2011年8月
 
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
31
     
假屋崎省吾
Shogo Kariyazaki

華道家。假屋崎省吾 花・ブーケ教室主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評され、繊細かつ大胆な作風と独特の色彩感覚には定評がある。
近年では新たな取り組みとして、着物のデザインおよびプロデュースをはじめ、花と建造物のコラボレートとなる個展“歴史的建築物に挑む”シリーズも開催。これまでに、福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」、福岡県福岡市「聖福寺」、佐賀県鹿島市「肥前浜宿 酒蔵通り」、大分県日田市「重要文化財 草野本家」、徳島県美馬市「吉田家住宅」、島根県松江市「日本庭園 由志園」、奈良県奈良市「大本山 霊山寺」、京都府京都市「長楽館」、神奈川県鎌倉市「円覚寺山内 佛日庵」、長野県軽井沢町「軽井沢タリアセン内 旧朝吹登水子邸 睡鳩荘」などにて行われ好評を博している。毎秋開催される目黒雅叙園 百段階段での個展「華道家 假屋崎省吾の世界」および「假屋崎省吾 花・ブーケ教室展」はライフワークとなっている。また、フランスにあるクリスタルの老舗Daum社からの依頼で、世界限定1色99点のガラス花器「花鳥風月」をデザインし、4色展開でクリスタル花器の世界デビューも果たす。
また、オランダ アムステルダム「ゴッホ美術館」でのフラワーデモンストレーションとライデン「キューケンホフ公園」での個展、中国「上海万博」でのフラワーパフォーマンス、イタリア「ローマ国際映画祭」でのフラワーインスタレーション、フランス パリ「プティ・パレ宮殿」やヴァンセンヌの森「パリ花公園」、タイ王国 バンコク「サイアムパラゴン」にて個展を開催するなど国際的にも高い評価を得、国内はもとより海外でも目覚ましい活動を展開している。さらに、地域活性化支援のボランティア活動の一環として、桂由美氏が代表を務めるNPO法人地域活性化支援センター理事、恋人の聖地選定委員、恋人の聖地親善大使・プロポーズの言葉コンテスト審査委員、アジアブライダルサミット2009コーディネーターなどを精力的に努め、少子化問題や地域活性を促す社会活動等にも積極的に取り組んでいる。
2013年 華道歴30周年を迎え、益々活動の場を広げている。
現在TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」にレギュラー出演、NHK「あさイチ」にゲストコメンテーターとして出演するなど、テレビ・雑誌・新聞など幅広い分野で活躍中。


假屋崎省吾 公式ホームページ http://kariyazaki.jp/

リラ(左)&プリ(右)

2001年生まれの美猫姉妹。
友人のお宅の前で生まれた元ノラネコで、そのかわいさにひと目惚れし、我が家の子になりました。
リラは人見知りする性格ですばしっこく、プリは社交的でおっとりしています。2匹とも仲がよく、性格のいい子たちです。






RSS


2011年 8月

2011/8/30

涼しいロンドン
またまたロンドンに行って来ました 夏休みとあって、飛行機は満席
空港からは地下鉄で移動 もう慣れたもんです


今度はロンドンに行ってまいりました



バッキンガム宮殿前にはたくさんの観光客が集まっていました。

バッキンガム宮殿は入場の予約がいっぱいで、9月3日以降でないと入れないということでした。残念


せめて…ということでバッキンガム宮殿の正門です。紋章が立派


真夏なのに涼しいどころか、寒いくらい 東京は猛暑でうだるようでしたが、来年も避暑はロンドンへ脱出することに決めました


プリとリラはあいかわらず元気ですニャ 残暑お見舞い申し上げますニャ〜







2011/8/23

神々の里へ
先週まで続いていた猛暑の中、米子空港から入り、神々の里として有名な“出雲の地”をまわってまいりました。毎年冬に行われる、牡丹が咲き乱れる日本庭園「由志園」での私の展覧会の下見です

八岐大蛇(やまたのおろち)伝説を勉強すべく、斐伊川の支流で、巨石、奇石で有名な「鬼の舌震(おにのしたぶるい)」にも行ってまいりました


斐伊川の支流、大馬木川上流の大渓谷「鬼の舌震」


迫力たっぷりの素晴らしい景観でした


そんなスサノオノミコト、アマテラスオオミカミをはじめ多くの神々の神話が息づく地を訪れている中、かわいらしい猫に出会いました


神々の地も猫にとっては広大な○○○


多くの神々が祀られている土地にて出会った、ご霊験あらたかな猫ちゃんのかわいらしい仕草に、暑さも忘れてしまいました 皆様にも猫ちゃんの運気をお裾わけします


人懐こいかわいい猫ちゃんでした





2011/8/16

オペラ観劇で夢心地♪
バイエルン国立歌劇場ではモーツァルト、リヒャルト・シュトラウスのオペラも観させていただきました


バイエルン国立歌劇場でオペラ観劇してまいりました


しかもお席が凄過ぎました なんとノイシュバンシュタイン城をつくったルートヴィッヒ二世の座られたお席に一晩、ケントナガノさんのボックスに一晩、一階席中央の特等席に一晩……と、演目はもちろんのこと夢のようでした


バイエルン国立歌劇場の劇場内。素晴らしいお席で感激


東京公演が9月からありますので、ぜひとも皆様おいでくださいね





2011/8/09

ケントナガノさんのお宅へ
世界的ピアニストの児玉桃さんのご家族には、同じくピアニストであるお姉様の児玉麻里さんと、その旦那様で世界的な指揮者であるケントナガノさんがいらっしゃいます

ミュンヘンの王宮の隣に位置するバイエルン国立歌劇場では7月、フェスティバルが開かれていました。そこで、バイエルン国立歌劇場の音楽総監督を務めるケントナガノさんが指揮し、ラヴェルの音楽に合わせてバレエをコラボレーションさせたプログラムが上演されました。しかも『左手のためのピアノ協奏曲』を児玉桃さんが弾かれたのです それはそれは素晴らしかったです

終演後、マエストロの楽屋へ伺い、なんとお宅にまで招かれ、まいりますと、キャンディーと名付けられたブルガリア国籍のかわいい猫にご対面で大感激でした


(写真左)ケントナガノさんとキャンディー (写真右)キャンディーはとっても美猫ちゃんでした



ミュンヘン編はあと1回続きます





2011/8/02

お次はミュンヘン!
モスクワから戻って、1週間がんがん仕事をして、今度はドイツのミュンヘンに行ってまいりました


ミュンヘンにやって来ました カールス広場の噴水にてパチリ


日本は暑い盛りですが、ミュンヘンはとても涼しくて朝晩は寒いぐらい。パリもなんと20℃ぐらいだったそうです


ミュンヘンの中心にあるマリエン広場の新市庁舎



壮麗な聖ミヒャエル教会内部



ニンフェンブルク宮殿にある馬車博物館にて。写真はルードヴィヒ2世愛用の馬車。



さて、ミュンヘンには、世界をまたにかけて活躍されているピアニストの児玉桃さんの演奏会を聴くのが目的で行ってまいりました 児玉桃さんとは、家族ぐるみで仲良くさせていただいてます

そうそう、もちろんミュンヘンも猫グッズだらけ かわいい猫グッズをいっぱいご紹介しましょう


ミュンヘンにもかわいい猫グッズがたくさんありました