イベント

 
   
イベント名
いつだって猫展
日 時
2018年 4月 7日 〜 2018年 5月 20日 10:00 〜 19:00
場 所
静岡市美術館   静岡県 静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階
入場料・参加費
一般 1,200円/大高生・70歳以上 800円/中学生以下無料
ペット同伴入場
お問合せ
TEL: 054-273-1515 (静岡市美術館)
URL
http://shizubi.jp/exhibition/future_180407.php
種類
詳細
「いつだって猫展」静岡市美術館で、江戸時代の猫ブームを歌川国芳らの浮世絵と共に紹介

江戸時代から明治時代にかけての猫ブームを紹介する「いつだって猫展」が、静岡市美術館にて開催される。会期は2018年4月7日(土)から2018年5月20日(日)まで。

歌川国芳・歌川広重の浮世絵など約200点
展覧会には、歌川国芳らの猫を題材とした浮世絵を中心に、招き猫やおもちゃ絵、版本など約200点が集結。江戸後期から明治にかけての「猫ブーム」の様子を、美術・芸能・文学などの視点から紹介する。美人と戯れる愛らしい姿や、恐ろしい化け猫など、古くから日本人の暮らしに寄り添ってきた猫たちの姿を楽しむことができる。

展示は5つのテーマで構成され、江戸の人々が持つ猫のイメージを紹介する第1章「江戸の暮らしと猫」から始まる。続く第2章「化ける猫」では、歌舞伎などで復讐劇を描く際に欠かせない存在だった化け猫を取り上げる。猫ブームの火付け役・歌川国芳にフォーカスするのは、第3章「人か猫か、猫か人か」。その当時、「今世の中の流行」とされるほどの人気を博した団扇絵「猫の百面相」も目にすることができる。

第4章「福を招く猫」では、招き猫の先祖とも言える丸〆猫(まるしめねこ)を描いた歌川広重の浮世絵や、全国各地の招き猫約80体が登場。会場には、人気猫マンガ家・くるねこ大和が特別に寄稿した、丸〆猫誕生秘話の漫画もパネル展示される。第5章「おもちゃ絵になった猫」では、幕末から明治にかけて大量に作られた子ども向け浮世絵・おもちゃ絵などを紹介する。

また、猫の着せ替え人形に着物をあててコーディネートを楽しむおもちゃ絵体験コーナーや、招き猫に絵付けをするワークショップも開催される。

【開催概要】
いつだって猫展
会期:2018年4月7日(土)〜2018年5月20日(日)
※月曜休館、ただし4月30日(月・祝)は開館
開館時間:10:00〜19:00 ※入場は閉館の30分前まで
会場:静岡市美術館
住所:静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階
料金:一般 1,200(1,000)円/大高生・70歳以上 800(600)円/中学生以下無料
※( )内は前売および当日に限り20名以上の団体料金、障がい手帳等提示で本人と介助者1名無料

【問い合わせ先】
静岡市美術館(代表)
TEL:054-273-1515
 

●ご利用にあたって・・・
こちらのページに掲載のイベント情報の内容は、変更されている可能性があります。
ご参加の際には、事前にイベント主催者にお問い合わせください。
なお、「ペット大好き!」編集部では、こちらのページに掲載されているイベント情報に関する
お問い合わせには応じかねます。ご了承ください。

=ご注意=
こちらのページは、イベント企画者や読者からお寄せいただいた情報を紹介するコーナーです。
情報掲載に際して「ペット大好き!」編集部では、情報提供者によって情報登録フォームより送信された内容の確認はいたしますが、
こちらのページに記載されている実際のイベントの内容や情報提供者が携わっている行為に関しては、一切責任を負いません。
こちらのページに掲載されたイベントへの参加は、各自の判断と責任においてお願いいたします。

レクタングルバナー