WPN☆ワールドペットニュース
   
◆多摩動物公園でまたしても珍しいキングチーターが2頭誕生 [2013.2.2]  

 東京都日野市の多摩動物公園は先の1月31日、世界的に見ても非常に珍しい「キングチーター」2頭が誕生した、と発表した。

 チーターを飼育下で繁殖させるのは難しいとされるが、同園では過去5年間にチーターの繁殖に6回も成功している。今回誕生した赤ちゃんは5頭で、そのうち2頭が特徴的な模様をもつ「キングチーター」だった。

 通常、チーターは体に独特の黒い斑点模様をもっているが、キングチーターはその斑点がつながり、帯状となっているのが特徴。キングチーターは劣性遺伝子によって生じ、両親双方からその遺伝子を受け継がないと誕生しない。

 今回の5頭の赤ちゃんはスミレ(メス)とカイ(オス)の子どもたちで、2013年1月6日(日)に誕生した。同園によると、赤ちゃん5頭はすくすくと育っており、1月16日(水)に初めて体重測定したところ900g〜1100gだったが、30日(水)には1500g〜1800gになり、いずれも順調に成長しているという。

 ちなみに同園でのキングチーターの誕生は、2011年6月11日に今回と同じ2頭の間に生まれたメスのナデシコ、2012年10月10日にキキョウとカンガの間に生まれたオスのイブキに続いて3例目。キングチーターは同園以外に国内誕生例はなく、国内でキングチーターを飼育しているのも同園だけ。同園では今後、赤ちゃんの成長具合をしっかり観察し、追って公開する予定だ。2頭のキングチーターが公開される日を楽しみに待ちたい。

WPN☆ワールドペットニュース
右から1番目と3番目がキングチーター
(写真=多摩動物公園)

WPN☆ワールドペットニュース
[関連URL]
・多摩動物公園HP



[関連ニュース]
赤ちゃんチーターの名前 「イブキ」 「シュレン」 に決定 多摩動物公園(13/1/10)
多摩動物公園 チーターの赤ちゃん2頭を公開 名前も募集中(12/12/10)
多摩動物公園で世界的にも珍しいキングチーター誕生(12/11/3)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
金魚約1000匹を集めた夏まつり「東京金魚ワンダーランド2018」30日まで(18/9/24)
人に近いエリアと時間を共有している猫を写実的に捉えたサトウミキ写真展(18/9/23)
姫路市立動物園で姫路動物愛護フェスティバル開催、入場は無料(18/9/22)
葛西臨海公園で犬・猫の譲渡事業をPR、「ワンニャンとうきょう展」開催(18/9/21)
人気少女漫画家3名が被災猫たちのためにチャリティ原画展開催(18/9/21)
譲渡型猫とのふれあいルーム「猫のロンパールーム」で第一回玉造猫まつり(18/9/20)
日頃のしつけから獣医師体験など、横浜・山下公園で動物愛護フェア(18/9/19)
「改正動物愛護管理法を考えるシンポジウム2018」衆議院会館大会議室で開催(18/9/18)
「ペット」と「共生」のヒントが学べるFAESのセミナー&交流会開催(18/9/16)
第7回「ペットとの共生推進協議会シンポジウム」は子供の動物介在教育(18/9/15)
渋谷区民を対象とした地域猫のセミナー、地域猫トラブル防止策とは?(18/9/14)
高貴で品があり、王族貴族のようなさまざまな猫のポートレート写真展(18/9/14)
アドベンチャーワールドのパンダの赤ちゃん、一般公開&名前募集スタート(18/9/13)
入間市で猫のシンポジウムを開催「多頭飼育崩壊・飼育放棄の現状」ほか(18/9/12)
愛犬と一緒にボートに乗ってラフティングを満喫!夏の想い出作りはいかが?(18/9/11)
多摩動物公園、6月に産まれたレッサーパンダの赤ちゃんを公開(18/9/11)
猫のバスがやってくる「動物フェスティバル2018なごや」で保護猫と出会い(18/9/10)
アットホームな雰囲気の中、猫に囲まれて猫写真撮影が学べるセミナー開催(18/9/9)
どうぶつ愛護フェスティバル、今年は2週にわたり、屋内と屋外で開催(18/9/8)
1日限定、猫カフェ風の保護猫譲渡会が千葉で開催(18/9/6)

↑WPNトップ


レクタングルバナー