お洋服や毛布、足ふきタオルなど、ペット用品の洗濯物って意外と多いですよね。ただ、普通に洗濯しても、なーんかニオイが残っている…や、毛が全然取れない!など、イマイチすっきりしないという方も多いのでは? そこで、「ペット大好き!」はライオン商事株式会社とコラボして、「ペットのお洗濯」をテーマにした長期連載をスタート! 知れば思わず使いたくなる&やってみたくなる、ワンランク上のお洗濯術を伝授しちゃいます!
 
隊員@
Sayu さん

お悩み
洗っても
ニオイが
残っちゃう!
ご家族構成
ダンナ様
凛ちゃん(チワワ/11歳/♀)
宗太くん(ミックス猫/2歳/♂)

言わずと知れた大人気ブログ「チワワとトラ猫」のSayuさんが抱える、ペット用品のお洗濯に関するお悩みは、凛ちゃんのお洋服に残るニオイ。週一ペースでお洗濯をするそうですが、「凛のお洋服をしまっているタンスを開くと、ムワっとにおうんです(泣)。人用の洗剤では汚れ落ちが不十分みたいで、洗いあがっても洗剤の香りと獣臭が混ざったニオイがします」とのこと。
そのほか、宗太くんが抱えて歩くほどお気に入りのブランケットの汚れや、洗いあがりの乾きの悪さも、頭の痛いポイントだとか。
いつも楽しい2匹のブログ。なかでも、凛ちゃんのお洋服の着こなしは楽しみのひとつ
こちらが凛ちゃんご自慢のワードローブ!まさにわんこ界のファッショニスタです!
ヘビロテするお洋服や、あまり洗わない厚手の冬物が、特にニオイが気になるとか
Sayuさんによるお洗濯レポートは、ブログ「チワワとトラ猫」のほうでもアップする予定。お見逃しなく!
→ チワワとトラ猫
次回レポートへの課題
凛ちゃんのお洋服を
「ペット用品の洗剤」で
洗い続けてニオイの変化を
体感してみましょう!
隊員A
スガハラ さん

お悩み
まめに洗えど
抜け毛の量が
ハンパない!
ご家族構成
ダンナ様
息子さん2人
どんちゃん(シー・ズー/8歳/♂)
トラミちゃん(ミックス猫/3歳/♀)
やんちゃ盛りの男の子ふたりのお母さんでもあり、ペットサロン「Queen's Spa」のオーナーでもある菅原さん。お仕事の分も含め、「とにかく1日に洗濯する量が多い!」とのことですが、そこで気になるのがペットの抜け毛。特にサロンでの洗濯物は量が多いだけに、乾いたあとに空気中に飛散する毛の量もすごいとか。 お子さんがアレルギー持ちのため、洗濯物はまめに洗うものの、わんにゃんがくつろぐ場所のクッションなどはあっという間に毛まみれになるのが一番のお悩みだそうです。
2匹ともお洋服を着ることはないそうですが、マットやクッションへの抜け毛が大変だとか
家族がくつろぐリビングのクッションはトラミちゃんの毛まみれ。週2回洗ってもこの通り
お兄ちゃんがゴロゴロするマットにも抜け毛が……アレルギーがあるからやっぱり心配
トリミングサロンにショップやホテルを併設する「Queen's Spa」は大島や西早稲田など4ヶ所で展開
→Queen's Spa
次回レポートへの課題
「ペット用品の洗剤+
ペット用品の抗菌仕上剤」
のセット使いで、抜け毛&
アレルギー対策をしよう!
隊員B
カオリ さん

お悩み
べったり
ついた毛が
取れない!
ご家族構成
ダンナ様/ジャンくん(チワワ/7歳/♂)
ルナちゃん(チワワ/6歳/♀)
トラくん(ミックス猫/7歳/♂)
ミミちゃん(ミックス猫/7歳/♀)
2チワワ2ニャンコと、お悩み隊のなかでペットが一番大所帯なカオリさん宅。猫らはもちろん、チワワも相当毛が抜けるそうで、「掃除や洗濯をしてもすぐ毛だらけになるので、もはや黒い服は絶対に着れません…」と嘆いていました。一番気になるのは、愛犬たちのくつろぎの場となっているマッサージチェアのカバー。抜け毛だけでなく汚れもたまりやすく、衛生面が気になると言います。粘着ローラーや専用の抜け毛取りグッズなどを駆使しながら抜け毛と日々格闘しつつ、たまにお洗濯をしてお手入れしているそう。
左のラブリーな笑顔がステキな子がルナちゃん、右のイケメンがジャンくん
お次は猫ら。左が名前のとおり、トラくん、右がミミちゃん
わんこたちの大好きなマッサージチェアは、もはやマッサージには使われないとか
フェルトのような毛が、塊でこびりついているのが、わかります?? かおりさんにはこちらを1年間洗って観察してもらいます!
次回レポートへの課題
マッサージチェアの
カバーを「ペット用品の
洗剤」で洗い続けて
離毛効果を体感しよう!
夏編 〜湿気の季節とニオイの悩み〜
日々お洗濯について研究されているお洗濯マイスターこと山縣義文さんが、季節ごとのお洗濯のお悩みの解決法を教えてくれるこのコーナー。今回は意外と洗濯物が乾きづらく、いやなニオイに悩まされやすい夏に、ペットのお洗濯を上手にこなす方法を公開!

■そもそも洗ったはずの洗濯物がにおうのはなぜ?

例えば洗濯物を詰め込んで洗った場合や、たまっていた数日分の洗濯物をまとめて洗った場合、汚れや菌が落ちず残ってしまうことがあります。その菌が増殖をする過程で汚れをエサにして分解するのですが、それがいやなニオイの原因となります。菌は高温多湿条件で増えやすいので、例えば洗濯物を生乾きにしておくと菌がどんどん増殖し、汚れが分解されてニオイが出てくるので、生乾き=におうということになるのです。また、やはり犬と人ではニオイの原因となる菌や汚れの種類が違います。人の皮脂と違い、ペットの体から出る脂(アブラ)「ワックスエステル」は油っぽく、人用の洗剤では落ちにくいため、ニオイが残る原因となってしまいます。

■汚れやニオイが落ちにくいときの洗い方は?

ちゃんと洗ったなずなのに、なんか汚れやニオイが落ちない……というときは、しっかり汚れを落とすための「つけおき」をするとよいとでしょう。
通常の洗濯で使う1回分の「ペット用品の洗剤」で濃い洗剤液を作り、30分〜2時間くらいつけおいてください。終わったら、洗剤液ごと洗濯機に入れて、ほかの衣料も足して洗えば、洗剤を足す必要もないので便利です。
また、衣料用の液体漂白剤を入れてもらってもいいですね。その場合は塩素系のものだと色落ちしてしまうので、酸素系漂白剤を選んでください。

■液体漂白剤を使う際の注意事項

ペット用の衣類は飾りがついているものが多いですが、金属系の飾りなどがついている場合は、漂白剤を使用するのはNG。漂白剤と金属が反応して、まれに服に穴が開くことがあるんです。ファスナーなどの金属部分も気をつけたほうがいいですね。つけおきをしたいときは、金属部分を洗剤液につからないよう、外に出しておくといいですね。

■早く乾かすためにはどうすればよい?

【部屋干しの場合】
部屋干しする場合は、たとえば扇風機や除湿機、クーラーなどを上手に使いましょう。洗濯物のまわりというのは、水分が飛ぶので、湿度が高いんです。その湿った空気を交換してあげれば早く乾きますので、扇風機の風などを当て強制的に空気を換えたり、梅雨時などは室内の湿度も高いので、クーラーや除湿機を使い湿度を下げながら乾かすと、早く乾きます。また、浴室乾燥も効果的ですが、お風呂のふたを開けておくと意味がないので、ふたはしっかり閉めましょう。また、風呂あがりは湿度が高いので、ある程度湿度が下がったあとで干してください。
 
【屋外干しの場合】
温度が高く、湿度が低いのが一番乾きやすい条件。直射日光でにあてると色あせしてしまうので、洋服などは裏返して、屋外で干すときでも日の当たらないところで陰干しするといいと思います。

■干し方のコツは?

例えば毛布や敷きパッド、バスタオルなどを裾をそろえて干される方も多いと思いますが、重なった部分が多いと乾きにくいんです。だから裾をずらして重なった部分を減らすと、よいですね。
角ハンガーに洗濯物を干すときには、両端に長いものを、真ん中に短いものを吊るして、アーチ状に干すのがおすすめです。こうすることにより、長い部分の布に風に当たりやすくなるため、早く乾きます。
【お悩み隊員 かおりさんが体験!】
今まではまったく逆で、外側に短い洗濯物を干して、内側に行くに従って長いもの……という風に干していましたが、アーチ干しにしたら、確かにいつもより乾くのが早かった気がします。室内干し、外干し両方やりましたが、洗濯物の間によく空気が流れるようで、真ん中の短い洗濯物がひらひらとよく風に揺れている様子が見られました。
 

■生乾きの状態、どのくらい続くとにおう?

汚れが残っている度合いにもよりますが、人間の衣類に関するデータで言うと、だいたい5時間経過したくらいからにおうというデータがあります。ですから、逆に言うとなるべく5時間以内に乾かせば、におわずにすむということになります。

■洗濯ができず、たまっちゃったときはどうすればいい?

洗濯物を洗うまで時間があるときに、洗濯機のなかや通気性の悪いかごなどで保管していると、湿度が高くなり菌が増殖します。洗濯機に洗濯物を入れてふたをすると、なかの湿度が90%以上になってしまうので、たとえば目の粗いかごに入れておいたり、湿ったものはハンガーにつるして風をあてて、菌が増えにくい状況で保管したほうがよいでしょう。

ペット用品の洗剤

「ペット用品の洗剤」を使うメリット

  • その@ 気になるペット特有のニオイを落とす、洗浄成分LPTを配合
  • そのA 毛を落ちやすく、付着しにくくする、離毛促進剤LPRを配合!
  • そのB 抗菌効果により、ニオイの原因となる菌の増殖を防ぐ!
  • そのC グリーンフローラルのマイルドな香り
  • そのD すすぎ1回でOK。ドラム式洗たく機でも使えます


ペット用品の抗菌仕上剤

「ペット用品の抗菌仕上剤」を使うメリット

  • その@ ペット特有の菌の除菌もできる抗菌・除菌のダブル菌対策!
  • そのA ダニのフンや死骸などのアレルゲン物質の付着を防ぐ!
  • そのB ヒト用の柔軟剤のように洗濯機の柔軟剤投入口に入れて使えます
お求めはスーパー・ホームセンター・
ペットショップなどの
ペット用品売場でお求めください