WPN☆ワールドペットニュース
   
◆ユキヒョウの赤ちゃんの名前募集開始!6月2日多摩動物公園生まれのオス [2017.9.5]  

 多摩動物公園(東京都日野市)は、6月2日に誕生したユキヒョウの名前を7日(木)より募集する。

 名前を募集するユキヒョウはオスで、母親はオーストリアのザルツブルク生まれの「ミミ」(2009年5月13日生まれ)、父親はカナダのアシニボイン生まれの「コボ」(2013年6月29日生まれ)。当初、ユキヒョウは2頭生まれたが、1頭は生まれたときから動きが悪く6月5日に死亡。残る1頭は、母親の元で順調に成長してきた。

 7日から、多摩動物公園園内の「ウォッチングセンター」に、候補となる名前を掲げたボードが設置されるので、ふさわしいと思う名前の下にシールを貼って投票する(投票はひとり1回のみ)。名前は最多投票を得たものに決まる。決まった名前と、子どもユキヒョウの一般公開の予定は、東京ズーネットのHPで発表される。

 ユキヒョウは日本国内の10の施設で合計21頭(オス10、メス11)が飼育されていて、そのうち多摩動物公園では、今回誕生した1頭を含め、6頭(オス3、メス3)がいる。

WPN☆ワールドペットニュース
6月2日生まれのユキヒョウの赤ちゃん
[関連URL]
・9/7-12 ユキヒョウの名前を募集します



[関連ニュース]
「森の賢人」とも呼ばれるオランウータンの謎に迫る講演会、多摩動物公園で(17/12/28)
シンシンとシャンシャン・親子パンダのライブ映像、19日より上野動物園(17/12/17)
来年の干支「戌」にちなみ、イヌ科のタヌキとオオカミをテーマにした企画展(17/11/24)
上野動物園の赤ちゃんパンダ、一般公開は12月19日から、観覧は抽選で(17/11/22)
井の頭自然文化園、「ヤマネコ祭り」開催、楽しみながらヤマネコを学ぼう(17/10/23)
「身近ないきもの探検隊」の第5回は「朽ち木は森のいきものスポット」(17/10/21)
5月に京都市動物園で誕生したツシマヤマネコの赤ちゃん、全国で初公開(17/10/11)
多摩動物公園で6月に生まれたユキヒョウの赤ちゃん、12日より一般公開開始(17/10/8)
上野動物園で6月に生まれたパンダの名前決定!名前の応募は過去最高32万通(17/9/25)
多摩&井の頭Zooが「けものフレンズ」とコラボ、すたんぷらりー開催(17/9/21)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
東急・渋谷本店に猫アーティストが大集合!「ねこのクラフトと雑貨展」開催(18/1/19)
猫の目線でシャッターを切った熊日写真部企画展「猫島ありのまま」開催中(18/1/18)
「いぬとねこの保険」社名変更に伴い記念BIGキャンペーンをスタート!(18/1/17)
災害の犠牲になった動物たちを絵の中によみがえらせた展覧会、世田谷で開催(18/1/16)
戌年の初笑いは井の頭自然文化園で!「初笑い・わんにゃん寄席」開催(18/1/16)
希少純血種ラ・パーマなどの写真が楽しめる「世界一美しい猫たち」山形で(18/1/15)
雪降る街で暮らす外猫を捉えた吉田裕吏洋写真展「ゆきねこ」19日から札幌で(18/1/14)
めでたい猫満載の「猫の縁日」、高槻のギャラリーで開催中(18/1/13)
「もう一度写真に恋をするため」充電期間に入るあおいとりの個展開催中(18/1/12)
手焼きの銀塩写真にこだわった猫写真家の個展、表参道のGallery Jyで開催(18/1/11)
猫好きスタッフによる猫を科学的に解明する企画展、長崎で開催中(18/1/10)
「賞品は犬猫ともにワンダフル」犬猫に関する「かるた」の投稿募集中(18/1/9)
猫写真家、イラストレーター、クリエイターたちが制作した2018年の年賀状祭(18/1/8)
りんご猫(ネコエイズウイルスキャリア)だけの譲渡会開催、東京・中野で(18/1/7)
猫エイズについて正しく理解してもらうための講演会、盛岡のもりねこが開催(18/1/6)
阿波踊りの本場で猫のコスプレをして練り歩く「ねこねこフェス」開催(18/1/5)
猫と暮らしている人、これから猫と暮らしたい人向け猫の適正飼育講座開催(18/1/4)
猫の写真を楽しむ「NEKOくらぶ」が来春猫写真集を出版、猫写真を募集中(17/12/29)
「森の賢人」とも呼ばれるオランウータンの謎に迫る講演会、多摩動物公園で(17/12/28)
戌年にちなみ愛犬と一緒に入園できる「富士急わんわんフェスティバル」(17/12/27)

↑WPNトップ


レクタングルバナー