WPN☆ワールドペットニュース
   
◆ジャスティン・ビーバー、ペットのおサルを没収される [2013.4.3]  

 以前、ペットのハムスターをファンの子に突然プレゼントして、動物愛護団体から非難される騒動を起こしたポップス界のアイドル、ジャスティン・ビーバーがまた、ペットに絡んだ騒ぎを起こしたらしい。

 英タブロイド紙「ザ・サン」をはじめとするメディア各紙によると、騒動が起きたのは、先月28日。ヨーロッパツアーのため、プライベートジェットでミュンヘン国際空港に到着したジャスティンは入国の際、なんとペットのオマキザル「マリー」を違法に持ち込もうとしたというのだ。

 税関職員によれば、ジャスティンは動物を持ち込む際に必要な検疫証明書などの書類を一切持っていなかったことから、マリーを没収せざるを得なかったという。

 マリーはジャスティンの19歳の誕生日に音楽プロデューサー、ジャマール・ラシッド氏からプレゼントされたのだそうで、いつでもマリーを連れて歩いているジャスティンの溺愛ぶりは、マイケル・ジャクソンと愛チンパンジー「バブルス」の関係を彷彿とさせるとか。

 とはいえ、悪気はなかったとしても、動物の違法持込はれっきとした犯罪。ジャスティンには、マリーが検疫所に係留されていた期間の諸費用と、1万ユーロ(約120万円)を超える罰金が科せられる見通しだ。

[関連URL]
・ザ・サン 関連記事(英語)



[関連ニュース]
さよならマリー…ジャスティン・ビーバー、ペットのおサルの飼育権失う(13/5/21)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
女性写真家4名による猫写真展「天使の贈り物」、世田谷のギャラリーで(17/12/16)
迫力ある野生ネコを題材にした作品やグッズ販売、大阪で開催(17/12/15)
「イオンペット」が東京都内初の里親募集施設「neco. LIFE HOUSE」開設(17/12/14)
横浜の住宅展示場で福島猫の譲渡会ほか猫イベント「にゃんこまつり」を開催(17/12/13)
戌年でも猫まみれ「ねこ休み展」が横浜初上陸、猫写真展や物販展ほか(17/12/13)
希少猛禽類のカレンダーを買うと野性に帰れない猛禽たちにご馳走のお年玉が(17/12/12)
有楽町マルイでねこ街マーケット「人生はニャンとかなる!」猫写真展も(17/12/11)
猫好きが集まってまったり交流できる「ねこまるマーケット」清澄白河で(17/12/9)
フェリシモ本社で「第6回猫のお見合い会」、家族を探している猫が集合(17/12/8)
猫が踊っていたといわれる「踊場駅」で開催される写真展の猫写真を公募(17/12/7)
神保町いちのいち相模大野店で動物をモチーフにしたシルバーアクセサリー展(17/12/6)
来場者1万5千人越えの「鼻ぺちゃ展」、初登場作家も加え名古屋に上陸!(17/12/5)
満天の星降る水族館・新江ノ島水族館で特別な聖夜が体験できる(17/12/4)
これも猫? あれも猫? 「ニャンてこった!」猫で感じる未来の工芸展(17/12/3)
動物愛護の実践者などを表する「日本動物大賞」応募締め切り迫る(17/12/2)
まるでそこにいるかのようなぬくもりを感じる猫の絵画展、仙台で開催中(17/12/1)
犬の栄養管理士が主催する、犬のごはん作りの楽しさがわかるおはなし会(17/11/30)
大阪に猫雑貨400点が大集合!看板猫と遊べるカフェコーナーも開設(17/11/29)
殺処分ゼロを目指す東京都がwebサイト「ワンニャンとうきょう」を開設(17/11/28)
沖縄の動物たちの現状は?命の大切さを伝える「ペットカーニバル2017」開催(17/11/27)

↑WPNトップ


レクタングルバナー