WPN☆ワールドペットニュース
   
◆猫の関節疾患は見過ごされがち? Petwell、調査結果を発表 [2013.11.22]  

 ペットの病気と健康に関する情報サイト「Petwell(ペットウェル)」は19日、「猫の関節炎」に関するインターネット調査の結果を発表した。

 バイエル薬品株式会社の協力により、猫オーナーを対象に実施されたアンケートでは、愛猫に実施している日常の健康管理や、猫の関節炎に関する意識調査が行われた。その結果によると、愛猫と動物病院へ行く頻度について、「1年に1回程度」と回答した人が28.8%でもっとも多く、ついで「1年に1回未満」(25%)、「半年に1回程度」(21.9%)と続いた。

 愛猫が現在病気にかかっていないと回答したオーナーではその傾向がさらに強く、病院に行く頻度が「1年に1回程度」が37.5%、「1年に1回未満」が31.3%、と、全体平均より高い数値となった。

 「愛猫の健康状態について、特に注意していること」の問いでは、「食欲があるかどうか」「排泄の回数や排泄物の状態」「普段とは違う行動をしていないか」という回答が上位を占めた。また、「愛猫の健康管理をするうえで特に心配な病気」については、「腎臓・泌尿器系の病気」(56.3%)と回答した人が圧倒的に多く、泌尿器系の健康を気にかけるオーナーが多いことをうかがわせた。

 一方、今回の調査のテーマである「猫の関節炎」については、「関節炎になっている猫が多いことを知っているか」という問いに対し、90.6%が「知らない」と回答。その反面、関節炎の兆候の可能性がある猫の日常行動の変化について、約半数が「思い当たることがある」と回答し、その原因を「高齢になったから」「成長して落ち着いたから」と考える人が多く見られた。逆に、骨・関節の異常を疑うオーナーはわずか2.7%と、非常に少ないことがわかった。

 前述の「愛猫の健康状態について注意していること」でも、関節疾患の発見につながる「歩き方や走り方」に着目している人は、全体の半数以下だったという。

 「Petwell」はこの結果について、「多くの猫のオーナーにとって、日常的な骨や関節のケアは優先度が低く、猫が年をとれば動きたがらなくなるのは自然なことと考えがちだが、愛猫に隠れ関節炎が潜んでいる可能性も大いにあるため、日頃から注意して観察し、早期発見をしてケアにつなげることが、愛猫のQOLを上げるポイントとなるのでは」と注意を促している。

[関連URL]
・Petwell



WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
LAでクリエイターと生活する60匹の猫をドキュメンタリー映像と写真で紹介(18/2/19)
猫を巡る身近なトラブルに対応できることは? 専門家を交えて徹底討論!(18/2/18)
大賞には10万円「いやしネコ」の写真や動画を募集中!締め切り迫る!(18/2/17)
ペットにかかる年間支出、想定以上にお金がかかったのは病気やケガの治療費(18/2/16)
谷中写真部による「谷中ねこの日博」、猫の日は谷根千で猫探索はいかが?(18/2/15)
写真からオリジナルの猫クッションやグッズを作成、新宿京王で受注会(18/2/14)
〜人と猫が共生するまちをめざして〜神戸市で猫の啓発パネル・写真展を開催(18/2/13)
一番人気は?!アイリスペットどっとコムが2018年猫の名前ランキング発表(18/2/12)
ドヤ顔の猫100匹がバスに乗り、旅をする「どやねこ展」表参道で開催中(18/2/11)
墨一色で表現された犬や猫・狼・狸の水墨画、本田一誠個展・横浜で開催(18/2/10)
海鳥の楽園・天売島で、海鳥も野良猫も住民も穏やかに暮らすための活動紹介(18/2/9)
愛護センターから家族に迎え、幸せに暮らす猫たちの写真展、仙台で開催中(18/2/8)
青山のTOBICHIでほぼ日手帳発売記念イベント、「やさしいねこ」写真展も(18/2/7)
鳥インフルエンザの影響で中止していた鳥類の展示やイベントを再開(18/2/5)
競馬場の舞台裏・厩舎に棲みつく猫たちを撮り続けた写真展、南青山で開催(18/2/4)
井の頭自然文化園で、東京都の犬や猫に関する取組みの紹介イベント開催(18/2/3)
猫が似合う下町・谷中で、開店2周年を記念して「ねこのひるね展」開催中(18/2/2)
猫写真家石原さくらの「北ねこ展〜天売島からのねこ便り〜」ほか札幌東急で(18/2/1)
猫がつなぐ湯島界隈の店舗で、猫を感じ味わう「ねこまつり」2月6日から(18/1/30)
ブラッシングした愛猫の抜け毛で作る「猫毛フェルト」教室、京都で開催(18/1/29)

↑WPNトップ


レクタングルバナー