えっ、膵炎
 みかん緊急入院!!

(*写真をクリックすると、拡大するよ)


2008年2 2日(土) えっ?膵炎?みかん緊急入院!!

一昨日から珍しく下痢に見舞われたみかん。一向に良くならず、ひどい下痢を1日に5回も6回も繰り返すようになりました。

昨日の朝には、不自然に黄土色がかった吐瀉物まで吐き出して、急にぐったりしてしまいました。

驚いて、かかりつけの動物病院に連れて行き、下痢止めと痛み止め、それに水分補給の点滴注射をしていただきました。

一夜明けても、まだ具合が悪そうです。病院に電話したら、

「もう一度、連れてきてもらえますか」

まさかそれほどの大事とは思わず、お散歩気分で出かけました。

ところが、血液検査の採血がなかなかうまくいきません。

血が注射器の中にうまく上がってこないのです。

先生はちょっと困った顔で、脱水症状が進んでいて血液がだいぶ濃くなっているようだ...とおっしゃいます。

検査の結果、軽度の膵炎!を発症していることがわかました。

小型犬やネコなどの場合、激しい下痢や嘔吐に見舞われると、胆管から腸に流れてきた胆汁が誤って膵臓に入り込み、炎症を起こすことがあるのだそうです。

みかんも、下痢と嘔吐のために膵炎になってしまったのだろう、とのことでした。

急遽、入院という事態になり、みかんは看護婦さんに抱えられて診察室の奥へ。

病院が嫌いなみかんは、全身をガタガタ震わせながら、無言で助けを求めます。

目の縁が涙で黒々と濡れています。

2年前の緊急入院のことがしきりと思い出されます(あの時は、結局、原因がわからず仕舞いでした)。

でも、今回はとりあえず病名が特定されているし、症状もそれほど重くなさそうなので、まだしもです。

あとは病院にお任せすることにして帰宅しました。

2008年 2 3日(日) エリザベスカラーで闘病中です

朝から雪が降っています。午後、ママとかりん姉ちゃんを連れて動物病院へ出かけました。

みかんは、下段の真ん中のケージにうずくまっていました。

すごく心細かったんでしょう。ママとお姉ちゃんの顔を見つけると、ものすごい勢いで尻尾を回転させながら突進してきました。でも、ケージから出してもらえません。

よく見ると、首のまわりにエリザベスカラーを巻いているではありませんか!

右の前足に点滴の針が刺してあるらしく、指サックのようなもので覆ってあります。

エリザベスカラーは、この指サック?を引っ張らないようにするためのガードらしいのです。

ケージの前のクリップボードには「下痢(膵炎)」と書いてあります。

当直の先生のお話では、絶食状態にしてみたところ、下痢は一応、収まっているそうです。

これから食事を少しずつ復活していき、お腹の具合が大丈夫そうなら、明日か明後日には退院できるでしょう、とのことでした。

 

後ろ髪を引かれる思いでみかんを病室に残し、
雪の中を帰りました。

見たところ、たしかに回復に向かってはいるようですが、
なぜ下痢になってしまったのかがわからないので、
正直、不安です。

ひょっとして、ペペのエサに入っている
ひまわりのタネを誤飲して、
それが腸につっかえたのかしら?
...道々、家族であれこれ推理してみましたが、
思い当たる節がありません。

先生のお話では、
便に悪い細菌が出ているようなこともないそうです。

原因は藪の中。
一体全体、何がいけなかったのか?
さっぱりわかりません。

今はみかんの回復を祈るばかりです。
がんばれ、すぐに迎えにいくからね!!

 

2008年 2 4日(月) 夜、無事退院しました!

夕方、病院に電話をすると、先生から退院のお許しが出ました。

「下痢も止まったようですし、食事も全部、平らげましたから、もう大丈夫でしょう。あとはお家で様子を見てください」

夜、かりん姉ちゃんとパパがお迎えに。大喜びのみかんをキャリーバッグに詰め込んで、急いで帰宅しました。

みかんは家中を駆け回って、あっちでスリスリ、こっちでスリスリ...我が家の感触を肌で確かめているようです。

前足を見せてもらいました。

点滴を打つために内側の毛を剃ったようで、両足とも同じあたりの地肌が見えています。

小一時間、ピョンピョン跳ね回ったあと、大匙2杯分の処方食をペロリと完食。先生にいただいた薬も、おいしそうに一気飲みしちゃいました。

毛布にくるまったと思ったら、もうすやすや寝息をたてています。

お疲れさま。よくがんばったね。


2008年 216日(土) 「ペット大好き!チョコエッグ」を大人買いしたよ!

パパがネットで「ペット大好き!チョコエッグ」をまとめ買いしました。

2月4日に西日本限定で発売されたシリーズで、11犬種14種類+隠れキャラ1種類という内容です。

写真で見た限りでは、フィギュアがどれも可愛いので、パパは迷った末に3ケース、計30個を大人買いしちゃいました。

ずらり並んだ外箱。壮観です。

順に皮を剥いてみました。

大皿に盛ると、なんだか台湾料理の卵の燻製みたいです。

これだけ揃うと、チョコレートの強烈なニオイが部屋中に充満して息が詰まりそうです。

とにかく甘ったるい!

みかんがゴソゴソ忍び寄ってきました。でもね、イヌにチョコは禁物。あげませんから。

かりん姉ちゃんが包丁で1個ずつ、割っていきます。

割烹屋さんの調理場みたいになりました。

全部、中身を開けてみたところ、結構、中身に偏りがあります。

4個ずつ重複していたのが、柴、ミニチュア・シュナウザー、パグ。反対に1個しか入っていなかったのが、シー・ズーとポメラニアンでした。

なんとか11犬種は揃いましたが、トイ・プードルのアプリコットと赤シャツ姿のパグ、それに隠れキャラのXXXが入っていません。

う〜ん、困った。この先も大人買いを続けなければいけないのか...

チワワはレッドとブラックの2色を無事ゲット。こちらはレッドです。フタを開けた瞬間、パーツがバラバラっと、死体みたいに転がり出してきて、びっくり。

一番バラバラだったのはポメラニアン。でも、ここまで細分化されていると、プラモデルのようで、かえってブキミじゃありません。

さっそく組み立ててみました。どのワンコも表情豊かです。フィギュアの出来としては、かなりいいんじゃないでしょうか。

ただし、シー・ズーだけが暗めに俯いているのがちょっと気になりました。

レッドのチワワは、ホワイトの入り方がみかんに似ています。

さっそくご対面。でも、みかんは何が怖いのか寄ってきません。臆病にもほどがありますよね。

2008年 217日(日) ペペにハウスを占拠されちゃった

ちょっと目を離しているすきに、ペペがハウスに侵入しちゃいました。大変です!

「ちょっとちょっと、ここはアタシんちなんだからね」

みかんがマジになって牽制しますが、KYなペペはそれを無視してサークルの中を気ままにお散歩しています。

そのうち、猫ちぐらに闖入して中で和んでしまいました。

「ここでお昼寝しよっかなぁ」

ペペに歯向かえないみかんは、トイレの隅に張り付いて、横目で恨めしげにちぐらを眺めるばかり。

イヌの沽券にかかわる事態なのに、情けないヤツです。

2008年 221(木) テレビがみかんを呼んでいる!?

パパが録画したテレビ番組をチェックしています。その横で、みかんはうつらうつら。

と、そのとき突然、テレビの方角から「みかん!みかん!」と呼ぶ声が。

びっくり仰天して耳を立てて不思議そうに画面を見つめるみかん。

じつは果物のみかん特集をやっていたんですが、そんなことチワワにわかりっこありません。

「...韓国でハート型のみかんが発売されました」

「????????」

画面を眺めては首を傾げ、あっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロするみかんなのでした。


 
  <<前の日記へ     ▲HOME▲      次の日記へ>>