WPN☆ワールドペットニュース
   
◆アニコム損保、ペットのチョコレート中毒に注意喚起 2月は増加傾向 [2013.2.14]  

 バレンタインデーは人にとっては甘い1日だが、チョコレートを食べると中毒症状を起こす犬や猫にとっては、危険な日になりかねない。アニコム損害保険株式会社が過去に実施した調査の結果が、そのことを示している。

 同社がペットオーナーへの注意喚起として、公式サイトに掲載した13日付の記事によると、同社のペット保険「どうぶつ健保」の保険金請求データをもとに昨年2月に実施した「犬のチョコレート中毒」に関する調査では、チョコレート中毒での保険金請求件数を月別に見た場合、やはり2月の件数がもっとも多かった。また、獣医師172名のうち、8割にあたる141名がチョコレート中毒を診療した経験があり、さらにうち9件は死亡に至ったという。

 どの程度チョコレートを摂取すると危険なのかは、チョコレートに含まれる「テオブロミン」(※)の量や、犬の体の大きさによって違うため一概に言えないが、同社の資料によれば、体重10kgの犬が100g程度のチョコレートを摂取した場合でも症状があらわれる可能性が高いそうだから、さらに体重の軽い超小型・小型犬の場合は少量でも危険だと言えそうだ(ちなみに、市販されている一般的な板チョコを調べたら、1枚55g程度だった)。

 同社は、犬の届かない場所にチョコレートを置くなどして事故を予防するとともに、万が一事故が起きた際、すぐに診察してもらえる動物病院を調べておくなどの備えが大切だと注意を促している。

 中毒の応急処置は、誤飲したものによって吐かせたほうがいい場合と吐かせないほうがいい場合に分かれると聞く。愛犬・愛猫がチョコレートを食べてしまったと思しき場合は、自分で何とかしようとせず、とにかくすぐに動物病院で診てもらうことをおすすめしたい。

※「テオブロミン」
カカオに含まれる成分で、心臓や中枢神経などに作用する。犬や猫にはテオブロミンを代謝させる酵素が不足しているため中毒を引き起こすとされ、主な症状は嘔吐や下痢、神経過敏、ふるえ、痙攣、興奮など。

[関連URL]
・アニコム損害保険株式会社 関連記事



[関連ニュース]
人気猫種はスコティッシュ・フォールドが8連覇、では一番人気名は?(16/2/20)
猫の人気名「ソラ」が4連覇達成! アニコム損保が発表(15/2/19)
ペットにかける年間支出は犬猫ともに増加傾向 アニコム損保(15/2/4)
アニコム損保の人気犬種ランキングでMIX犬が初のTOP3に(15/1/19)
ペットのケガや事故、一番危険な場所はリビング・アニコム調べ(14/12/16)
2014年犬の名前ランキング発表!不動の人気名は「ココ」(14/10/24)
夏になると増える迷子犬、その理由は? アニコム調べ(14/7/25)
愛犬・愛猫の口臭 6歳を過ぎると増える傾向 アニコム調べ(14/6/4)
ペット保険のアニコムグループ 猫の譲渡会を6月に開催(14/5/23)
アニコム損保 「犬の熱中症週間予報」 配信開始(14/4/28)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
祝! 和歌山・アドベンチャーワールドでジャイアントパンダの赤ちゃん誕生(18/8/15)
里親募集型保護猫カフェNEKO-TAMAで季節を先取るワークショップ撮影会開催(18/8/14)
京丹後で保護猫活動セミナー開催、ネコリパブリック河瀬麻花さんが講師(18/8/13)
「木の上でくらす動物」上映会・講演会を実施、多摩動物公園(18/8/12)
わんこは家族、わんこと一緒に楽しめるイベント、北海道で開催(18/8/10)
sippo主催「みんなイヌ、みんなネコ」、幸せになった犬猫の写真展など(18/8/9)
日本の夏のイベントを愛犬と楽しむ「盆ドッグ!2018」、大阪で開催(18/8/8)
のらねこの現実をそのまま写し出した写真展、徳島で開催(18/8/7)
親子でハゼを釣って食べる「東京湾で魚を釣る・食べる」参加者募集中(18/8/6)
ペットロスに陥らない関係づくり「なぜペットロスになるのか」セミナー開催(18/8/4)
道産子のウマとふれあったり乗馬ができるイベント、多摩動物公園(18/8/3)
猫の日にちなんだ、幸せになった猫たちの写真展、豊田で開催中(18/8/2)
写真集「人情船橋競馬場厩舎ネコ物語」出版記念「津乗健太写真展」船橋で(18/8/1)
猫が好き、猫のことを語りたい、猫愛にあふれたメンバーでランチはいかが?(18/7/31)
ペットフードのプロに猫の食事の悩みが相談できるセミナー、千葉で開催(18/7/30)
さまざまなジャンルの「われこそが一番猫が好き!」作家が大集合!(18/7/29)
ペンギンたちの飼育員体験ができるスペシャルチャンス、高知「桂浜水族館」(18/7/28)
手作りごはん研究サークル、食育を通してペットと幸せに暮らす方法を提案(18/7/27)
幼齢の子猫を預かり養育するミルク飲みボランティア募集、青森愛護センター(18/7/26)
「ねこ休み展」3周年を迎え過去最大規模で開催、27日より東京・浅草橋(18/7/25)

↑WPNトップ


レクタングルバナー