わたしたちは「ペット大好き!」とともにペットと人が幸せに共存できる社会づくりに貢献してまいります。
Supported by 日清ペットフード 日本ペットフード セレクトバランス
編集部スタッフが “かぼ・つー・銀ちゃん” トリオに会いにいってきました! 特集公開日はクリスマス・イブということで、特別にクリスマスコスプレもお願いしちゃいましたよ♪ それではさっそく3匹のかわいい撮り下ろし写真をご堪能ください! ★各写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
かぼ・つー・銀ちゃん 撮り下ろしフォトギャラリー かぼ・つー・銀ちゃん 撮り下ろしフォトギャラリー かぼ・つー・銀ちゃん 撮り下ろしフォトギャラリー かぼ・つー・銀ちゃん 撮り下ろしフォトギャラリー
念願の“かぼすちゃんとおさんぽ”体験です!
かぼちゃんファンであれば誰もが一度は体験してみたい、佐倉城址公園でのお散歩♪ かぼすパパ&ママさんに連れていっていただきましたよ。 いつものお散歩コースをぐいぐい歩いて案内してくれるかぼちゃんにちょっと立ち止まってもらって、しばし撮影タイムです!
かぼすパパ&ママさんと一緒に、念願の佐倉城址公園へ! いつものお散歩コースへと案内してくれるかぼちゃん。自然のなかでかぼ散歩が体験できてとっても幸せでした♪
いちょうの葉をくれました。ありがと、かぼちゃん♪
つーちゃん&銀ちゃんのオモテナシに感激♪
おうちではオモテナシ上手なつーちゃん、最初は少しだけ人見知りしていた甘えん坊の銀ちゃんと、たくさん遊ばせてもらいました♪ 2にゃんとも初対面と思えないほど、なでたり抱っこさせてくれたりと大サービス! つー&銀ちゃんの猫カフェがあったら毎日通っちゃいそうです。
美猫のつーちゃん!こんなかわいい顔で見つめられたらメロメロになっちゃいますね♪ 最近お気に入りのトンネル型おもちゃ。銀ちゃんと一緒に毎日元気に遊んでます♪

3匹のなかでは黒一点の銀ちゃんはとっても甘えん坊さん♪ 窓からお庭を眺めるのが日課です。 現在2歳とヤングな銀ちゃん。遊びモードで目がらんらん!
みなさん、あの…突然すみませんが、サンタやトナカイになってみませんか?
人懐こいかぼちゃんたち。これならコスプレも協力してくれるかしらん? ……ということで、クリスマスコスプレをお願いしちゃいました♪
これなぁに? フンフン… かじかじ…
…そして、完成したのがこちら!
★かぼちゃんたちからメリークリスマス★
飼い主のかぼすママさん&パパさんにお話を伺いました!
飼い主のかぼすママさん&パパさんにお話を伺いました!
ダンディなかぼすパパさんと美しいかぼすママさん! かぼちゃん、ステキな家族と出会えて本当によかったね!
Q.かぼちゃんをお迎えすることになったきっかけは?
かぼすママさん:
かぼちゃんと暮らす前、我が家には「ケン」という食いしん坊でいたずらっ子な犬がいたんです。息子の1号と2号が小学1・2年生の頃に、生後1ヶ月で我が家にやってきました。夏休みにはケンと家族みんなで北海道にキャンプに行くのが恒例でした。

大切な家族の一員だったケンが10歳でこの世を去ったあとは本当にかなしくて、毎年ケンと一緒に感じていた季節の移り変わりもたださみしく感じてしまうようになりました。
飼い主のかぼすママさん&パパさんにお話を伺いました!
リビングに飾られたケンくんの写真。仰天の食いしん坊エピソードがたくさんあるそうで、あの当時ブログがあれば面白かった…と語るかぼすママさんでした。
かぼ父さんは、すぐにでも新たに犬を迎えようかと提案してくれたのですが、その当時は子育てや仕事で忙しい時期でもあり、手のかかる子犬を育てるのは難しいと思っていたんです。でも犬のいない生活が2年続き、やっぱりもう一度犬と暮らしたい!…という気持ちが徐々に大きくなって、里親を募集している保護犬を探すことにしました。
かぼすパパさん:
本で殺処分にされる犬について知り、次に飼うときは保護犬を迎えようと決めていました。ペットショップで愛らしい子犬を見ると心が揺れることもありましたが、その度に殺処分される犬たちのことを考えて、思いとどまりました。
かぼすママさん:
ただ、ふたりとも柴犬が好きだったので、保護犬で柴犬を見つけるのは難しいだろうな…と思っていたんです。でも、偶然にも地元の千葉県佐倉市で柴犬の里親を募集しているのを見つけて、驚いて、その日のうちに里親に申し込みました。かぼ父さんや息子たちに相談する前に、もう「この子と暮らすんだ!」と決めていましたね(笑)。
 
飼い主のかぼすママさん&パパさんにお話を伺いました! 飼い主のかぼすママさん&パパさんにお話を伺いました!
かぼちゃんと暮らすようになって、また四季が生き生きと感じられるようになったというかぼすママさん。今は夫婦ふたりと1匹で夏のキャンプにお出かけ。ここ数年はなんと、かぼちゃんとカヤックツアーを楽しんでるんですって!
Q.「かぼすちゃんとおさんぽ。」ブログをやっていてよかったと思うことは?
かぼすママさん:
飼い主のかぼすママさん&パパさんにお話を伺いました!もともとブログを書くこと自体が楽しくてたまらないのです。自分で書いて、自分で読んで、勝手に喜んでいるという自己満足です。でも、1年以上前の記事を読み返すと、とても恥ずかしい気持ちになっちゃいます(笑) 。

でも、忙しいときでもブログを続ける原動力になっているのは、ブログを読んでくださる方々の心あたたかいコメントです。いつも元気をもらっています。

あと、ブログを通じていろんな人と知り合えたり、テレビや雑誌が取材にきたり…と、世界が広がりましたね。

(写真右)なぜか「流し目の柴犬」として海外のネットユーザーの間で大量にコラージュ画像が作られたかぼちゃんフォト。
飼い主のかぼすママさん&パパさんにお話を伺いました!
テレビに雑誌にインターネットにと、最近はメディアで取り上げられる機会が多いかぼちゃんファミリー。でも本犬たちはいたってマイペースです♪

飼い主のかぼすママさん&パパさんにお話を伺いました!
Q.おふたりにとって3匹はどんな存在ですか?
かぼすパパさん:
今では3匹がいない生活は考えられないです。昔、猫が苦手だったんですが、一緒に暮らしてみるとかわいくて。とくにつーちゃんはよく甘えてくるので、つい構ってしまいます。1匹も欠かせない大切な存在ですね。
かぼすママさん:
たしかに私も昔は少し猫が苦手でしたが、今では公園のノラ猫もかわいくて、立ち止まってしまうほど(笑)。かぼちゃんへの愛情はひとしおですが、甘えん坊の銀ちゃんも最高に私を癒してくれます。また、3匹が玄関までお出迎えしてくれるときが、とても幸せですね。

4匹目ですか?! …う〜ん(笑)、それはないと思います!
生まれたときの境遇はさまざまですが、かぼすママさんのおうちで、のびのび、すくすくと育てられた3匹。どの子も穏やかでやさしくて、そばにいるだけでほっこりした気分になりました。
お散歩にごはんにお掃除に…と3匹分の世話は大変だと思いますが、わんにゃんのいる暮らしって本当に素敵です。かぼちゃん、つーちゃん、銀ちゃん! これからも、元気でお幸せにね。

そして、これから犬猫をお迎えしようと考えている人はぜひ、保護犬・保護猫も視野にいれてみてくださいね。こんなに素敵な出会いがあなたを待っているかもしれませんよ!
END


END
<<< 前ページへ
▲PAGE TOP▲
>>> あのアイドルペットに会いたい!特集 <<<
長生きワンちゃんネコちゃんWEB祝賀会
ビューティープロ公式サイト