WPN☆ワールドペットニュース
   
◆多摩動物公園でまたしても珍しいキングチーターが2頭誕生 [2013.2.2]  

 東京都日野市の多摩動物公園は先の1月31日、世界的に見ても非常に珍しい「キングチーター」2頭が誕生した、と発表した。

 チーターを飼育下で繁殖させるのは難しいとされるが、同園では過去5年間にチーターの繁殖に6回も成功している。今回誕生した赤ちゃんは5頭で、そのうち2頭が特徴的な模様をもつ「キングチーター」だった。

 通常、チーターは体に独特の黒い斑点模様をもっているが、キングチーターはその斑点がつながり、帯状となっているのが特徴。キングチーターは劣性遺伝子によって生じ、両親双方からその遺伝子を受け継がないと誕生しない。

 今回の5頭の赤ちゃんはスミレ(メス)とカイ(オス)の子どもたちで、2013年1月6日(日)に誕生した。同園によると、赤ちゃん5頭はすくすくと育っており、1月16日(水)に初めて体重測定したところ900g〜1100gだったが、30日(水)には1500g〜1800gになり、いずれも順調に成長しているという。

 ちなみに同園でのキングチーターの誕生は、2011年6月11日に今回と同じ2頭の間に生まれたメスのナデシコ、2012年10月10日にキキョウとカンガの間に生まれたオスのイブキに続いて3例目。キングチーターは同園以外に国内誕生例はなく、国内でキングチーターを飼育しているのも同園だけ。同園では今後、赤ちゃんの成長具合をしっかり観察し、追って公開する予定だ。2頭のキングチーターが公開される日を楽しみに待ちたい。

WPN☆ワールドペットニュース
右から1番目と3番目がキングチーター
(写真=多摩動物公園)

WPN☆ワールドペットニュース
[関連URL]
・多摩動物公園HP



[関連ニュース]
赤ちゃんチーターの名前 「イブキ」 「シュレン」 に決定 多摩動物公園(13/1/10)
多摩動物公園 チーターの赤ちゃん2頭を公開 名前も募集中(12/12/10)
多摩動物公園で世界的にも珍しいキングチーター誕生(12/11/3)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
飼い主のいない猫のことを行政と考える意見交換会、三重県津で開催(18/12/10)
第7回動物福祉検定初級、申し込み締め切りは年明けの1月18日まで(18/12/9)
ハッピースマイルフェス、老若男女が笑顔になれるイベント、大津で開催(18/12/7)
2018年シェルターメディシンセミナー「より良い譲渡に向けて」(18/12/6)
夢の猫本屋ができるまで「Cat's Meow Books」店主によるトークイベント(18/12/5)
日米で活躍、シェルターメデイシン、法医学を専門にする西山獣医師の講演会(18/12/4)
獣医×ドッグトレーナー×世界一周「人と動物の暮らしを伝える写真展」(18/12/3)
小学生対象、生き物の足あとカードを使ったワークショップ、JICA地球ひろば(18/12/2)
2019年の干支「亥」、知られていないイノシシの生態に迫る企画展・講演会(18/12/1)
聖なる夜もニャンたちに癒される「ねこ休み展」、冬の横浜に再来(18/11/30)
ウィンターナイトもジャイアントパンダの赤ちゃんに会える!(18/11/29)
猫写真アーティストとフェルトで作るリアル動物人形作家が二人展開催(18/11/28)
愛するペットを失いペットロスに陥っている人たちのためのミーティング開催(18/11/27)
ハシビロコウをメインとした動物モチーフの作品展、中野のカフェで開催(18/11/26)
今年の冬に第1回を開催!「ねこまつり at 中野」保護猫カフェも参加します!(18/11/25)
最新写真集「残念すぎるネコ」写真展中に2夜連続でトークイベント開催(18/11/24)
北極と南極という極寒の地で暮らす動物たちの命の写真展、札幌で開催中(18/11/23)
第12回環世界研究室ーUmweltlabー『イヌのひみつ』世田谷で開催(18/11/22)
水墨画で描く「金の猫」と「天地の守りもの」、2本立て個展、京橋で開催(18/11/21)
日本獣医師会主催、獣医師の仕事や動物とふれあいが体験できるイベント開催(18/11/20)

↑WPNトップ


レクタングルバナー