WPN☆ワールドペットニュース
   
◆多摩動物公園でまたしても珍しいキングチーターが2頭誕生 [2013.2.2]  

 東京都日野市の多摩動物公園は先の1月31日、世界的に見ても非常に珍しい「キングチーター」2頭が誕生した、と発表した。

 チーターを飼育下で繁殖させるのは難しいとされるが、同園では過去5年間にチーターの繁殖に6回も成功している。今回誕生した赤ちゃんは5頭で、そのうち2頭が特徴的な模様をもつ「キングチーター」だった。

 通常、チーターは体に独特の黒い斑点模様をもっているが、キングチーターはその斑点がつながり、帯状となっているのが特徴。キングチーターは劣性遺伝子によって生じ、両親双方からその遺伝子を受け継がないと誕生しない。

 今回の5頭の赤ちゃんはスミレ(メス)とカイ(オス)の子どもたちで、2013年1月6日(日)に誕生した。同園によると、赤ちゃん5頭はすくすくと育っており、1月16日(水)に初めて体重測定したところ900g〜1100gだったが、30日(水)には1500g〜1800gになり、いずれも順調に成長しているという。

 ちなみに同園でのキングチーターの誕生は、2011年6月11日に今回と同じ2頭の間に生まれたメスのナデシコ、2012年10月10日にキキョウとカンガの間に生まれたオスのイブキに続いて3例目。キングチーターは同園以外に国内誕生例はなく、国内でキングチーターを飼育しているのも同園だけ。同園では今後、赤ちゃんの成長具合をしっかり観察し、追って公開する予定だ。2頭のキングチーターが公開される日を楽しみに待ちたい。

WPN☆ワールドペットニュース
右から1番目と3番目がキングチーター
(写真=多摩動物公園)

WPN☆ワールドペットニュース
[関連URL]
・多摩動物公園HP



[関連ニュース]
赤ちゃんチーターの名前 「イブキ」 「シュレン」 に決定 多摩動物公園(13/1/10)
多摩動物公園 チーターの赤ちゃん2頭を公開 名前も募集中(12/12/10)
多摩動物公園で世界的にも珍しいキングチーター誕生(12/11/3)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
新刊「明日はきっとうまくいく」・猫写真家沖昌之さんトーク&サイン会開催(19/3/25)
犬・猫飼育者全体の3人に1人は多頭飼育「ペットの飼育と支出」アンケート(19/3/24)
一般社団法人・動物予防医療普及協会による交流会、墨田区で開催(19/3/23)
公園猫、散策で出逢った猫、うちの子たち、はやしみほこさん5回目の写真展(19/3/22)
花、猫、鳥、虫などの「いのち」ある小さきものを真摯に描いた熊谷守一展(19/3/21)
フォスターアカデミーによる保護猫に必要な知識・心得、猫コース6期開催(19/3/20)
インスタ1投稿で2円が猫助け資金に!シマホ×ネスレ・ピュリナ×ネコリパ(19/3/19)
犬の訓練法クリッカートレーニング上達のためのワークショップ、渋谷で開催(19/3/18)
一瞬の美しさを切り取ったインコやスズメ、幻の鳥まで新作家も多数登場(19/3/17)
古民家風保護猫カフェ「鎌倉ねこの間」で猫にも安全な植物療法セミナー開催(19/3/16)
一番ワイルドで野生ネコに近い家猫である「キジトラ偏愛主義」写真展開催(19/3/15)
動物福祉に関する話に動物愛護法改正の動向も追加、動物福祉セミナー開催(19/3/15)
保護犬が新しい家族と会えるまでにできる犬の幸せにつながるセミナー開催(19/3/14)
猫を巡るトラブル、解決の糸口は? 「地域猫セミナー in 錦糸町」(19/3/13)
「幸せの黄色い車」で猫の譲渡会開催、島忠ホームセンター川口朝日店(19/3/12)
一般公募3,000点の中から選ばれた400点を展示、ねこのひょっこり写真展(19/3/11)
日比谷図書文化館の特別展「アートになった猫たち展〜今も昔もねこが好き」(19/3/10)
リスを間近で観察できる「リスの小径」オープン30周年記念「春のリス祭」(19/3/9)
第7回さくら保護猫譲渡会、佐倉市役所で初開催(19/3/8)
保護猫カフェで、心とカラダのバランスを〜ストレスマネージメントヨガ(19/3/7)

↑WPNトップ


レクタングルバナー