2008年11月26日
株式会社ペットオフィス<プレスリリースNo86>
●「ペット総研」アンケート調査結果〜うちの愛犬は誰にモテる?〜


株式会社ペットオフィス(東京都渋谷区、代表取締役社長:岡見 圭)が運営する、ペット業界専門のシンクタンク「ペット総合研究所(略称:ペット総研)」(http://www.pet-soken.jp/)は、「ペット総研」サイト上で行った第12回アンケート調査「うちの愛犬は誰にモテる?」の結果を前編・後編としてまとめ、11月25日(火)に前編を公開いたしました。なお、後編は12月2日(火)に公開する予定です。

このアンケートは、愛犬がどんな年代の人に1番人気があるのか、飼い主の目線で回答してもらい、その結果を元に、犬種別に人気の傾向を探っていくものです。

★アンケート回答者の愛犬の犬種は以下のとおりでした。
※( )内は回答数を表しています。


1位 雑種 (169)
2位 ミニチュア・ダックスフンド (138)
3位 柴 (100)
4位 チワワ (97)
5位 トイ・プードル (69)
6位 シー・ズー (60)
7位 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク (37)
8位 ゴールデン・レトリーバー (36)
9位 ヨークシャー・テリア (31)
10位 ポメラニアン (30)
    …その他 (283)


上位犬種には、ダックスフンドやチワワなど、おなじみの人気犬種と、古くから日本の愛犬家に愛されている雑種、およびに柴がランクインしました。純血種だけを見ても、JKCランキングで上位20位以内に入る人気犬種が顔をそろえました。


そのほか、下記の1〜5位の犬種までをピックアップして、飼い主から見た“愛犬の性格の傾向”を、犬種別にまとめました。


【1位】雑種
【2位】ミニチュア・ダックスフンド
【3位】柴
【4位】チワワ
【5位】トイ・プードル

「犬種別で見る性格の傾向」調査結果の詳細はこちら

「犬種別で見る人気の傾向」を調査した結果は、12月2日(火)の後編で公開する予定です。

「ペット総研」では今後もペット愛好家であるエンドユーザーの声を集積・分析し、ペット業界全体にとって有益な情報を随時発信してまいります。また、さまざまな企業からのご要望を受け、エンドユーザーに向けたペット関連のアンケート調査を実施するビジネスモデルも構築してまいります。


なお、現在「ペット総研」では、第13回アンケート調査「特別企画 うちの子の今年の漢字」を12月8日(月)まで実施しております。こちらの調査結果は、2008年12月下旬に公開する予定です。


 


【第12回アンケート調査「うちの愛犬は誰にモテる? =前編=」結果詳細】
  http://www.pet-soken.jp/result/blog.cgi/permalink/20081125000000


【ペット総研】
  http://www.pet-soken.jp/


 


以上


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ペットオフィス
広報部:落合・松井
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-3-8
Tel:03-5465-5380
Fax:03-5465-5379
mail:press@petoffice.co.jp
「ペット総研」:http://www.pet-soken.jp/
「ペット大好き!」:http://www.petoffice.co.jp/


こちらのページに掲載の記事・写真・音声データ・映像データの無断転載を禁じます。
全ての著作権は(株)ペットオフィスに帰属します。
No reproduction or republication without written permission.

Copyright/PETOFFICE,Inc.