WPN☆ワールドペットニュース
   
◆多摩動物公園でまたしても珍しいキングチーターが2頭誕生 [2013.2.2]  

 東京都日野市の多摩動物公園は先の1月31日、世界的に見ても非常に珍しい「キングチーター」2頭が誕生した、と発表した。

 チーターを飼育下で繁殖させるのは難しいとされるが、同園では過去5年間にチーターの繁殖に6回も成功している。今回誕生した赤ちゃんは5頭で、そのうち2頭が特徴的な模様をもつ「キングチーター」だった。

 通常、チーターは体に独特の黒い斑点模様をもっているが、キングチーターはその斑点がつながり、帯状となっているのが特徴。キングチーターは劣性遺伝子によって生じ、両親双方からその遺伝子を受け継がないと誕生しない。

 今回の5頭の赤ちゃんはスミレ(メス)とカイ(オス)の子どもたちで、2013年1月6日(日)に誕生した。同園によると、赤ちゃん5頭はすくすくと育っており、1月16日(水)に初めて体重測定したところ900g〜1100gだったが、30日(水)には1500g〜1800gになり、いずれも順調に成長しているという。

 ちなみに同園でのキングチーターの誕生は、2011年6月11日に今回と同じ2頭の間に生まれたメスのナデシコ、2012年10月10日にキキョウとカンガの間に生まれたオスのイブキに続いて3例目。キングチーターは同園以外に国内誕生例はなく、国内でキングチーターを飼育しているのも同園だけ。同園では今後、赤ちゃんの成長具合をしっかり観察し、追って公開する予定だ。2頭のキングチーターが公開される日を楽しみに待ちたい。

WPN☆ワールドペットニュース
右から1番目と3番目がキングチーター
(写真=多摩動物公園)

WPN☆ワールドペットニュース
[関連URL]
・多摩動物公園HP



[関連ニュース]
赤ちゃんチーターの名前 「イブキ」 「シュレン」 に決定 多摩動物公園(13/1/10)
多摩動物公園 チーターの赤ちゃん2頭を公開 名前も募集中(12/12/10)
多摩動物公園で世界的にも珍しいキングチーター誕生(12/11/3)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
アニコムが『#withlist』開始!ペットと一緒にやりたい「夢」叶えます(18/5/22)
ハチワレ猫に特化した企画展がハチワレ猫をテーマとした作品を一般公募中(18/5/21)
鳥をモチーフにしたイラスト、絵画、造形、写真などの展示会、浅草で開催(18/5/20)
ペットと一日楽しめる「わんにゃんマルシェ」茅ヶ崎公園で明日開催(18/5/19)
猫を家族に迎えたい人、土日は島忠ホームズ・草加舎人店でネコ市ネコ座開催(18/5/18)
柔らかいタッチの鉛筆で描かれた犬や猫の展覧会、浅草で開催中(18/5/17)
史上最大規模の猫写真展「横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018」7月に開催(18/5/16)
東海ウォーカーのグラビアや表紙を飾る「名古屋のご当地スター猫を探せ!」(18/5/15)
福山市、赤ちゃん猫の育て方など猫ボランティア育成講座を開催(18/5/14)
新収蔵作品展「招き猫亭コレクション 猫まみれ」藤沢市アートスペースで(18/5/12)
原宿でペットの里親文化普及活動、1日限定のカフェイベント開催(18/5/10)
「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」6月2日に井の頭、多摩、葛西で開催(18/5/9)
猫を家族にしたい人、東京ドームシティで開催中の「ねこ画展」で里親会開催(18/5/8)
何かに化ける「擬態」する生き物をテーマにした特別展「化ケモノ展」(18/5/7)
お店のアイドル、クマのパピィちゃんもパンダコスでお出迎え「猫と熊猫」展(18/5/6)
わんことにゃんこの「へそ天」写真を大募集!へそ天総選挙2019開催中(18/5/5)
映画カメラマンが撮った猫の写真展「希望の猫」、築地で開催(18/5/4)
松屋銀座で酒井駒子、ヒグチユウコら絵本作家5人の原画展開催中(18/5/2)
「ありがとうのRENSAで人も動物も笑顔に」御徒町駅前で動物愛護フェス開催(18/5/2)
GWは日本橋三越本館で「ネコまつり」、岩合光昭写真展やイベントカフェなど(18/4/30)

↑WPNトップ


レクタングルバナー