WPN☆ワールドペットニュース
   
◆世界で一番小さなシカの赤ちゃん、日本初誕生、埼玉県こども動物自然公園 [2017.2.24]  

 埼玉県東松山市にある埼玉県こども動物自然公園では、2月9日に世界最小のシカ「プーズー」の赤ちゃんが、国内で初めて誕生した。

チリ南部とアルゼンチンの一部に生息するシカの仲間「プーズー」は、大人でも体長が約80p、体重が約9sほどしかない世界で一番小さなシカだ。現在、日本国内で「プーズー」を飼育しているのは、埼玉県こども動物自然公園だけで、今回が日本で初めての繁殖となる。

 2月9日に生まれた赤ちゃんは誕生時の体重がわずか592g。出産後2日間は、大事をとって飼育員が補助的な人工哺乳を行ったが、現在では母親の母乳だけで元気に育っている。

 「プーズー」の赤ちゃんの一般公開は、3月3日(金)から。また、3月3,4,5日は正門入口で各日先着500名に、「プーズー記念ステッカー」がプレゼントされる。赤ちゃんの名前は今後一般公募される予定だ。

 埼玉県こども動物自然公園の営業時間は、午前9時半から午後5時まで。

WPN☆ワールドペットニュース
埼玉県こども動物自然公園HPより
[関連URL]
・埼玉県こども動物自然公園



[関連ニュース]
動物園を逃げ出したゾウガメを探しています!懸賞金50万円・岡山県玉野市(17/8/16)
昼とは違う動物たちに会える!「真夏の夜の動物園」は16日(水)まで(17/8/13)
上野動物園が開演時間を延長する「真夏の夜の動物園」を開催(17/8/6)
人工飼育で成長中の子キリンの名前、募集中、盛岡市動物公園(17/8/3)
上野動物園で誕生したパンダの赤ちゃんの名前、カタカナ表記で募集開始(17/7/26)
夏のコラボイベント・ミロコマチコが描く井の頭自然文化園の動物たち(17/7/16)
ホワイトライオンの双子の赤ちゃんと記念撮影!姫路セントラルパーク(17/7/3)
マヌルネコ公開中の埼玉県こども動物自然公園で「マヌルネコのお話」(17/6/29)
上野動物園でパンダの赤ちゃん誕生!上野の街も祝福ムード(17/6/12)
多摩動物公園の生き物を描く写生コンクール、7月1日より募集開始(17/6/10)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
動物園を逃げ出したゾウガメを探しています!懸賞金50万円・岡山県玉野市(17/8/16)
猫小説作家・天沼春樹プロデュース企画「猫迷宮展」8月24日から国立駅前で(17/8/15)
猫好きによる猫のイベント・企画展「ぼくとねこ展」沖縄で開催(17/8/14)
昼とは違う動物たちに会える!「真夏の夜の動物園」は16日(水)まで(17/8/13)
国内最大級の保護猫の譲渡会開催、sippo写真展「みんなイヌ、みんなネコ」(17/8/12)
期間限定クリエイターグッズ「柴犬まるのお店」の開店、東急ハンズ東京(17/8/10)
自慢のうちの子カレンダーに?!「ワン!にゃん!カレンダー2018」(17/8/9)
岩合光昭氏が捉えた京都に棲むねこの写真展、そごう横浜店で開催(17/8/8)
列車の中で里親募集の子猫と触れ合える「ねこカフェ列車」全国初運転(17/8/7)
上野動物園が開演時間を延長する「真夏の夜の動物園」を開催(17/8/6)
8月8日の世界猫の日にあわせて、南青山で猫の譲渡会開催(17/8/5)
「小動物と ふれあう ハモる。」バード&スモールアニマルフェア開催(17/8/4)
人工飼育で成長中の子キリンの名前、募集中、盛岡市動物公園(17/8/3)
子どもに体験して欲しいこと「Cats & Kidsお世話体験」ネコリパ大阪で開催(17/8/2)
モルモットを正しく理解することで、幸せなモルモットを増やすイベント(17/8/1)
童話の森ギャラリー企画展「11ぴきのねこと馬場のぼるの世界展」長野で開催(17/7/31)
78名のイラストレーターが描いた猫の絵を展示販売「CAT POWER 2017」(17/7/30)
お盆休み特別企画!保護猫カフェで猫と聞く恐怖の肉球怪談・落語の会(17/7/29)
映画「みんな生きている」自主上映会、島根県浜田市で開催(17/7/28)
猫の墨絵美術館・淡路市立中浜稔猫美術館が小学生を対象に猫のはがき絵募集(17/7/27)

↑WPNトップ


レクタングルバナー