WPN☆ワールドペットニュース
   
◆世界一小さなセラピー犬は、体高わずか15センチ! 米国 [2012.1.18]  

 新しく「世界一」の栄冠に輝いた1匹の犬が今、話題になっている。ギネス世界記録は今月、米ニュージャージー州アブセコン在住のヨークシャー・テリア「ルーシー」を、「世界一小さな使役犬」に認定した。

 サリー・リオーネ・モントゥファルさんの愛犬、3歳になるルーシーは、体長6インチ(約15.2センチ)、体高5.7インチ(約14.5センチ)、体重2.5ポンド(約1.1キロ)の極小サイズ。彼女は現在、ボランティアのセラピー犬として、モントゥファルさんとともに病院や老人ホームなどを慰問し、小さな体で大きな愛と癒しを届けている。

 モントゥファルさんは昨年11月にルーシーを測定し、ギネスに申請していた。「“世界一小さい犬”に認定されるのは無理だけど、“世界一小さいセラピー犬”ならイケると思ったの」地元紙「クーリエ・ポスト」のインタビューに対し、モントゥファルさんはこうコメントしている。

 もともとは、モントゥファルさんが働くペットブティックにやってきたお客が手放そうとしていた犬の1匹だったというルーシー。「実は最初、その人が持っていたオシャレなキャリーバッグのほうに目が釘づけだった」と白状するモントゥファルさんだが、カバンのなかにいたルーシーを見て、すぐに引き取ることを決めた。

 「彼女がほかの子に比べてあまりに弱々しく無気力だったから、ほっておけなかったの」

 先日も数頭のラブラドールのレスキューを行ったというモントゥファルさん、かつて飼育放棄寸前だったルーシーが一転して世界一の犬に選ばれたことで、「ルーシーが犬たちの保護活動のシンボル的存在になれたらうれしいわ」とコメントしている。

 ちなみに関連記事を調べていたら、ルーシーが記録を破る前の「世界一小さな使役犬」は、どうやら奈良県警の嘱託警察犬「桃」だったらしい。ちょっと残念。

WPN☆ワールドペットニュース
「世界一小さな使役犬」 ルーシー
(「クーリエ・ポスト」電子版より)
[関連URL]
・クーリエ・ポスト 関連記事(英語)



WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
中村元の超水族館ナイト2019〜へんなヤツこそ生き延びる!〜渋谷で開催(19/2/21)
日本最大級「保護猫イベント」ネコ市ネコ座、神戸KIITOで開催!(19/2/20)
作品の売り上げが犬猫たちのために役立つ「いぬとねこ展」開催中!(19/2/19)
天皇陛下在位30年記念、2月24日は都立動物園や水族園が無料開放(19/2/18)
大阪市が動物虐待防止のため動物虐待ホットラインの設置を発表(19/2/17)
猫専門病院の院長が語る「猫の体と心の秘密」、新宿で講演(19/2/16)
17日(日)おおいた動物愛護センターオープニングイベント開催!雨天決行(19/2/15)
ドリンク2杯分のレシートで岩合光昭・猫写真クリアファイル・プレゼント(19/2/14)
不妊去勢手術で増やさない、猫を巡るトラブル解決セミナー、ねりまねこ主催(19/2/13)
猫の写真家集団トルネコ(撮猫)、グループ単独で初となる写真展を開催(19/2/13)
前回の疑問に対する答えや、新たな切り口で狂犬病についてのセミナー開催(19/2/12)
ニャンフェス第9回、浅草で開催決定!前売り券の販売がスタート(19/2/11)
野生動物の保全を動物園で考えるイベント、埼玉県こども動物自然公園で開催(19/2/10)
犬を飼ってなくても飼ってても楽しめる犬好きのためのイベント六本木で開催(19/2/9)
紀伊國屋書店新宿本店、猫好き書店員がおすすめ「猫の手芸ワークショップ」(19/2/9)
猫と人、心地よい暮らしを写真を通して探求する写真展「ねこめせん」開催中(19/2/8)
「ネコとワタシと。」猫とあなたの間をつなぐ作品を一同に、祖師ヶ谷大蔵(19/2/6)
今悩んでいる猫トラブルの相談もできる、恵比寿で猫セミナー開催(19/2/5)
幸せがつまった、まんまるボディのシマシマな猫さんが集合「ランド」二人展(19/2/4)
パナソニックセンター大阪に集まれ!猫好きを虜にするイベント目白押し!(19/2/2)

↑WPNトップ


レクタングルバナー