WPN☆ワールドペットニュース
   
◆2013年にもっとも検索された、話題の動物は? Googleが発表 米国 [2013.12.18]  

 今年も残すところあとわずか。この時期になると、今年の漢字一文字や流行語大賞など、2013年を総括するネタがテレビや新聞で数多く見られるようになるが、そんななか、Googleが18日に2013年の検索ランキングを発表。インターネットをにぎわせた、動物界のスター トップ10も公開された。

 国別に発表されたランキングのうち、アメリカの「ネットで有名な動物たち(Famous Internet Animals)」ランキングによれば、2013年にもっとも検索されたのは、味わい深い仏頂面が世界を席巻した、超不機嫌顔の猫「グランピーキャット」(Grumpy Cat/本名「タルダルソース」)。今年5月には主演映画の製作も発表され、来年も引き続き人気を集めそうな予感だ(「ガーフィールド」のようなコメディ作品になる予定らしい)。

 さらに、ペロリと出した舌がトレードマークのヘン顔猫「リルバブ(Lil Bub)」、元捨て犬から一躍人気犬へと転身したチワワ×ダックスフンドミックスの出っ歯犬「ツナ(Tuna the Dog)」、もさもさの被毛に覆われた“世界一毛が長い猫”「ミャオ大佐(Colonel Meow)」が上位に並んだ。

 また、このランキングに合わせて発表された「犬種検索ランキング」では、「ブルドッグ」「チワワ」「プードル」がトップ3にランクイン。AKC発表の人気犬種ランキングとはまったく異なる内容となっているのが興味深い。

 「ネットで有名な動物たち」トップ10は以下の通り。

1位:グランピーキャット(Grumpy Cat)
上記参照

2位:リルバブ(Lil Bub)
上記参照

3位:ツナ(Tuna the Dog)
上記参照

4位:ミャオ大佐(Colonel Meow)
上記参照

5位:プリンセスモンスタートラック(Princess Monster Truck)
愛嬌のある“受け口”が人気を博した猫。飼い主が公開した写真がInstagramで大きな話題を呼んだ

6位:メンズウェアドッグ(Menswear Dog)
カジュアルウェアからフォーマルなスーツまで、人間の紳士服を華麗に着こなすオシャレな柴犬

7位:サー・スタフィントン(Sir Stuffington)
満身創痍の状態で拾われ、右目を失い下顎に後遺症が残るなどの障害を抱えつつ、元気に暮らす姿が話題を呼んだ“海賊猫”

8位:ヨーグルト(Yogurt the Pirate Dog)
7位のスタフィントンと同じく右目がなく、ベロリと舌を出した“ブサかわ”さがInstagramで人気を集めた“海賊犬”

9位:ブリー・ザ・ブルドッグ(Bully The Bulldog)
ミシシッピ州立大学の公式マスコット犬。同校のスポーツチーム「ブルドッグス」にちなみ、歴代ブルドッグが努めている

10位:マディー(Maddie the Coonhound)
プロカメラマンの飼い主が撮影した、あらゆるものにバランスよく乗ることができるマディーの一連の作品がネットで話題に

WPN☆ワールドペットニュース
1位に輝いた 「グランピーキャット」
(YouTubeより)
[関連URL]
・Google 2013 検索ランキング



WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
ネイルにうちの子!原宿のネイルサロンが動物殺処分ゼロを目指す活動を応援(17/1/19)
カメラを仕込んだ子ザルロボットを猿の群れにおいたら、どうなった?!(17/1/18)
長崎で出会った一期一会の猫たち、蔵人写真展「さるく長崎−猫街散策II−」(17/1/17)
猫の譲渡が難しい高齢者、里親が見つかりにくい高齢猫を対象とした里親会(17/1/16)
保護猫カフェブランが主催「皆んなのしあわせを願って」保護猫写真展(17/1/15)
「東京 ねこまーケットvol.3」明日開催、漫画「ペン太のこと」サイン会も(17/1/14)
凍える夜のイスタンブールで、野良犬や野良猫を救う市民たちの愛護活動(17/1/13)
練馬区で猫シンポジウム「どうする!?猫問題〜最前線の現場から〜」開催(17/1/12)
猫好きさんの祭典「にゃんだらけVol.3」いよいよ21/22日東京浅草で開催(17/1/11)
北海道で活躍中のカメラマン吉田裕吏洋さんが札幌と東京で猫の写真展開催(17/1/10)
新春特別展示「ねこととり」猫も干支の仲間入りをしたいニャ!招き猫美術館(17/1/9)
「カピバラの長風呂対決」伊豆VS長崎VS埼玉VS那須の4園国がコラボ企画(17/1/8)
グランツリー武蔵小杉に巨大招き猫出現!招き猫ワークショップも開催(17/1/7)
地域猫先駆地域新宿から講師を招き「飼い主のいない猫対策セミナー」仙台(17/1/6)
原付きバイク用ナンバープレートに「吾輩は猫である」が登場、文京区(17/1/5)
「水族園体験ツアー福引き」開催、新年の葛西臨海水族園(16/12/30)
上野動物園「鳥の魅力を伝える」2017年お正月イベントと干支の企画展(16/12/28)
「AERA」がすべての猫と猫を愛するヒトのために「NyAERA(ニャエラ)」発売(16/12/27)
原宿で鷹匠体験が!フクロウや珍しいレッドテールホーク「フクロウのお庭」(16/12/26)
夢二が描いた黒猫そっくりと大評判、夢二郷土美術館が黒猫をお庭番に任命(16/12/25)

↑WPNトップ


レクタングルバナー