WPN☆ワールドペットニュース
   
◆ジャスティン・ビーバー、ペットのおサルを没収される [2013.4.3]  

 以前、ペットのハムスターをファンの子に突然プレゼントして、動物愛護団体から非難される騒動を起こしたポップス界のアイドル、ジャスティン・ビーバーがまた、ペットに絡んだ騒ぎを起こしたらしい。

 英タブロイド紙「ザ・サン」をはじめとするメディア各紙によると、騒動が起きたのは、先月28日。ヨーロッパツアーのため、プライベートジェットでミュンヘン国際空港に到着したジャスティンは入国の際、なんとペットのオマキザル「マリー」を違法に持ち込もうとしたというのだ。

 税関職員によれば、ジャスティンは動物を持ち込む際に必要な検疫証明書などの書類を一切持っていなかったことから、マリーを没収せざるを得なかったという。

 マリーはジャスティンの19歳の誕生日に音楽プロデューサー、ジャマール・ラシッド氏からプレゼントされたのだそうで、いつでもマリーを連れて歩いているジャスティンの溺愛ぶりは、マイケル・ジャクソンと愛チンパンジー「バブルス」の関係を彷彿とさせるとか。

 とはいえ、悪気はなかったとしても、動物の違法持込はれっきとした犯罪。ジャスティンには、マリーが検疫所に係留されていた期間の諸費用と、1万ユーロ(約120万円)を超える罰金が科せられる見通しだ。

[関連URL]
・ザ・サン 関連記事(英語)



[関連ニュース]
さよならマリー…ジャスティン・ビーバー、ペットのおサルの飼育権失う(13/5/21)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
フェリシモ猫部から、猫との暮らしが楽しめる愛猫健康手帳を発売(17/6/27)
真っ白な猫にこだわった展示会「白猫にゃ! 3」展、浅草で開催中(17/6/26)
保護猫カフェの猫たちを撮り続けている「ねこたろう写真展」開催中(17/6/25)
猫70匹をイラストレータが描き起こした「うちの猫博」吉祥寺で開催中(17/6/23)
猫が行方不明!猫探しIoTサービス「ねこもに」にペット探偵捜索保険が付帯(17/6/22)
わんにゃんマルシェ第3回目は初の野外、犬猫譲渡会やフリマほか、茅ヶ崎(17/6/20)
WJVF第8回大会市民公開講座、大阪で開催、ペピイによるバザーも(17/6/19)
ジャンルが違う6名の作家が描く妖しくも可愛い猫の不思議な世界、高円寺(17/6/18)
地域住民に愛される地域猫活動に必要なこと・福岡市わんにゃんシンポジウム(17/6/16)
福岡で猫好きのための「猫まみれのアート展・猫ばた会議」開催中(17/6/15)
ペットの心配事、100人以上の獣医師に「LINE」で相談できるアニコム損保(17/6/14)
楽しみながら猫助け・ミニネコ市ネコ座 at 島忠ホームズ葛西店・譲渡会も(17/6/13)
上野動物園でパンダの赤ちゃん誕生!上野の街も祝福ムード(17/6/12)
「猫のキモチ展」と猫もの雑貨・アートが大集合の「にゃらまち猫まつり」(17/6/11)
多摩動物公園の生き物を描く写生コンクール、7月1日より募集開始(17/6/10)
猫好きさん必見!10分間丸ごと猫だらけ「ねこねこ55」、Eテレで放送(17/6/9)
茨城県日立市「さくらねこ」を見守るボランティアが地域猫活動セミナー(17/6/8)
鳥をモチーフにした写真、イラスト、造形、雑貨が浅草に大集合(17/6/7)
今年も豪華ゲスト多数出演「いぬねこなかまフェス 2017」チケット販売開始(17/6/6)
犬や猫の殺処分ゼロを目指す!朝霞市で地域猫活動セミナー開催(17/6/5)

↑WPNトップ


レクタングルバナー