WPN☆ワールドペットニュース
   
◆世界で一番小さなシカの赤ちゃん、日本初誕生、埼玉県こども動物自然公園 [2017.2.24]  

 埼玉県東松山市にある埼玉県こども動物自然公園では、2月9日に世界最小のシカ「プーズー」の赤ちゃんが、国内で初めて誕生した。

チリ南部とアルゼンチンの一部に生息するシカの仲間「プーズー」は、大人でも体長が約80p、体重が約9sほどしかない世界で一番小さなシカだ。現在、日本国内で「プーズー」を飼育しているのは、埼玉県こども動物自然公園だけで、今回が日本で初めての繁殖となる。

 2月9日に生まれた赤ちゃんは誕生時の体重がわずか592g。出産後2日間は、大事をとって飼育員が補助的な人工哺乳を行ったが、現在では母親の母乳だけで元気に育っている。

 「プーズー」の赤ちゃんの一般公開は、3月3日(金)から。また、3月3,4,5日は正門入口で各日先着500名に、「プーズー記念ステッカー」がプレゼントされる。赤ちゃんの名前は今後一般公募される予定だ。

 埼玉県こども動物自然公園の営業時間は、午前9時半から午後5時まで。

WPN☆ワールドペットニュース
埼玉県こども動物自然公園HPより
[関連URL]
・埼玉県こども動物自然公園



[関連ニュース]
多摩動物公園で誕生したチータの赤ちゃん3頭の名前が決まる(17/3/22)
三宝寺池(石神井公園)周辺の風景と生き物の多様性変化・関係・講演会開催(17/3/20)
身近ないきもの探検・冬を越す生きものたちはどんなところに潜んでいるのか?(17/2/5)
「カピバラの長風呂対決」伊豆VS長崎VS埼玉VS那須の4園国がコラボ企画(17/1/8)
上野動物園「鳥の魅力を伝える」2017年お正月イベントと干支の企画展(16/12/28)
パンダの雪だるまへの対応がツンデレすぎてかわいさバクハツ・大ヒット動画(16/12/23)
ホワイトライオンの赤ちゃん、12月17日から東北サファリパークでお目見え(16/12/16)
アドベンチャーワールドで生まれたパンダの赤ちゃんの名前が「結浜」に決定(16/12/7)
日本と韓国を行き来するコウノトリ、コウノトリ保全国際シンポジウム開催(16/11/28)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
博多で猫の殺処分を減らす新しい試み、保護猫シェルター付きの格安宿(17/3/24)
盲導犬不足の解消となるか?人と犬の社会を豊かにする共同プロジェクト始動(17/3/23)
多摩動物公園で誕生したチータの赤ちゃん3頭の名前が決まる(17/3/22)
大阪平野区にあるの猫専門ギャラリーで河井蓬×中川こうじの猫写真二人展(17/3/21)
三宝寺池(石神井公園)周辺の風景と生き物の多様性変化・関係・講演会開催(17/3/20)
猫とふれ合える街尾道で「招き猫亭」所有のコレクション240点展示(17/3/19)
猫友5人による猫写真展示と、猫の手作り陶器の即売会、千駄木で開催中(17/3/17)
20万人以上が参加する大人気イベント「ねこ休み展」大阪と岐阜に上陸(17/3/17)
「命の大切さを伝える」ワンニャンチャリティー複合イベント、明石で開催(17/3/15)
19日に川口駅で犬猫の保護活動の支援及や啓発を目的としたイベントを開催(17/3/14)
犬や猫が文学者に果たした役割とは?「作家とペットの素敵な関係展」(17/3/12)
視聴者は猫、猫のために制作された番組を果たして猫は喜んで観るか?(17/3/11)
東日本大震災七回忌・被災動物への鎮魂の祈り「被災動物追善供養」名古屋で(17/3/10)
LGBT限定のりんご猫啓発セミナー、11日にネコリパ中野店で開催(17/3/9)
猫の夢の住まいを実現「夢のデザイニャーズハウス」プレゼントキャンペーン(17/3/8)
まるで本物そっくりな犬や猫!羊毛で作られたフェルトアート作品展・松江(17/3/7)
映画「ねこあつめの家」と「猫ぐらし」フォトコンで愛猫がモデルデビュー(17/3/6)
天然カールの毛を持つラパーマ、五十川満写真展「世界一美しい猫たち」(17/3/5)
名古屋ベイサイドがわんこだらけになる中部最大級わんこのマルシェ開催(17/3/4)
宮城県仙台市で保護猫支援イベント「一番町ねこフェスタ2017」を開催(17/3/3)

↑WPNトップ


レクタングルバナー