2007年10月
 
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
31
     
假屋崎省吾
Shogo Kariyazaki

華道家。假屋崎省吾 花・ブーケ教室主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評され、繊細かつ大胆な作風と独特の色彩感覚には定評がある。
近年では新たな取り組みとして、着物のデザインおよびプロデュースをはじめ、花と建造物のコラボレートとなる個展“歴史的建築物に挑む”シリーズも開催。これまでに、福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」、福岡県福岡市「聖福寺」、佐賀県鹿島市「肥前浜宿 酒蔵通り」、大分県日田市「重要文化財 草野本家」、徳島県美馬市「吉田家住宅」、島根県松江市「日本庭園 由志園」、奈良県奈良市「大本山 霊山寺」、京都府京都市「長楽館」、神奈川県鎌倉市「円覚寺山内 佛日庵」、長野県軽井沢町「軽井沢タリアセン内 旧朝吹登水子邸 睡鳩荘」などにて行われ好評を博している。毎秋開催される目黒雅叙園 百段階段での個展「華道家 假屋崎省吾の世界」および「假屋崎省吾 花・ブーケ教室展」はライフワークとなっている。また、フランスにあるクリスタルの老舗Daum社からの依頼で、世界限定1色99点のガラス花器「花鳥風月」をデザインし、4色展開でクリスタル花器の世界デビューも果たす。
また、オランダ アムステルダム「ゴッホ美術館」でのフラワーデモンストレーションとライデン「キューケンホフ公園」での個展、中国「上海万博」でのフラワーパフォーマンス、イタリア「ローマ国際映画祭」でのフラワーインスタレーション、フランス パリ「プティ・パレ宮殿」やヴァンセンヌの森「パリ花公園」、タイ王国 バンコク「サイアムパラゴン」にて個展を開催するなど国際的にも高い評価を得、国内はもとより海外でも目覚ましい活動を展開している。さらに、地域活性化支援のボランティア活動の一環として、桂由美氏が代表を務めるNPO法人地域活性化支援センター理事、恋人の聖地選定委員、恋人の聖地親善大使・プロポーズの言葉コンテスト審査委員、アジアブライダルサミット2009コーディネーターなどを精力的に努め、少子化問題や地域活性を促す社会活動等にも積極的に取り組んでいる。
2013年 華道歴30周年を迎え、益々活動の場を広げている。
現在TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」にレギュラー出演、NHK「あさイチ」にゲストコメンテーターとして出演するなど、テレビ・雑誌・新聞など幅広い分野で活躍中。


假屋崎省吾 公式ホームページ http://kariyazaki.jp/

リラ(左)&プリ(右)

2001年生まれの美猫姉妹。
友人のお宅の前で生まれた元ノラネコで、そのかわいさにひと目惚れし、我が家の子になりました。
リラは人見知りする性格ですばしっこく、プリは社交的でおっとりしています。2匹とも仲がよく、性格のいい子たちです。






RSS


2007年10月

2007/10/30

プリとリラのお引っ越し 〜その5〜

引っ越し当日は何と「0123アート引越しセンター」のスタッフの皆々様に、20人も集まっていただきました。プリとリラの部屋のドアには「開けるべからず」の貼り紙を何枚も貼りつけ、気がかりではありましたが留守番をしてもらいました。

そして夜もだいぶ更けた頃、スタッフ一同家路についてもらい、同居人と二人で落ち着いたところで、プリとリラをネコ用バスケットに入れて大事に大事に移動したのでありました。

そして今度こそ、もう二度と引っ越しはしないからねとプリとリラに約束をしたのでありました。

→現在の新居でも、人の出入りが激しい日中は、万が一のことを考えてドアにこのような貼り紙をしています。


2007/10/23

プリとリラのお引っ越し 〜その4〜
そして、本当に本当に色々ありましたが、いよいよ改築した表参道の家もやっと何とか完成し、引っ越しの日も決まりました。

プリとリラに「いよいよだよ!」と心の準備をさせました。それが何と、またしても工事が遅れて引っ越せませんでした。

全てをキャンセルして、振り出しに戻って数ヶ月。2匹とも、飼い主同様かなりご機嫌斜めです。「もうちょっと辛抱してくれ〜〜〜」となだめすかしながらの日々が続き、やっとの思いで、本当に引っ越しする日が決まったのでした。めでたしめでたし。
<つづく>

→プリたちのお部屋の外には、同居人が敷いた赤いマットがあって、ここでよく2匹でツメ研ぎしています。研ぎ心地がいいみたい!?


【イベント告知】
今年も目黒雅叙園で「華道家 假屋崎省吾の世界」が開催されます!昭和の竜宮城「百段階段」に数多くの作品を展示。ぜひ足をお運びください!

------------------------------------------------------------------
☆「華道家 假屋崎省吾の世界」華のチカラ〜Power of Flower〜開催概要
【開催期間】2007年10月27日(土)〜11月11日(日)
【開催場所】目黒雅叙園(http://www.megurogajoen.co.jp
------------------------------------------------------------------

→詳しくはこちらをご覧ください!


2007/10/16

プリとリラのお引っ越し 〜その3〜
このまま無事、新築の家に引っ越すまで、仮住まいのマンションに落ち着けるのかと思いきや、そうは問屋が卸しません。

何と突然に老朽化を理由に「立ち退け〜!!」とのたまわれたのでありました。おまけに嫌がらせの連続。プリとリラを守れるのは私だけと思って、「こうなったら居座ってやる〜」と抵抗しましたが、相手は魔界から来ているやつら。さっさと次を見つけてまたまた引っ越しすることに。

「これで最後だからね」となだめすかして、いい子いい子とおだてながら新たな仮住まいのお家に移ったのでありました。<つづく>

「今はようやく本当のお家に落ち着けてよかったニャー!」byリラ



2007/10/09

プリとリラのお引っ越し 〜その2〜
思い返してみますと、心無い人から捨てられて、辿り着いたのがこの我が家。それ以来、箱入り娘として、猫可愛がりされて育てられたプリとリラ。

我が家の改築工事のため、仮住まいに移るときに初めての引っ越しを経験し、それはそれはさぞかし不安だったことでしょう。しかも今まで一戸建ての暮らしがマンション暮らしとなったものですから。

6階ワンフロアー全体が我が家で今までと勝手が違うため、案の定、最初は落ち着きがなくお部屋のあちこちをクンクンと嗅ぎ回っていました。

…しかしそれも数日のことで、すぐに我がもの顔で仮住まいに慣れたのでした。プリとリラへのストレスが心配だったので、「よかった、よかった!」と本当にひと安心でした。 <つづく>

「新居のお部屋にはネコ型のドアノブが付いていますニャ!かわいいでしょ♪」byリラ



2007/10/02

プリとリラのお引っ越し 〜その1〜
いよいよプリとリラの引越しのお話をさせて頂きま〜す。

思い起こせば4年近くも前の話に遡ります。プリとリラと3人で平穏無事に過ごしておりましたあの頃が、本当に懐かしく思えてなりません。

プリとリラはいつも家中を走り回って遊んでいました。ひんやりとしていた地下の部屋では、ベタ〜と床にうつ伏せになって昼寝をしておりました。それまでも快適に暮らしてはいたのですが、「プリとリラのためにも、より居心地のいい住空間を」という親心があり、一大決心をして、自宅を建て替えることにしたのでありました。 <つづく>