WPN☆ワールドペットニュース
   
◆小さなものへの愛情に満ちた「熊谷守一」回顧展、東京国立近代美術館で [2017.11.12]  

 東京都千代田区にある東京国立近代美術館では、12月1日(金)から2018年3月21日(水・祝)まで、いきものの命を見つめ続けた洋画家・熊谷守一の大規模な回顧展「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」が開催される。

 長いひげに独特の服装。晩年は自宅の庭からほとんど出ず、ネコやカエル、アリや雨粒など、小さなものへの愛情に満ちた作品を描いた画家、熊谷守一(くまがいもりかず、1880〜1977)。鮮やかな色使いと、単純化した独特の描法には、壮絶な人生と科学者にも似た鋭い観察眼が隠されている。東京で久々となる没後40年を記念する回顧展では、「雨滴」(1961年、愛知県美術館 木村定三コレクション)や、「猫」(1965年、同)といった代表作をはじめ、200点以上の作品に加え、スケッチや日記なども展示し、画家の創造の秘密に迫る。

 開催時間は、午前10時から午後5時(金/土は午後8時まで)。観覧料は、一般 1,400円、大学生・専門学校生 900円、高校生 400円。休館日は、月曜日(2018年1月8日、2月12日は開館)、年末年始(12月28日(木)〜2018年1月1日(月・祝))、1月9日(火)、2月13日(火)。

[関連URL]
・没後40年 熊谷守一 生きるよろこび



[関連ニュース]
知的好奇心を刺激する、動く図鑑の世界にとびこもう!生きものになれる展(17/11/20)
大ヒットコミックエッセイ「ねことマスター」有楽町で杉作氏のサイン会(17/11/18)
ツイッターで人気に火がついた8コマ漫画「夜廻り猫」原画展、日本橋三越で(17/11/17)
幕張メッセで国内最大級の大譲渡会「ブレーメンパーク」開催(17/11/16)
身近の野良猫はどのように生きているのだろう?野良猫セミナー清瀬市で開催(17/11/14)
猫の毛で作った小さな猫毛人形が全国を旅する写真展・茨木の保護猫カフェで(17/11/11)
来年開催される「大佛次郎×ねこ写真展2018」に展示する猫の写真募集中(17/11/9)
ペットショップから保護犬/猫の譲渡ショップに変身!1周年記念イベント開催(17/11/8)
ペットと記念写真を残しませんか?プロの写真家が撮影する「家族撮影会」(17/11/7)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
上野動物園の赤ちゃんパンダ、一般公開は12月19日から、観覧は抽選で(17/11/22)
ハリネズミやリスなど愛くるしい小動物に焦点をあてた写真展、浅草橋で開催(17/11/21)
知的好奇心を刺激する、動く図鑑の世界にとびこもう!生きものになれる展(17/11/20)
愛犬同伴で楽しめる第4回「わんだらけ」・過去最高の160ブースが集結(17/11/19)
大ヒットコミックエッセイ「ねことマスター」有楽町で杉作氏のサイン会(17/11/18)
ツイッターで人気に火がついた8コマ漫画「夜廻り猫」原画展、日本橋三越で(17/11/17)
幕張メッセで国内最大級の大譲渡会「ブレーメンパーク」開催(17/11/16)
身近の野良猫はどのように生きているのだろう?野良猫セミナー清瀬市で開催(17/11/14)
小さなものへの愛情に満ちた「熊谷守一」回顧展、東京国立近代美術館で(17/11/12)
猫の毛で作った小さな猫毛人形が全国を旅する写真展・茨木の保護猫カフェで(17/11/11)
愛犬と渡れる全長400m・日本一の吊り橋に「ドッグラン」が新登場(17/11/10)
来年開催される「大佛次郎×ねこ写真展2018」に展示する猫の写真募集中(17/11/9)
ペットショップから保護犬/猫の譲渡ショップに変身!1周年記念イベント開催(17/11/8)
ペットと記念写真を残しませんか?プロの写真家が撮影する「家族撮影会」(17/11/7)
2名の特別講師を招き「ペットとの真の共生を目指して」シンポジウム開催(17/11/6)
アエラ増刊「ニャエラ」があなたの猫写真を大募集、まるごと猫ムック本(17/11/5)
あらゆる生きものをテーマにした作品の販売や研究発表「いきもにあ」開催(17/11/4)
11月11日(わんわんギフトの日)に大切な愛犬に特別なプレゼントを!(17/11/3)
大阪を中心に猫を撮り続けて15年、ばんひろみさんの13回目の個展開催中(17/11/2)
にゃん賀状とフェリシモ猫部のコラボ年賀状が11月1日より販売スタート(17/11/1)

↑WPNトップ


レクタングルバナー