イベント

 
   
イベント名
愛犬の口腔ケア特別講座(東京)
日 時
2017年 2月 16日 〜 2017年 2月 16日 14:00 〜 17:00
場 所
CACIO研修室   東京都 新宿区早稲田町83 SOビルB1F
入場料・参加費
6,500円(税別)
ペット同伴入場
お問合せ
(JPMA(社)日本ペットマッサージ協会)
URL
http://www.cacio.org/blank-3
種類
詳細
■日時:2017年2月16日(木)14:00〜17:00
■会場:東京/早稲田/CACIO研修室*早稲田駅徒歩3分
■講師:石野孝(JPMA日本ペットマッサージ協会理事長)
■定員:25名
■受講料:6,500円(税別)
*JPMA会員優待受講料:5,000円(税別) CACIO優待受講料:5,500円(税別)
CACIOアライアンスメンバーのセミナー等の受講実績のある方

〜講師の石野先生メッセージ〜
近年、愛犬の歯周病での来院が著しく増えています。当院でも、歯周病治療対策として、歯科用レントゲンや小動物専用の歯科ユニットを導入し、対策に追われています。しかし、いくら歯周病の治療をしても、肝心の日々の口腔内ケアがしっかりできなければ、せっかく治療してもわずか3か月で元に戻ってしまいます。
多くの方は、歯周病の予防は、「歯磨きをして、口腔内を清潔にすること」と思っています。もちろん、正しい歯磨きは歯周病予防に効果絶大!というのは間違いないですが、口腔内を清潔にするために欠かせない要素は、もう一つあるのです。
それは、『唾液の分泌を増やす』ということです。
唾液の分泌をふやすことは、歯磨きを実施するのと同じくらい歯周病予防のために欠かせない大切なことです。
では、なぜ、歯周病予防のために唾液の分泌を増やすことが大切なのか?それは、「唾液が口腔内の食べかすをきれいに流してくれる」からです。唾液が少ないと食べかすが大量に口腔内に残り、細菌がそれをエサにしてどんどん増えて、歯垢(プラーク)ができやすくなります。
また、唾液は口腔内のpH調整の役割をもっていて、唾液のpHは口腔内細菌の繁殖を抑制する効果も持っています。この点でも、唾液は歯周病予防に大いに役立っていることがわかります。唾液が多いと歯周病になりにくい、というのは、大型犬と小型犬を比べていただけるとよくわかりますね。大型犬の唾液は小型犬よりも多く、口から溢れるくらいの唾液を分泌しているので、口腔内が清潔に保たれやすく、小型犬に比べて歯周病の罹患率が低いです。
それでは、歯周病を予防するために『唾液分泌量をアップさせるマッサージ方法』をご紹介しましょう。
 

●ご利用にあたって・・・
こちらのページに掲載のイベント情報の内容は、変更されている可能性があります。
ご参加の際には、事前にイベント主催者にお問い合わせください。
なお、「ペット大好き!」編集部では、こちらのページに掲載されているイベント情報に関する
お問い合わせには応じかねます。ご了承ください。

=ご注意=
こちらのページは、イベント企画者や読者からお寄せいただいた情報を紹介するコーナーです。
情報掲載に際して「ペット大好き!」編集部では、情報提供者によって情報登録フォームより送信された内容の確認はいたしますが、
こちらのページに記載されている実際のイベントの内容や情報提供者が携わっている行為に関しては、一切責任を負いません。
こちらのページに掲載されたイベントへの参加は、各自の判断と責任においてお願いいたします。

レクタングルバナー