WPN☆ワールドペットニュース
   
◆「身近ないきもの探検隊」の第5回は「朽ち木は森のいきものスポット」 [2017.10.21]  

 東京都武蔵野市にある井の頭自然文化園では、11月3日(金・祝)に小学3年生以上の児童を対象としたシリーズプログラム「身近ないきもの探検隊」第5回「朽ち木は森のいきものスポット」を開催する。

 井の頭自然文化園では、2011年度から2016年度まで「身近ないきもの探検」を開催してきたが、2017年度は一歩進んだ、より焦点を絞ったテーマで、スタッフと一緒に園内で野生のいきものたちを探し、そのおもしろさを発見する。
 第5回の「朽ち木は森のいきものスポット」では、菌によって分解されて朽ち木となることで、さまざまないきものが集まり、食べ物や住み家として利用される「朽ち木」に注目。普段は入れない園内のバックヤードを探検し、伐採された木や折れ枝を調べて、どんないきものがくらしているか観察する。

 参加料は、入園料も含め無料。時間は午前9時から午後12時まで。雨天は中止。子どものみの参加も可能だが、保護者もプログラムに参加できる。定員は保護者を含み30名。申し込みは往復はがきまたはメール( tankentai@tokyo-zoo.net )で。締め切りは、10月24日(火)当日消印有効。詳細はリンク先を参照。

[関連URL]
・シリーズプログラム「身近ないきもの探検隊」第5回「朽ち木は森のいきものスポット」参加者募集



[関連ニュース]
「森の賢人」とも呼ばれるオランウータンの謎に迫る講演会、多摩動物公園で(17/12/28)
シンシンとシャンシャン・親子パンダのライブ映像、19日より上野動物園(17/12/17)
来年の干支「戌」にちなみ、イヌ科のタヌキとオオカミをテーマにした企画展(17/11/24)
上野動物園の赤ちゃんパンダ、一般公開は12月19日から、観覧は抽選で(17/11/22)
井の頭自然文化園、「ヤマネコ祭り」開催、楽しみながらヤマネコを学ぼう(17/10/23)
5月に京都市動物園で誕生したツシマヤマネコの赤ちゃん、全国で初公開(17/10/11)
多摩動物公園で6月に生まれたユキヒョウの赤ちゃん、12日より一般公開開始(17/10/8)
上野動物園で6月に生まれたパンダの名前決定!名前の応募は過去最高32万通(17/9/25)
多摩&井の頭Zooが「けものフレンズ」とコラボ、すたんぷらりー開催(17/9/21)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
大人気!猫の合同写真&物販展「ねこ休み展 冬 2018」1月26日から浅草橋で(18/1/22)
災害が起きたときに犬や猫を守るための防災を考えるセミナー開催、神奈川(18/1/21)
アイペット損保、2017年度の人気犬種・猫種ランキング2017を発表!(18/1/20)
東急・渋谷本店に猫アーティストが大集合!「ねこのクラフトと雑貨展」開催(18/1/19)
猫の目線でシャッターを切った熊日写真部企画展「猫島ありのまま」開催中(18/1/18)
「いぬとねこの保険」社名変更に伴い記念BIGキャンペーンをスタート!(18/1/17)
災害の犠牲になった動物たちを絵の中によみがえらせた展覧会、世田谷で開催(18/1/16)
戌年の初笑いは井の頭自然文化園で!「初笑い・わんにゃん寄席」開催(18/1/16)
希少純血種ラ・パーマなどの写真が楽しめる「世界一美しい猫たち」山形で(18/1/15)
雪降る街で暮らす外猫を捉えた吉田裕吏洋写真展「ゆきねこ」19日から札幌で(18/1/14)
めでたい猫満載の「猫の縁日」、高槻のギャラリーで開催中(18/1/13)
「もう一度写真に恋をするため」充電期間に入るあおいとりの個展開催中(18/1/12)
手焼きの銀塩写真にこだわった猫写真家の個展、表参道のGallery Jyで開催(18/1/11)
猫好きスタッフによる猫を科学的に解明する企画展、長崎で開催中(18/1/10)
「賞品は犬猫ともにワンダフル」犬猫に関する「かるた」の投稿募集中(18/1/9)
猫写真家、イラストレーター、クリエイターたちが制作した2018年の年賀状祭(18/1/8)
りんご猫(ネコエイズウイルスキャリア)だけの譲渡会開催、東京・中野で(18/1/7)
猫エイズについて正しく理解してもらうための講演会、盛岡のもりねこが開催(18/1/6)
阿波踊りの本場で猫のコスプレをして練り歩く「ねこねこフェス」開催(18/1/5)
猫と暮らしている人、これから猫と暮らしたい人向け猫の適正飼育講座開催(18/1/4)

↑WPNトップ


レクタングルバナー