編集部で使ってみました!テストレポート


掃除機で抜け毛を吸引!

ナショナル ペットクラブ 吸毛ブラシ




使用上のご注意

ハンドクリーナーや循環式クリーナー、業務・店舗用クリーナーなど、一部の掃除機には取り付けできません。

掃除機のパワーで抜け毛を吸着するので、ほとんどまわりには飛び散りませんが、掃除機やブラッシングするペットの毛質、長さ、使い方により、毛くずがこぼれることがあります。

掃除機の音を嫌がるペットには使えない場合がありますので、ご購入前に必ずペットがご家庭の掃除機の音を嫌がらないことを確認してください。なお、吸毛ブラシをセットした場合、通常の掃除機の使用より、若干音が大きくなります。

接続できる掃除機の穴径は、32〜36mmまで取り付け可能です。

吸引部をペットの耳元に近づけて使用しないでください。

あとかたづけカンタン!

吸毛ブラシのパッケージは、そのまま収納ボックスとして使用することができます。



使ってみました、吸毛ブラシ



試してくれたのは、三毛猫「さくら」ちゃん、メス、1歳半と
さくらちゃんが実の娘よりもカワイイという「さくらパパ」


掃除機のホースに吸毛ブラシのホースを差し込むだけの
簡単接続でラクラク快適使用だった模様。



ネコは掃除機が大嫌いなものと相場は決まっているはず。
掃除機のゴォーっという音がしただけで、一瞬にして隠れてしまうのが
ふつうのネコ。しかし、このさくらちゃん、掃除機なんかに動じませ〜んっ。
それどころか、毎日パパに掃除機を使ってブラッシングしてもらうのが
いちばんの楽しみで、パパが掃除機を持っただけで飛んでくるほど。


しかし、今回は
「ちょっといつもとなんか違〜うっ、ものたりないわっ!」
とでも言わんばかり....!?



この吸毛ブラシを掃除機に接続すると、いつもより多少
掃除機の音が大きくなるようでした。初めはビックリした
さくらちゃんも、さすが怖いもの知らず!
あっという間に慣れて、もうリラックスモードへ突入。



ブラシしながら掃除機で吸引しているので、抜け毛はブラシに吸い付き、
細かいものは中へ吸い込まれていきます。
だから、部屋の中でブラッシングしても飛び散りが少なく、快適。


お手入れは簡単。ブラシ着脱ボタンで、ブラシと本体を取り外し、
あとは掃除機で抜け毛を吸い取るだけ。



おまけ

丸型コームが付属で付いているのですが、さくらちゃんは
どうやら丸型コームのほうがお気に入りのよう。
「やっぱりメスは首筋で勝負よねぇ〜。うなじをバッチリ整えてにゃ〜ん」



突如乱入したみぃみぃクン。でも、実は掃除機大嫌い。
ボ、ボクだって〜、と言わんばかりだったけど、早々に退散....。


最後に一瞬だけ男、いえいえオスを見せてくれました。
たぶん今まででいちばん掃除機と接近した瞬間かも!?