WPN☆ワールドペットニュース
   
◆幻の魚類博物画家・伊藤熊太郎の作品を多数展示、国内初の規模 [2017.2.14]  

 東京都港区港南にある東京海洋大学付属図書館では、3月10日(金)まで、第13回企画展示「図鑑で楽しむ江戸前の海」(第二期)を開催している。

 今回展示されているのは、幻の魚類博物画家といわれる伊藤熊太郎によるかずかずの魚類画。伊藤熊太郎(いとうくまたろう)は、明治から昭和にかけて活躍した魚類博物画家で、写真が未発達だった時代に、多くの魚類図鑑や学術文献のために精緻な魚類画を描き、魚類学の発展に貢献した。

 いままで、日本には熊太郎の原画が数枚しか残っておらず、その業績のほとんどは、アメリカのスミソニアン博物館所有とされてきた。しかし、2016年8月に開催された第13回企画展示「図鑑で楽しむ江戸前の海」の会期中に、荒俣宏氏により、熊太郎によるスケッチ帖6冊・原画1,261枚が発見された。これだけまとまった熊太郎の博物画が発見されるのは、国内で初めてのことで、この発見を広く紹介するために、展示の入れ替えと荒俣氏による講演会開催が決まった。

 荒俣宏氏による講演会「幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎」は、2月19日(日)午後1時半より3時まで。東京海洋大学品川キャンパス・白鷹館(はくようかん)1階講義室で行われる。講演会への参加は、webの申し込みフォームから、またはFAX(03-5463-0445)で申し込む。入場は無料。

 第13回企画展示「図鑑で楽しむ江戸前の海」(第二期)への入場は無料。開館時間は午前11時から午後4時まで。期南中の休館日は土曜日曜と2月28日(火)。問合せ先は、東京海洋大学附属図書館情報サービス第一係、電話(03-5463-0444)まで。

WPN☆ワールドペットニュース
講演会「幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎」
[関連URL]
・東京海洋大学付属図書館 展示イベント



[関連ニュース]
色鮮やかな金魚が枡や金だらいの中を泳ぐ金魚絵師・深堀隆介氏初の回顧展(16/5/2)
すみだ水族館がイベント「恋するクリスマス」を開催(14/12/4)
東京スカイツリー「すみだ水族館」でイベント「うふふ。金魚。」開催中(14/11/14)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
マヌルネコ公開中の埼玉県こども動物自然公園で「マヌルネコのお話」(17/6/29)
フェリシモ猫部から、猫との暮らしが楽しめる愛猫健康手帳を発売(17/6/27)
真っ白な猫にこだわった展示会「白猫にゃ! 3」展、浅草で開催中(17/6/26)
保護猫カフェの猫たちを撮り続けている「ねこたろう写真展」開催中(17/6/25)
猫70匹をイラストレータが描き起こした「うちの猫博」吉祥寺で開催中(17/6/23)
猫が行方不明!猫探しIoTサービス「ねこもに」にペット探偵捜索保険が付帯(17/6/22)
わんにゃんマルシェ第3回目は初の野外、犬猫譲渡会やフリマほか、茅ヶ崎(17/6/20)
WJVF第8回大会市民公開講座、大阪で開催、ペピイによるバザーも(17/6/19)
ジャンルが違う6名の作家が描く妖しくも可愛い猫の不思議な世界、高円寺(17/6/18)
地域住民に愛される地域猫活動に必要なこと・福岡市わんにゃんシンポジウム(17/6/16)
福岡で猫好きのための「猫まみれのアート展・猫ばた会議」開催中(17/6/15)
ペットの心配事、100人以上の獣医師に「LINE」で相談できるアニコム損保(17/6/14)
楽しみながら猫助け・ミニネコ市ネコ座 at 島忠ホームズ葛西店・譲渡会も(17/6/13)
上野動物園でパンダの赤ちゃん誕生!上野の街も祝福ムード(17/6/12)
「猫のキモチ展」と猫もの雑貨・アートが大集合の「にゃらまち猫まつり」(17/6/11)
多摩動物公園の生き物を描く写生コンクール、7月1日より募集開始(17/6/10)
猫好きさん必見!10分間丸ごと猫だらけ「ねこねこ55」、Eテレで放送(17/6/9)
茨城県日立市「さくらねこ」を見守るボランティアが地域猫活動セミナー(17/6/8)
鳥をモチーフにした写真、イラスト、造形、雑貨が浅草に大集合(17/6/7)
今年も豪華ゲスト多数出演「いぬねこなかまフェス 2017」チケット販売開始(17/6/6)

↑WPNトップ


レクタングルバナー