WPN☆ワールドペットニュース
   
◆災害時のペットの救助をサポート 「RESCUEペットステッカー」 [2013.10.11]  

 今日で東日本大震災からちょうど2年7ヶ月。時間が経つにつれ、防災意識がつい薄れがちになってしまうが、そんななか、ペットにまつわる防災意識を再び呼び起こさせるために作られた、ある商品が現在発売されている。

 ペット関連商品の開発・販売を行う株式会社Leaps(リープス)が9月1日の「防災の日」に発売したのは、「RESCUE(レスキュー)ペットステッカー」。災害発生時に住人が緊急避難する際など、家に取り残されたペットがスムーズに救助を受けられるよう、近隣住民や救助者に対し、ペットの救助依頼を表示するステッカーだ。

 7cm四方のステッカーの表面には、犬や猫のかわいらしいイラストと、「家の中にペットがいます。災害時に救助をお願いします。」という文言が記されている。ポストや軒先など、屋外に貼ることを想定し、ステッカー本体はビニール素材を使用した。

 もともとはペットのケージなどを販売する同社。震災の経験を通じて、「日ごろからケージトレーニングを行うことや防災グッズを用意しておくことの必要性を痛感した」と同社の窪中伸年代表取締役は語るが、その一方で、防災グッズなどを準備をしているオーナーはあまり多くはないと感じたという。

 そのような状況を受け、「この商品が、家族であるペットのための防災意識を喚起させるきっかけを作れないかと考えたんです」と、「RESCUEペットステッカー」の商品開発にいたったいきさつを語った。さらに、「家に犬などのペットがいることを知らせることで、災害時だけでなく、防犯上のメリットも見込めるのでは」と期待を寄せる。

 「地震や台風などの自然災害が多い今、ペットだけで留守番をさせるときなどに、これを貼っておくことによって近隣の人に助けてもらえる可能性が出てくればと思っています。ペットを飼っていない人にも、このステッカーの意味を広く知ってほしいです」(窪中代表取締役)

 デザインは犬15種類、猫3種類など計20種類で、販売価格は1枚525円(税込)。全国のホームセンターやペットショップ、インターネットショップなどで販売されている。

 なお、同商品の売上金の一部は、東日本大震災に伴うペット救護に関わる義援金として「福島県動物救護本部」へ寄付され、福島県の動物のためのシェルター運営、譲渡支援、愛護センター設立資金として活用される。

WPN☆ワールドペットニュース
RESCUEペットステッカー
[関連URL]
・RESCUEペットステッカー 詳細ページ



[関連ニュース]
人が消えた町で生きる、ひとりと動物たち 映画『ナオトひとりっきり』公開(15/4/20)
環境省 「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」 作成(13/8/21)
アニマルシェルターセミナー 「被災地に学ぶシェルターメディスン」 実施(13/6/20)
環境省 パブコメ実施結果 および警戒区域内のペットの保護状況 公表(12/12/24)
環境省・福島県 警戒区域内で犬1頭・猫131頭を保護(12/10/23)
被災地の犬 ストレスは非被災犬の5−10倍 麻布大発表(12/10/15)
岩手大学にペット専用移動診療車 「ワンにゃん号」 寄贈 マース ジャパン(12/3/23)
環境省・福島県 3月1日より警戒区域内の放浪犬・猫の集中保護を実施(12/2/29)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
LAでクリエイターと生活する60匹の猫をドキュメンタリー映像と写真で紹介(18/2/19)
猫を巡る身近なトラブルに対応できることは? 専門家を交えて徹底討論!(18/2/18)
大賞には10万円「いやしネコ」の写真や動画を募集中!締め切り迫る!(18/2/17)
ペットにかかる年間支出、想定以上にお金がかかったのは病気やケガの治療費(18/2/16)
谷中写真部による「谷中ねこの日博」、猫の日は谷根千で猫探索はいかが?(18/2/15)
写真からオリジナルの猫クッションやグッズを作成、新宿京王で受注会(18/2/14)
〜人と猫が共生するまちをめざして〜神戸市で猫の啓発パネル・写真展を開催(18/2/13)
一番人気は?!アイリスペットどっとコムが2018年猫の名前ランキング発表(18/2/12)
ドヤ顔の猫100匹がバスに乗り、旅をする「どやねこ展」表参道で開催中(18/2/11)
墨一色で表現された犬や猫・狼・狸の水墨画、本田一誠個展・横浜で開催(18/2/10)
海鳥の楽園・天売島で、海鳥も野良猫も住民も穏やかに暮らすための活動紹介(18/2/9)
愛護センターから家族に迎え、幸せに暮らす猫たちの写真展、仙台で開催中(18/2/8)
青山のTOBICHIでほぼ日手帳発売記念イベント、「やさしいねこ」写真展も(18/2/7)
鳥インフルエンザの影響で中止していた鳥類の展示やイベントを再開(18/2/5)
競馬場の舞台裏・厩舎に棲みつく猫たちを撮り続けた写真展、南青山で開催(18/2/4)
井の頭自然文化園で、東京都の犬や猫に関する取組みの紹介イベント開催(18/2/3)
猫が似合う下町・谷中で、開店2周年を記念して「ねこのひるね展」開催中(18/2/2)
猫写真家石原さくらの「北ねこ展〜天売島からのねこ便り〜」ほか札幌東急で(18/2/1)
猫がつなぐ湯島界隈の店舗で、猫を感じ味わう「ねこまつり」2月6日から(18/1/30)
ブラッシングした愛猫の抜け毛で作る「猫毛フェルト」教室、京都で開催(18/1/29)

↑WPNトップ


レクタングルバナー