WPN☆ワールドペットニュース
   
◆猫の関節疾患は見過ごされがち? Petwell、調査結果を発表 [2013.11.22]  

 ペットの病気と健康に関する情報サイト「Petwell(ペットウェル)」は19日、「猫の関節炎」に関するインターネット調査の結果を発表した。

 バイエル薬品株式会社の協力により、猫オーナーを対象に実施されたアンケートでは、愛猫に実施している日常の健康管理や、猫の関節炎に関する意識調査が行われた。その結果によると、愛猫と動物病院へ行く頻度について、「1年に1回程度」と回答した人が28.8%でもっとも多く、ついで「1年に1回未満」(25%)、「半年に1回程度」(21.9%)と続いた。

 愛猫が現在病気にかかっていないと回答したオーナーではその傾向がさらに強く、病院に行く頻度が「1年に1回程度」が37.5%、「1年に1回未満」が31.3%、と、全体平均より高い数値となった。

 「愛猫の健康状態について、特に注意していること」の問いでは、「食欲があるかどうか」「排泄の回数や排泄物の状態」「普段とは違う行動をしていないか」という回答が上位を占めた。また、「愛猫の健康管理をするうえで特に心配な病気」については、「腎臓・泌尿器系の病気」(56.3%)と回答した人が圧倒的に多く、泌尿器系の健康を気にかけるオーナーが多いことをうかがわせた。

 一方、今回の調査のテーマである「猫の関節炎」については、「関節炎になっている猫が多いことを知っているか」という問いに対し、90.6%が「知らない」と回答。その反面、関節炎の兆候の可能性がある猫の日常行動の変化について、約半数が「思い当たることがある」と回答し、その原因を「高齢になったから」「成長して落ち着いたから」と考える人が多く見られた。逆に、骨・関節の異常を疑うオーナーはわずか2.7%と、非常に少ないことがわかった。

 前述の「愛猫の健康状態について注意していること」でも、関節疾患の発見につながる「歩き方や走り方」に着目している人は、全体の半数以下だったという。

 「Petwell」はこの結果について、「多くの猫のオーナーにとって、日常的な骨や関節のケアは優先度が低く、猫が年をとれば動きたがらなくなるのは自然なことと考えがちだが、愛猫に隠れ関節炎が潜んでいる可能性も大いにあるため、日頃から注意して観察し、早期発見をしてケアにつなげることが、愛猫のQOLを上げるポイントとなるのでは」と注意を促している。

[関連URL]
・Petwell



WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
アニコムが『#withlist』開始!ペットと一緒にやりたい「夢」叶えます(18/5/22)
ハチワレ猫に特化した企画展がハチワレ猫をテーマとした作品を一般公募中(18/5/21)
鳥をモチーフにしたイラスト、絵画、造形、写真などの展示会、浅草で開催(18/5/20)
ペットと一日楽しめる「わんにゃんマルシェ」茅ヶ崎公園で明日開催(18/5/19)
猫を家族に迎えたい人、土日は島忠ホームズ・草加舎人店でネコ市ネコ座開催(18/5/18)
柔らかいタッチの鉛筆で描かれた犬や猫の展覧会、浅草で開催中(18/5/17)
史上最大規模の猫写真展「横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018」7月に開催(18/5/16)
東海ウォーカーのグラビアや表紙を飾る「名古屋のご当地スター猫を探せ!」(18/5/15)
福山市、赤ちゃん猫の育て方など猫ボランティア育成講座を開催(18/5/14)
新収蔵作品展「招き猫亭コレクション 猫まみれ」藤沢市アートスペースで(18/5/12)
原宿でペットの里親文化普及活動、1日限定のカフェイベント開催(18/5/10)
「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」6月2日に井の頭、多摩、葛西で開催(18/5/9)
猫を家族にしたい人、東京ドームシティで開催中の「ねこ画展」で里親会開催(18/5/8)
何かに化ける「擬態」する生き物をテーマにした特別展「化ケモノ展」(18/5/7)
お店のアイドル、クマのパピィちゃんもパンダコスでお出迎え「猫と熊猫」展(18/5/6)
わんことにゃんこの「へそ天」写真を大募集!へそ天総選挙2019開催中(18/5/5)
映画カメラマンが撮った猫の写真展「希望の猫」、築地で開催(18/5/4)
松屋銀座で酒井駒子、ヒグチユウコら絵本作家5人の原画展開催中(18/5/2)
「ありがとうのRENSAで人も動物も笑顔に」御徒町駅前で動物愛護フェス開催(18/5/2)
GWは日本橋三越本館で「ネコまつり」、岩合光昭写真展やイベントカフェなど(18/4/30)

↑WPNトップ


レクタングルバナー