2007年5月
   
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
30
31
   
假屋崎省吾
Shogo Kariyazaki

華道家。假屋崎省吾 花・ブーケ教室主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評され、繊細かつ大胆な作風と独特の色彩感覚には定評がある。
近年では新たな取り組みとして、着物のデザインおよびプロデュースをはじめ、花と建造物のコラボレートとなる個展“歴史的建築物に挑む”シリーズも開催。これまでに、福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」、福岡県福岡市「聖福寺」、佐賀県鹿島市「肥前浜宿 酒蔵通り」、大分県日田市「重要文化財 草野本家」、徳島県美馬市「吉田家住宅」、島根県松江市「日本庭園 由志園」、奈良県奈良市「大本山 霊山寺」、京都府京都市「長楽館」、神奈川県鎌倉市「円覚寺山内 佛日庵」、長野県軽井沢町「軽井沢タリアセン内 旧朝吹登水子邸 睡鳩荘」などにて行われ好評を博している。毎秋開催される目黒雅叙園 百段階段での個展「華道家 假屋崎省吾の世界」および「假屋崎省吾 花・ブーケ教室展」はライフワークとなっている。また、フランスにあるクリスタルの老舗Daum社からの依頼で、世界限定1色99点のガラス花器「花鳥風月」をデザインし、4色展開でクリスタル花器の世界デビューも果たす。
また、オランダ アムステルダム「ゴッホ美術館」でのフラワーデモンストレーションとライデン「キューケンホフ公園」での個展、中国「上海万博」でのフラワーパフォーマンス、イタリア「ローマ国際映画祭」でのフラワーインスタレーション、フランス パリ「プティ・パレ宮殿」やヴァンセンヌの森「パリ花公園」、タイ王国 バンコク「サイアムパラゴン」にて個展を開催するなど国際的にも高い評価を得、国内はもとより海外でも目覚ましい活動を展開している。さらに、地域活性化支援のボランティア活動の一環として、桂由美氏が代表を務めるNPO法人地域活性化支援センター理事、恋人の聖地選定委員、恋人の聖地親善大使・プロポーズの言葉コンテスト審査委員、アジアブライダルサミット2009コーディネーターなどを精力的に努め、少子化問題や地域活性を促す社会活動等にも積極的に取り組んでいる。
2013年 華道歴30周年を迎え、益々活動の場を広げている。
現在TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」にレギュラー出演、NHK「あさイチ」にゲストコメンテーターとして出演するなど、テレビ・雑誌・新聞など幅広い分野で活躍中。


假屋崎省吾 公式ホームページ http://kariyazaki.jp/

リラ(左)&プリ(右)

2001年生まれの美猫姉妹。
友人のお宅の前で生まれた元ノラネコで、そのかわいさにひと目惚れし、我が家の子になりました。
リラは人見知りする性格ですばしっこく、プリは社交的でおっとりしています。2匹とも仲がよく、性格のいい子たちです。






RSS


2007年 5月

2007/5/29

爪切りは命がけ!?
20070529-01s.jpg
プリとリラの爪磨きの話の続きです。

一緒に遊んでいると爪を立ててじゃれてくることがあります。
そんなときはもう痛くて痛くて我慢できなくなるので、いよいよと思い、爪切りを決意します

同居人と2人で、協力体制のもとに
命がけで任務を遂行します

始めにリラです。嫌がられて今までに何度大変な思いをしたことか まるで魔法使いのおばあさんのような爪です。

そしておっとりさんのプリをだましだましやって終了です。

ほんとに大変です

20070529-02.jpg←恒例のネコグッズ紹介ガラス細工の置物です

2007/5/22

爪磨きに悩む今日このごろ…
20070522-01.jpg皆さんは、猫の爪磨きはどうしていらっしゃいますか?我が家は南向きの猫の部屋に、木でできた爪磨きを置いています。それと最近は、小さいダンボールでできたのをファンの方からいただいたので使っています

プリもリラも結構そのダンボールでできた爪磨きが気に入っているようで、一緒に遊んでいると思い出したかのようにして、そこで爪磨きしています。

ただ最近、広い部屋で自由に遊ばせるようになったら、何とアンティークのお気に入りの家具でもやり始めて、ちょいとどうしたものかと頭を悩ませているところであります


→毛づくろい中のプリを撮影していたら、こんな顔が撮れちゃいました




爪磨きの上でくつろぐプリちゃん猫が毛づくろいしているのを見ていると心和みますよね



2007/5/15

ピアノと猫
最近、以前から追っかけをしている中国の天才ピアニスト、ラン・ランさんの演奏で、ロンドン交響楽団のモーツァルトのピアノ協奏曲を聴いてきました

20070515-01.jpg
↑我が家のリビングにあるピアノです↑

20070515-03.jpgあまりにも素晴らしくて大感動で家に戻り、さっそく我が家のピアノで弾けそうなところをレッスンしていると、何とプリとリラがぴょこんとピアノに飛び乗って、気持ちよさそうに仲良く私のピアノに聴き入っているのです

まあ何と、私も含めて至福の時を味わっているのかなぁと感激しました

→ピアノの上に乗ったプリとリラをパチリ




(写真左)猫と触れ合う時間って本当に幸せ
(写真右)今回の猫グッズはかわいいバッグ型の陶器の置物なんだニャ〜 byリラ



2007/5/08

香りに敏感な猫たち
20070508-01.jpg牡丹に、藤につつじ、ゴールデンウィークも明け、
新緑の季節になってまいりました

我が家のプリとリラは、それはそれは香りには敏感です。

最近、窓をちょっと開けて気持ちのいい空気を入れてあげると、何とガラス戸を開ける瞬間に、ほんの5cm程開いた窓辺に行き、クンクンクン
…と犬のように鼻の穴を大きく開け、まるで深呼吸をしているかのような仕草をするのです。たまに大きく背伸びをして、あくびをする場合もあるのですが、外の香りをいっぱい吸い込もうとしているように見えます

猫も季節を感じているんですね

「假屋崎家の猫たるもの。香りに敏感でなくっちゃね!フンフン…」(byプリ)


「恒例の猫グッズ紹介だニャ〜 今回は時計。表情がニャンともかわいいでしょ?」(byリラ)

2007/5/01

カーリーのパリ珍道中 その5
次の日もちょこっと遠出のシャンティー城。
ここは馬で有名ですが、猫城なんてあるんでしょうか?
財力さえあれば作ってみたいものですね。百歩ゆずって猫博物館か猫屋敷


(写真左)ちょこっと足を伸ばして訪れたシャンティー城
(写真右)で、こちらが猫城の城内・・・というのはウソで、我が家の居間ですニャ!


20070501-02.jpgパリに戻ってエルメスで、
清水の舞台から飛び降りました

ジャックマール・アンドレ美術館からモンソー公園、凱旋門にオ〜シャンゼリゼ
夕食はチーズフォンデュにムール貝です

←パリ北駅にて。“美を仕入れる旅”もいよいよ大詰めです!

最後の日はシャイヨー宮からエッフェル塔。63番のバスでリヨン駅からマレ地区
あっという間のパリでした