WPN☆ワールドペットニュース
   
◆生後1ヶ月半のサーバルの赤ちゃん兄弟を公開、日野市の多摩動物公園 [2019.1.16]  

 昨年11月28日に多摩動物公園(東京都日野市程久保7-1-1)で生まれた2頭のサーバルの赤ちゃんが、1月17日(木)から一般公開される。

 サーバルの赤ちゃんは2頭ともオスで、2頭の兄の名が「アポロ」だったことにちなみ、アポロ11号に乗り込んだ宇宙飛行士の名前から「ニール」「バズ」と名づけられた。母親は2013年に羽村市動物公園で生まれ、2014年に多摩動物公園に来園した「ユリ」。父親は2006年にシンガポールの動物園からやって来た「ポール」。

 アフリカのサハラ砂漠以南のサバンナに生息するサーバルは、体長70〜100cm、尾長35〜40cm、体重9〜15kg、ヤマネコの仲間で、頭が小さく手脚が長い。自然界では小鳥や中型の鳥、小型のカモシカなどを捕らえて食べる。足が速く、木登りもじょうずで、強力な瞬発力とジャンプ力をもち、空中に飛び上がって鳥を捕らえたりする。多摩動物公園では、野生のサーバルが狩りをするときの行動を再現するために、肉を高さ3メートル前後の位置に吊るし、その肉を取るためにサーバルを跳躍させる「サーバルジャンプ」を実施している。メスの妊娠期間は約75日で、1〜3頭の子どもを産む。

 赤ちゃんサーバルの公開は、午後1時45分から4時15分まで。ニールとバス、そして母親ユリの親子3頭をいっしょにサーバル舎の右側の放飼場で公開する。なお、当日の天候や動物の体調によって観られない場合もある。

[関連URL]
・1月17日からサーバルの双子を公開します!



[関連ニュース]
天皇陛下在位30年記念、2月24日は都立動物園や水族園が無料開放(19/2/18)
野生動物の保全を動物園で考えるイベント、埼玉県こども動物自然公園で開催(19/2/10)
知られているようにで知られていない干支のイノシシについての講演会開催(19/1/3)
アドベンチャーワールド生まれのパンダの赤ちゃん「彩浜(さいひん)」と命名(18/12/17)
2019年の干支「亥」、知られていないイノシシの生態に迫る企画展・講演会(18/12/1)
ウィンターナイトもジャイアントパンダの赤ちゃんに会える!(18/11/29)
絶滅危惧種ツシマヤマネコの保護と繁殖を広く一般に「ヤマネコ祭2018」開催(18/10/25)
多摩動物公園、開園60周年記念イベント「アフリカの動物」講演会(18/10/8)
アドベンチャーワールドのパンダの赤ちゃん、一般公開&名前募集スタート(18/9/13)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
総合1位は「ソラ」猫の日に合わせ「猫の名前ランキング2019発表!」(19/2/22)
中村元の超水族館ナイト2019〜へんなヤツこそ生き延びる!〜渋谷で開催(19/2/21)
日本最大級「保護猫イベント」ネコ市ネコ座、神戸KIITOで開催!(19/2/20)
作品の売り上げが犬猫たちのために役立つ「いぬとねこ展」開催中!(19/2/19)
天皇陛下在位30年記念、2月24日は都立動物園や水族園が無料開放(19/2/18)
大阪市が動物虐待防止のため動物虐待ホットラインの設置を発表(19/2/17)
猫専門病院の院長が語る「猫の体と心の秘密」、新宿で講演(19/2/16)
17日(日)おおいた動物愛護センターオープニングイベント開催!雨天決行(19/2/15)
ドリンク2杯分のレシートで岩合光昭・猫写真クリアファイル・プレゼント(19/2/14)
不妊去勢手術で増やさない、猫を巡るトラブル解決セミナー、ねりまねこ主催(19/2/13)
猫の写真家集団トルネコ(撮猫)、グループ単独で初となる写真展を開催(19/2/13)
前回の疑問に対する答えや、新たな切り口で狂犬病についてのセミナー開催(19/2/12)
ニャンフェス第9回、浅草で開催決定!前売り券の販売がスタート(19/2/11)
野生動物の保全を動物園で考えるイベント、埼玉県こども動物自然公園で開催(19/2/10)
犬を飼ってなくても飼ってても楽しめる犬好きのためのイベント六本木で開催(19/2/9)
紀伊國屋書店新宿本店、猫好き書店員がおすすめ「猫の手芸ワークショップ」(19/2/9)
猫と人、心地よい暮らしを写真を通して探求する写真展「ねこめせん」開催中(19/2/8)
「ネコとワタシと。」猫とあなたの間をつなぐ作品を一同に、祖師ヶ谷大蔵(19/2/6)
今悩んでいる猫トラブルの相談もできる、恵比寿で猫セミナー開催(19/2/5)
幸せがつまった、まんまるボディのシマシマな猫さんが集合「ランド」二人展(19/2/4)

↑WPNトップ


レクタングルバナー