WPN☆ワールドペットニュース
   
◆日本初の大規模老犬介護ホーム「ひまわり」 5月にプレオープン [2014.4.16]  

 茨城県つくば市にある犬と猫のテーマパーク「つくばわんわんランド」は、老犬介護ホーム「ひまわり」を、2014年5月12日(月)にプレオープンする。

 ペットの長寿化が著しい昨今、愛犬に対する介護や介助の要望や、飼育継続が困難な飼い主からの要望をもとに作られたというこの施設は、人用の介護ホーム同様、終生介護も引き受ける、日本初の大規模老犬介護ホームだ。

 1996年に「つくばわんわんランド」を開業して以来、同社が約20年かけてつちかった犬の介護・介助のノウハウを活かし、軽度の身体的衰えから寝たきりになった重度の犬、さらに痴呆症状のある犬まで、幅広く対応する。

 同施設に預けられた犬は性格や状態により、個室か多頭部屋に振り分けられる。犬はもともと群れを成す動物のため、多頭飼育環境下では痴呆などの病状の進行が遅くなるといった研究結果が出ていたり、他の個体とのコミュニケーションを取ることで精神的にも良好な影響をおよぼすのだという。

 また、同一施設内には動物病院があるため、急な病気や怪我にも即対応が可能なほか、愛犬が施設内で亡くなった場合、希望者はグループ会社内で展開するペット霊園による永代供養や、年2回行われる慰霊祭なども利用できる。

 同社は今後も、動物の介護・介助技術を広め、老犬や障害をもつペットの飼い主の負担を減らすとともに、同施設を県内・県外へ拡大展開することで、さまざまな飼い主にこのサービスを利用してほしいとしている。

 同施設でのサービス提供価格は月額4万円〜。

WPN☆ワールドペットニュース
老犬介護ホーム「ひまわり」
[関連URL]
・老犬介護ホーム「ひまわり」
・つくばわんわんランド


WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
「殺されていたかもしれない命が救われ、共に生きる」犬猫写真展開催(18/10/17)
野生化した猫は害獣か?保護されたノネコが幸せな家庭猫に変身した写真展(18/10/16)
柔らかな色あいのパステル画で描かれた動物たちの絵画展、青山で23日から(18/10/15)
世界で一番小さな哺乳類トウキョウトガリネズミの生体展示、北海道大学で(18/10/14)
「こいぬこねこの教育アドバイザー養成講座」動物病院スタッフ向け講座(18/10/13)
魚と人に流れた時間を丁寧に描く魚譜画家の長嶋祐成個展、品川で開催(18/10/12)
愛犬の困ったクセ、直す方法があります!横浜で犬のしつけセミナー開催(18/10/11)
動物介在プログラム活動の世界基準知識を2日間で学べる集中講義開催(18/10/10)
駒沢公園に愛犬と大集合!駒沢公園わんわんカーニバル開催(18/10/9)
多摩動物公園、開園60周年記念イベント「アフリカの動物」講演会(18/10/8)
美しい緑に癒される場所・三重県アクアイグニスで保護猫サミット開催(18/10/7)
東京都の動物愛護センターの犬猫譲渡活動を広く周知させるイベント開催(18/10/6)
葛西臨海水族園開園記念日イベントマグロづくしの「All About MAGURO」開催(18/10/5)
特別企画!和スイーツなどが食べられるコラボカフェ「NORANEKO KISSA」開催(18/10/4)
神楽坂名物「化け猫フェスティバル」猫に変身して街を練り歩こう!(18/10/3)
猫が飼いたい、でも初めてで何をどうしたらいいかわからない人向けセミナー(18/10/2)
吉祥寺が猫・ねこ・ネコに染まる1ヶ月、「吉祥寺ねこ祭り」がスタート(18/9/30)
9月29日は招き猫の日!猫の飼い主約9割が「猫を飼うと幸せになった」と回答(18/9/29)
神奈川県動物愛護協会の歴史と未来、60周年フェスティバル開催(18/9/28)
走る電車内で猫とふれあえる「にゃん鉄」、三陸鉄道で開催(18/9/27)

↑WPNトップ


レクタングルバナー