WPN☆ワールドペットニュース
   
◆透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く金魚絵師 深堀隆介展、平塚市美術館で [2018.6.6]  

 透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという独自の斬新な手法で注目を集める若手の現代美術家深堀隆介氏の公立美術館で初めての本格的な個展が、7月7日(土)から神奈川県にある平塚市美術館にて開催される。

 金魚の持つ神秘性に魅了され、創作を続ける深堀隆介氏は、1995年に愛知県立芸術大学を卒業し、名古屋のディスプレイ会社でデザイナーとして勤務するも1999年に退職。本格的に創作活動を開始し、絵画と立体を並行してさまざまな作品を制作する。しかし、次第に自分が何をすべきかを悩み、自信を失いかけていた頃、7年間放置していた水槽で生き続ける金魚の存在に気づき、その美しさに制作意欲をかきたれられ、金魚に自分を重ね、表現を追究してきた。
 本展では、初期の立体作品から初公開となる新作インスタレーション「平成しんちう屋」を含む約200点により、深堀隆介の世界を紹介する本格的な個展となる。絵画でありながら立体的な躍動感にあふれ、不思議な美しさを湛えた深堀金魚を存分に愛でていただきたい。

 7月7日(土)午後2時からは作家によるワークショップ「金魚水墨館−金魚を描いて泳がせよう!」のライブペインティングが、7月21日(土)午前10時から午後12時には、深堀隆介氏による講演会(事前申し込み制)が、午後2時からは新作「平成しんちう屋」内で公開制作。

 8月11日(土・祝)午前10時から午後1時には、深堀隆介氏によるワークショップ「ジェルキャンドルに金魚を泳がせよう!」が、午後2時からは作家が一緒に展示室をまわって作品の解説を行う「作品解説ツアー」(観覧券が必要)が行われる。また、7月7日から8月14日には、「みんなで選ぼうお気に入りの作品!! ひらつか子ども審査員賞」の投票がおこなわれ、結果は8月14日(火)から発表される。

 「【企画展】金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」は、9月2日(日)まで。開館時間は、午前9時半から午後5時まで。休館日は月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日が休館)。観覧料金は、一般が900円、高大生が500円。問い合わせは、電話:0463-35-2741 まで。

[関連URL]
・【企画展】金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋



[関連ニュース]
色鮮やかな金魚が枡や金だらいの中を泳ぐ金魚絵師・深堀隆介氏初の回顧展(16/5/2)
すみだ水族館がイベント「恋するクリスマス」を開催(14/12/4)
東京スカイツリー「すみだ水族館」でイベント「うふふ。金魚。」開催中(14/11/14)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
新電力に切り替えると動物愛護活動の応援ができるプランが登場(18/6/22)
子犬、子猫のミルクボランティアを募集します!みやざき動物愛護センター(18/6/21)
公募で選ばれた76匹の猫をイラスト化、さまざまな紙ものに変身「猫博」開催(18/6/20)
銀座ねこ集会展、小松左京氏漫画家デビュー70周年・時代劇漫画の原画初展示(18/6/20)
日本最大級のネコが助かる猫祭り!ネコ市ネコ座@東京ドームシティ(18/6/18)
「ねこアート」を巡る旅、エジプトのねこから浮世絵、フジタのねこまで(18/6/17)
「犬茶会」「猫茶会」合同企画「腎臓をめぐるワン・ニャン×ヒト対談」開催(18/6/15)
茅ヶ崎で愛犬のプールデビュー&家でできる整体術をレクチャー(18/6/14)
人と動物の絆一緒にいるってこんなに幸せ「JAHAどうぶつフェスタ2018」開催(18/6/13)
今夏に導入する川崎市サポーター制度説明会と地域猫セミナーを開催(18/6/12)
タニタ前会長が愛犬の理想的な体型維持をサポートするフードをプロデュース(18/6/11)
嫌われがちなクモにスポット、水元公園で自然学習講座開催(18/6/10)
作風、テーマのまったく違う二人の写真家による写真展、一宮市で開催(18/6/8)
久が原で人気猫ブロガーの写真展と来場者参加型企画、22日から(18/6/7)
透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く金魚絵師 深堀隆介展、平塚市美術館で(18/6/6)
南方熊楠と自由で不思議な愛猫たち、高円寺で「熊楠と猫」展開催中(18/6/5)
岩合光昭写真集「ネコおやぶん」発売記念、「ネコおやぶんコンテスト」開催(18/6/4)
猫をモチーフにした手ぬぐいが100種類揃う、猫が似合う湯島の王冠印雑貨店(18/6/3)
JSPCA×たま駅長「日本動物愛護協会啓発ラッピング電車」が6月18日から運行(18/6/2)
動物写真家・前川貴行さんの写真展「creation:」、銀座で開催中(18/6/1)

↑WPNトップ


レクタングルバナー