2010年5月
           
1
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
         
假屋崎省吾
Shogo Kariyazaki

華道家。假屋崎省吾 花・ブーケ教室主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評され、繊細かつ大胆な作風と独特の色彩感覚には定評がある。
近年では新たな取り組みとして、着物のデザインおよびプロデュースをはじめ、花と建造物のコラボレートとなる個展“歴史的建築物に挑む”シリーズも開催。これまでに、福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」、福岡県福岡市「聖福寺」、佐賀県鹿島市「肥前浜宿 酒蔵通り」、大分県日田市「重要文化財 草野本家」、徳島県美馬市「吉田家住宅」、島根県松江市「日本庭園 由志園」、奈良県奈良市「大本山 霊山寺」、京都府京都市「長楽館」、神奈川県鎌倉市「円覚寺山内 佛日庵」、長野県軽井沢町「軽井沢タリアセン内 旧朝吹登水子邸 睡鳩荘」などにて行われ好評を博している。毎秋開催される目黒雅叙園 百段階段での個展「華道家 假屋崎省吾の世界」および「假屋崎省吾 花・ブーケ教室展」はライフワークとなっている。また、フランスにあるクリスタルの老舗Daum社からの依頼で、世界限定1色99点のガラス花器「花鳥風月」をデザインし、4色展開でクリスタル花器の世界デビューも果たす。
また、オランダ アムステルダム「ゴッホ美術館」でのフラワーデモンストレーションとライデン「キューケンホフ公園」での個展、中国「上海万博」でのフラワーパフォーマンス、イタリア「ローマ国際映画祭」でのフラワーインスタレーション、フランス パリ「プティ・パレ宮殿」やヴァンセンヌの森「パリ花公園」、タイ王国 バンコク「サイアムパラゴン」にて個展を開催するなど国際的にも高い評価を得、国内はもとより海外でも目覚ましい活動を展開している。さらに、地域活性化支援のボランティア活動の一環として、桂由美氏が代表を務めるNPO法人地域活性化支援センター理事、恋人の聖地選定委員、恋人の聖地親善大使・プロポーズの言葉コンテスト審査委員、アジアブライダルサミット2009コーディネーターなどを精力的に努め、少子化問題や地域活性を促す社会活動等にも積極的に取り組んでいる。
2013年 華道歴30周年を迎え、益々活動の場を広げている。
現在TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」にレギュラー出演、NHK「あさイチ」にゲストコメンテーターとして出演するなど、テレビ・雑誌・新聞など幅広い分野で活躍中。


假屋崎省吾 公式ホームページ http://kariyazaki.jp/

リラ(左)&プリ(右)

2001年生まれの美猫姉妹。
友人のお宅の前で生まれた元ノラネコで、そのかわいさにひと目惚れし、我が家の子になりました。
リラは人見知りする性格ですばしっこく、プリは社交的でおっとりしています。2匹とも仲がよく、性格のいい子たちです。






RSS


2010年 5月

2010/5/25

アムステルダム猫事情 その5
いよいよアムステルダム猫事情も最終回です。とにかく街を歩いていると猫モノがいっぱいあったのがうれしかったですね あるお店では、とてつもなく面白いお品を発見したので、そのお話を

携帯用の猫型ライトにせっけんにクリップなど、かわいい雑貨を取り扱うお店で、見つけた途端、思わず大笑いしてしまったのがこれ


前々回の記事でもちらっと登場しましたが、とってもユーモラスでしょ?


この小銭入れです 5匹の猫がお尻丸出しで、愛嬌のある茶トラはうちのプリにそっくり 「そうだっ」と思い立って2つゲット 日本に戻ってから、ピアニストのフジコヘミングさんに差し上げたら、とても喜んでいただけました

スーパーでは猫のご飯が充実していて、アムステルダムで生活している猫オーナーの雰囲気を感じることができました。5日も足止めされたとはいえ、ガイドブックが出来るくらいたっぷりと仕事も出来、しかも楽しませていただました

最後にイラストが描かれた電車内で、を発見しました。さてどこにいるでしょうか?



お分かりになりますか?



正解はここでした!




それでは皆様また次週〜



2010/5/18

アムステルダム猫事情 その4
街のウィンドーにはいたるところに猫の置物や商品がディスプレイされていましたが、あるお店で、紙で作られたオブジェが飾られているのを発見しました


普通だったら気が付かないで通り過ぎてしまいそうなほど、さりげなく置かれていました


そして迷い猫の張り紙も。ぽっちゃりとした可愛らしい雰囲気の猫ちゃんたちでした。早く飼い主のところに戻るといいなぁ……と思いながら通り過ぎました。


早く猫ちゃんたちが見つかりますように……


いよいよ次回はアムステルダム猫事情、最終回です


2010/5/11

アムステルダム猫事情 その3
アムステルダムの街は、運河、橋、緑、400年程前からの時代を反映した建物、そして建物の中庭の花壇がじつに調和していて、しかも明るく、とてもとても美しい街です そんな街並みを散歩しているとすごく楽しいうえに、カフェで一息いれると親切な人々ばかりで、さらにうれしくなります


花が咲き乱れるキューケンホフ公園も、この世と思えないほどの美しさでした


そんな散歩の最中にも、またまたいっぱい猫グッズを見つけました



スーパーの猫ごはんもとても充実していて、アムステルダムの皆さんも猫を大事にしながら、猫との生活を一緒に楽しんでいるんだなと微笑ましかったです 窓辺ではひなたぼっこしている猫をたびたび見つけました


こちらは猫美術館でひなたぼっこしていた猫ちゃん


ではではまたね




2010/5/06

アムステルダム猫事情 その2
アムステルダム猫事情、第二弾です

オランダという国は、五代将軍綱吉の時代の日本ほどではないけれど、どちらかというとお犬様を大事にするお国柄だそうです。……にも関わらず、本物の猫にも、猫モチーフのお品にも、びっくりするほどたくさん出会いました

そんな中でまずご紹介したいのが、キッチン用品 鍋つかみと、猫の尻尾がついたポット用保温カバーを見つけました。なんとチャーミングなんでしょ



そしてオランダ名産のデルフト焼きの専門店でも可愛らしいものがワンサカ なかでも圧巻だったのは、搭のように背の高いチューリップをいける器



それに、タイルや食器類も猫モチーフのものがあって、片っ端から買い占めたくなる衝動を抑えつつ、ほどほどに買い物をしていました



ではこの続きはまた次週