WPN☆ワールドペットニュース
   
◆多摩動物公園でまたしても珍しいキングチーターが2頭誕生 [2013.2.2]  

 東京都日野市の多摩動物公園は先の1月31日、世界的に見ても非常に珍しい「キングチーター」2頭が誕生した、と発表した。

 チーターを飼育下で繁殖させるのは難しいとされるが、同園では過去5年間にチーターの繁殖に6回も成功している。今回誕生した赤ちゃんは5頭で、そのうち2頭が特徴的な模様をもつ「キングチーター」だった。

 通常、チーターは体に独特の黒い斑点模様をもっているが、キングチーターはその斑点がつながり、帯状となっているのが特徴。キングチーターは劣性遺伝子によって生じ、両親双方からその遺伝子を受け継がないと誕生しない。

 今回の5頭の赤ちゃんはスミレ(メス)とカイ(オス)の子どもたちで、2013年1月6日(日)に誕生した。同園によると、赤ちゃん5頭はすくすくと育っており、1月16日(水)に初めて体重測定したところ900g〜1100gだったが、30日(水)には1500g〜1800gになり、いずれも順調に成長しているという。

 ちなみに同園でのキングチーターの誕生は、2011年6月11日に今回と同じ2頭の間に生まれたメスのナデシコ、2012年10月10日にキキョウとカンガの間に生まれたオスのイブキに続いて3例目。キングチーターは同園以外に国内誕生例はなく、国内でキングチーターを飼育しているのも同園だけ。同園では今後、赤ちゃんの成長具合をしっかり観察し、追って公開する予定だ。2頭のキングチーターが公開される日を楽しみに待ちたい。

WPN☆ワールドペットニュース
右から1番目と3番目がキングチーター
(写真=多摩動物公園)

WPN☆ワールドペットニュース
[関連URL]
・多摩動物公園HP



[関連ニュース]
赤ちゃんチーターの名前 「イブキ」 「シュレン」 に決定 多摩動物公園(13/1/10)
多摩動物公園 チーターの赤ちゃん2頭を公開 名前も募集中(12/12/10)
多摩動物公園で世界的にも珍しいキングチーター誕生(12/11/3)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
4年ぶりにオランウータンの赤ちゃん誕生!名前の投票中、多摩動物公園(18/7/16)
夏休みに保護犬とのふれあいや、愛護センター施設見学、東京都小学生対象(18/7/15)
竹久夢二、藤田嗣治から歌川国芳まで「アートになった 猫たち 展」岡山(18/7/13)
ネコの飼い主さんのための一般公開セミナー(無料)開催、秋田県(18/7/14)
猫写真が堪能できる「横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展」500以上の猫がお出迎え(18/7/12)
愛犬愛猫の健康の基礎、食事ついて、ウンチについて学べるプチセミナー開催(18/7/10)
さまざまな動物とふれあったり一緒に楽しめるイベント、北海道で開催(18/7/9)
動物殺処分ゼロに向けた「1万匹の猫によるSNSチャレンジプロジェクト」(18/7/7)
インスタに猫写真をアップして猫助け、インスタを幸せな猫で埋め尽くせ!(18/7/6)
愛犬と一緒に参加できる「犬猫と食の自然療法 七夕フェスタ」in大阪(18/7/5)
ペットと飼い主に寄り添う往診専門獣医療サービス「わんにゃん保健室」開設(18/7/4)
日本の夏を彩る金魚づくしの夏祭り、約1000匹の色とりどりの金魚が乱舞(18/7/3)
愛するペットが家族になった日「#うちの子記念日」を応援(18/7/2)
世界中を旅しながら犬や猫を撮影している新美敬子さんの写真展開催中(18/6/30)
湘南の山猫屋で、キュートなこねこのイラスト展開催中(18/6/29)
猫の状態に寄り添った未来の可能性のためにハチたまとアニコムが共同研究(18/6/28)
雑誌anan、特集は「やっぱりにゃんこLOVE」、有名スターの猫も登場(18/6/27)
犬とより良い関係を築くために、一緒に暮らす喜びが実感できる講座開催(18/6/25)
保護猫カフェで猫と戯れながら猫写真の撮り方が学べるレッスン開催(18/6/23)
新電力に切り替えると動物愛護活動の応援ができるプランが登場(18/6/22)

↑WPNトップ


レクタングルバナー