをゲットして夜の帳も
おりたので、ムール貝に舌つづみ

→歌手ダリダの胸像と一緒に記念撮影 ちょっと似てる

2007/4/10

カーリーのパリ珍道中 その2
20070410-01.jpg
リュクサンブール宮殿にて。


シャルル・ド・ゴール空港へ着くやいなや、パリの警察官がガムを噛みながら
パスポートを取り上げて因縁をつけてきたのです

旅行者として完璧であるにも関わらず

うちのプリとリラに、あの馬鹿顔に爪とぎさせてやりたかったよ

20070410-03.jpg
ひどい目に遭ったんだニャ〜


気を取り直して、サンセブラン教会にほど近い素敵なホテルにチェックインして、
夜のパリに繰り出しました。
20070410-023.jpg
→パレ・ロワイヤルにて。

パリの街は至るところにネコグッズ
思わず全部買い占めたくなります。

20070410-04.jpg
↑お土産に買ってきた猫用食器

到着初日の夜ごはんはミラマ(中華料理屋さん)でエビそばです


2007/4/03

花の都パリからボンジュール!


ボンジュール

なんと皆様、私は花の都パリへ1週間、題して「美を仕入れに行く」旅に行ってきました。その間プリとリラは申し訳ないけど、我が家でお留守番です。(もちろんお世話をしてくれる素敵な方がちゃんといますから安心です)

パリ滞在中、それはそれはいろんなことがありました。
とても普通の人では体験できないことが、シャルル・ド・ゴール空港に着いた途端から始まりました。


パレ・ロワイヤルにて記念撮影


20070403-03.jpgもちろん遠い空から、プリとリラのことはいつも想っていましたよ

←ヒモが気になっているリラ。
猫ってヒモに目がないですよね!


20070403-04.jpg
→私のお気に入り猫グッズ
シッポが揺れるんです。プリに似ていて、ひと目惚れしちゃいました