WPN☆ワールドペットニュース
   
◆猫の関節疾患は見過ごされがち? Petwell、調査結果を発表 [2013.11.22]  

 ペットの病気と健康に関する情報サイト「Petwell(ペットウェル)」は19日、「猫の関節炎」に関するインターネット調査の結果を発表した。

 バイエル薬品株式会社の協力により、猫オーナーを対象に実施されたアンケートでは、愛猫に実施している日常の健康管理や、猫の関節炎に関する意識調査が行われた。その結果によると、愛猫と動物病院へ行く頻度について、「1年に1回程度」と回答した人が28.8%でもっとも多く、ついで「1年に1回未満」(25%)、「半年に1回程度」(21.9%)と続いた。

 愛猫が現在病気にかかっていないと回答したオーナーではその傾向がさらに強く、病院に行く頻度が「1年に1回程度」が37.5%、「1年に1回未満」が31.3%、と、全体平均より高い数値となった。

 「愛猫の健康状態について、特に注意していること」の問いでは、「食欲があるかどうか」「排泄の回数や排泄物の状態」「普段とは違う行動をしていないか」という回答が上位を占めた。また、「愛猫の健康管理をするうえで特に心配な病気」については、「腎臓・泌尿器系の病気」(56.3%)と回答した人が圧倒的に多く、泌尿器系の健康を気にかけるオーナーが多いことをうかがわせた。

 一方、今回の調査のテーマである「猫の関節炎」については、「関節炎になっている猫が多いことを知っているか」という問いに対し、90.6%が「知らない」と回答。その反面、関節炎の兆候の可能性がある猫の日常行動の変化について、約半数が「思い当たることがある」と回答し、その原因を「高齢になったから」「成長して落ち着いたから」と考える人が多く見られた。逆に、骨・関節の異常を疑うオーナーはわずか2.7%と、非常に少ないことがわかった。

 前述の「愛猫の健康状態について注意していること」でも、関節疾患の発見につながる「歩き方や走り方」に着目している人は、全体の半数以下だったという。

 「Petwell」はこの結果について、「多くの猫のオーナーにとって、日常的な骨や関節のケアは優先度が低く、猫が年をとれば動きたがらなくなるのは自然なことと考えがちだが、愛猫に隠れ関節炎が潜んでいる可能性も大いにあるため、日頃から注意して観察し、早期発見をしてケアにつなげることが、愛猫のQOLを上げるポイントとなるのでは」と注意を促している。

[関連URL]
・Petwell



WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
金魚約1000匹を集めた夏まつり「東京金魚ワンダーランド2018」30日まで(18/9/24)
人に近いエリアと時間を共有している猫を写実的に捉えたサトウミキ写真展(18/9/23)
姫路市立動物園で姫路動物愛護フェスティバル開催、入場は無料(18/9/22)
葛西臨海公園で犬・猫の譲渡事業をPR、「ワンニャンとうきょう展」開催(18/9/21)
人気少女漫画家3名が被災猫たちのためにチャリティ原画展開催(18/9/21)
譲渡型猫とのふれあいルーム「猫のロンパールーム」で第一回玉造猫まつり(18/9/20)
日頃のしつけから獣医師体験など、横浜・山下公園で動物愛護フェア(18/9/19)
「改正動物愛護管理法を考えるシンポジウム2018」衆議院会館大会議室で開催(18/9/18)
「ペット」と「共生」のヒントが学べるFAESのセミナー&交流会開催(18/9/16)
第7回「ペットとの共生推進協議会シンポジウム」は子供の動物介在教育(18/9/15)
渋谷区民を対象とした地域猫のセミナー、地域猫トラブル防止策とは?(18/9/14)
高貴で品があり、王族貴族のようなさまざまな猫のポートレート写真展(18/9/14)
アドベンチャーワールドのパンダの赤ちゃん、一般公開&名前募集スタート(18/9/13)
入間市で猫のシンポジウムを開催「多頭飼育崩壊・飼育放棄の現状」ほか(18/9/12)
愛犬と一緒にボートに乗ってラフティングを満喫!夏の想い出作りはいかが?(18/9/11)
多摩動物公園、6月に産まれたレッサーパンダの赤ちゃんを公開(18/9/11)
猫のバスがやってくる「動物フェスティバル2018なごや」で保護猫と出会い(18/9/10)
アットホームな雰囲気の中、猫に囲まれて猫写真撮影が学べるセミナー開催(18/9/9)
どうぶつ愛護フェスティバル、今年は2週にわたり、屋内と屋外で開催(18/9/8)
1日限定、猫カフェ風の保護猫譲渡会が千葉で開催(18/9/6)

↑WPNトップ


レクタングルバナー