2008年2月
         
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
27
28
29
 
假屋崎省吾
Shogo Kariyazaki

華道家。假屋崎省吾 花・ブーケ教室主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評され、繊細かつ大胆な作風と独特の色彩感覚には定評がある。
近年では新たな取り組みとして、着物のデザインおよびプロデュースをはじめ、花と建造物のコラボレートとなる個展“歴史的建築物に挑む”シリーズも開催。これまでに、福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」、福岡県福岡市「聖福寺」、佐賀県鹿島市「肥前浜宿 酒蔵通り」、大分県日田市「重要文化財 草野本家」、徳島県美馬市「吉田家住宅」、島根県松江市「日本庭園 由志園」、奈良県奈良市「大本山 霊山寺」、京都府京都市「長楽館」、神奈川県鎌倉市「円覚寺山内 佛日庵」、長野県軽井沢町「軽井沢タリアセン内 旧朝吹登水子邸 睡鳩荘」などにて行われ好評を博している。毎秋開催される目黒雅叙園 百段階段での個展「華道家 假屋崎省吾の世界」および「假屋崎省吾 花・ブーケ教室展」はライフワークとなっている。また、フランスにあるクリスタルの老舗Daum社からの依頼で、世界限定1色99点のガラス花器「花鳥風月」をデザインし、4色展開でクリスタル花器の世界デビューも果たす。
また、オランダ アムステルダム「ゴッホ美術館」でのフラワーデモンストレーションとライデン「キューケンホフ公園」での個展、中国「上海万博」でのフラワーパフォーマンス、イタリア「ローマ国際映画祭」でのフラワーインスタレーション、フランス パリ「プティ・パレ宮殿」やヴァンセンヌの森「パリ花公園」、タイ王国 バンコク「サイアムパラゴン」にて個展を開催するなど国際的にも高い評価を得、国内はもとより海外でも目覚ましい活動を展開している。さらに、地域活性化支援のボランティア活動の一環として、桂由美氏が代表を務めるNPO法人地域活性化支援センター理事、恋人の聖地選定委員、恋人の聖地親善大使・プロポーズの言葉コンテスト審査委員、アジアブライダルサミット2009コーディネーターなどを精力的に努め、少子化問題や地域活性を促す社会活動等にも積極的に取り組んでいる。
2013年 華道歴30周年を迎え、益々活動の場を広げている。
現在TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」にレギュラー出演、NHK「あさイチ」にゲストコメンテーターとして出演するなど、テレビ・雑誌・新聞など幅広い分野で活躍中。


假屋崎省吾 公式ホームページ http://kariyazaki.jp/

リラ(左)&プリ(右)

2001年生まれの美猫姉妹。
友人のお宅の前で生まれた元ノラネコで、そのかわいさにひと目惚れし、我が家の子になりました。
リラは人見知りする性格ですばしっこく、プリは社交的でおっとりしています。2匹とも仲がよく、性格のいい子たちです。






RSS


2008年 2月

2008/2/26

窓辺で日向ぼっこ♪
最近の東京は雪が降ったり、「春一番」の強風が吹いたりと、めまぐるしい気候の変化にビックリ。

私は冬の時期になると、猫と違って雪を求める旅に出ます。北海道、パリ、ミュンヘン、ノイシュバンシュタイン、ニューヨーク・・・。

猫はこたつで丸くなるといいますが、プリとリラは新築の南向きの窓辺で気持ちよさそうに、ふたりで向き合って日向ぼっこです 日差しが気持ちいい位、まぶしいです。


2008/2/19

ありがたや、ありがたや♪
先日、渋谷のロフトにふらりと寄ったら、またまたすごいのを見つけました。まさしく、光り輝くゴールドの招き猫。思わず、値段も見ずにレジまで持って行ってしまいました。我が家に戻り、プリとリラとご対面。フンと言いたげな素振りをして、ふたりとも無視です

今はエントランスホールの玄関の真っ正面に安置いたしました。我が家はもちろんのこと、訪れてくださるお客様にも運気を招く極上のアイテムとなりました。ご利益、ご利益、ありがたや、ありがたやであります


美輪さんに触っていただいた招き猫と一緒に飾ってあります



2008/2/12

美輪明宏さんに選んでいただきました♪
招き猫には右手を上げているのと左手を上げているのがあります。人を呼び、金運をもたらすとか。欲をかいて両手を上げている招き猫があるかとずいぶん探していますが、なかなか見つかりません。プリとリラにも「片手をずっと上げて招き猫になってごらん」と頼んでみるのですが、いつもいつも知らんぷりです。

先日、美輪明宏さんに我が家の猫コレクションの中からこれだ〜っというのを選んでいただきました。しかもめちゃくちゃ触りまくってもらいました。これでこの一年、プリ、リラ、同居人と私、家族4人無事に過ごせます

→これが美輪さんに選んでいただいた招き猫です



2008/2/05

プリの「ねこ鍋」
世の中は「ねこ鍋」が大変流行っているようですが、我家のお猫様は代々、といってもまだ2代目のふたりですが、先代の頃からそれはそれは可愛らしく「ねこ鍋」をやっておりました。

昔はこの(写真下)ひとまわり大きな土鍋があったのですが、引っ越しが度重なり、ひとりで入るのがやっとの大きさの物しかなくなってしまいました。ふたり一緒に入ってもらいたいと思ってお店を覗くのですが、大きい鍋が見つかりません。友人を呼んで「今夜は鍋だ〜」っていう時も便利なんだけどな。


もう少し大きな鍋を探し中だニャ byプリ