WPN☆ワールドペットニュース
   
◆ペット関連の出費、想定以上にかかったのは「治療費」アイペット損保調べ [2017.1.22]  

 アイペット損害保険株式会社は、ペット関連の支出に関する問合せが多いことから、犬や猫を飼っている755名を対象に、ペット関連の支出に関するアンケート調査を実施した。

 2016年のペット関連支出について最も多かった回答は、犬飼育者が「5万円以上〜10万円未満」、猫飼育者は「5万円未満」と、犬と猫に支出金額の差があることがわかった。

 当初の想定以上に費用がかかった項目は、犬猫飼育者の4割が「治療費」と回答。治療費・予防費と合わせて、健康関連の出費項目は全体の6割にものぼる。59歳の猫飼育者の男性は「予想外の入院を伴う病気にかかったから」とし、42才の犬飼育者の女性は「誤飲の手術をしたため」と、不測の事態で大きな出費があったと回答。2016年度に実際に支払ったペットの治療費は、最低額が500円から最高額は220万と回答があり、病気やケガの内容、治療によっては非常に高額になることがわかった。ペットの飼育には、万が一の時のための準備が必須だといえる。

 2017年のペット関連支出の見通しは、「変わらなさそう」との回答が約6割、「増えそう」は約3割で、「増えそう」な項目は、ペットの年齢や手術の予定を理由に「治療費」や「予防費」といった健康関連の項目が上位になっている。

[関連URL]
・ペットと飼い主に関する調査
・アイペット損害保険株式会社


[関連ニュース]
知的好奇心を刺激する、動く図鑑の世界にとびこもう!生きものになれる展(17/11/20)
愛犬同伴で楽しめる第4回「わんだらけ」・過去最高の160ブースが集結(17/11/19)
大ヒットコミックエッセイ「ねことマスター」有楽町で杉作氏のサイン会(17/11/18)
ツイッターで人気に火がついた8コマ漫画「夜廻り猫」原画展、日本橋三越で(17/11/17)
幕張メッセで国内最大級の大譲渡会「ブレーメンパーク」開催(17/11/16)
身近の野良猫はどのように生きているのだろう?野良猫セミナー清瀬市で開催(17/11/14)
小さなものへの愛情に満ちた「熊谷守一」回顧展、東京国立近代美術館で(17/11/12)
猫の毛で作った小さな猫毛人形が全国を旅する写真展・茨木の保護猫カフェで(17/11/11)
愛犬と渡れる全長400m・日本一の吊り橋に「ドッグラン」が新登場(17/11/10)
来年開催される「大佛次郎×ねこ写真展2018」に展示する猫の写真募集中(17/11/9)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
ハリネズミやリスなど愛くるしい小動物に焦点をあてた写真展、浅草橋で開催(17/11/21)
知的好奇心を刺激する、動く図鑑の世界にとびこもう!生きものになれる展(17/11/20)
愛犬同伴で楽しめる第4回「わんだらけ」・過去最高の160ブースが集結(17/11/19)
大ヒットコミックエッセイ「ねことマスター」有楽町で杉作氏のサイン会(17/11/18)
ツイッターで人気に火がついた8コマ漫画「夜廻り猫」原画展、日本橋三越で(17/11/17)
幕張メッセで国内最大級の大譲渡会「ブレーメンパーク」開催(17/11/16)
身近の野良猫はどのように生きているのだろう?野良猫セミナー清瀬市で開催(17/11/14)
小さなものへの愛情に満ちた「熊谷守一」回顧展、東京国立近代美術館で(17/11/12)
猫の毛で作った小さな猫毛人形が全国を旅する写真展・茨木の保護猫カフェで(17/11/11)
愛犬と渡れる全長400m・日本一の吊り橋に「ドッグラン」が新登場(17/11/10)
来年開催される「大佛次郎×ねこ写真展2018」に展示する猫の写真募集中(17/11/9)
ペットショップから保護犬/猫の譲渡ショップに変身!1周年記念イベント開催(17/11/8)
ペットと記念写真を残しませんか?プロの写真家が撮影する「家族撮影会」(17/11/7)
2名の特別講師を招き「ペットとの真の共生を目指して」シンポジウム開催(17/11/6)
アエラ増刊「ニャエラ」があなたの猫写真を大募集、まるごと猫ムック本(17/11/5)
あらゆる生きものをテーマにした作品の販売や研究発表「いきもにあ」開催(17/11/4)
11月11日(わんわんギフトの日)に大切な愛犬に特別なプレゼントを!(17/11/3)
大阪を中心に猫を撮り続けて15年、ばんひろみさんの13回目の個展開催中(17/11/2)
にゃん賀状とフェリシモ猫部のコラボ年賀状が11月1日より販売スタート(17/11/1)
人と犬の健康に関する公開講座とドッグ・ウォーキングを開催、ヤマザキ学園(17/10/30)

↑WPNトップ


レクタングルバナー