WPN☆ワールドペットニュース
   
◆幻の魚類博物画家・伊藤熊太郎の作品を多数展示、国内初の規模 [2017.2.14]  

 東京都港区港南にある東京海洋大学付属図書館では、3月10日(金)まで、第13回企画展示「図鑑で楽しむ江戸前の海」(第二期)を開催している。

 今回展示されているのは、幻の魚類博物画家といわれる伊藤熊太郎によるかずかずの魚類画。伊藤熊太郎(いとうくまたろう)は、明治から昭和にかけて活躍した魚類博物画家で、写真が未発達だった時代に、多くの魚類図鑑や学術文献のために精緻な魚類画を描き、魚類学の発展に貢献した。

 いままで、日本には熊太郎の原画が数枚しか残っておらず、その業績のほとんどは、アメリカのスミソニアン博物館所有とされてきた。しかし、2016年8月に開催された第13回企画展示「図鑑で楽しむ江戸前の海」の会期中に、荒俣宏氏により、熊太郎によるスケッチ帖6冊・原画1,261枚が発見された。これだけまとまった熊太郎の博物画が発見されるのは、国内で初めてのことで、この発見を広く紹介するために、展示の入れ替えと荒俣氏による講演会開催が決まった。

 荒俣宏氏による講演会「幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎」は、2月19日(日)午後1時半より3時まで。東京海洋大学品川キャンパス・白鷹館(はくようかん)1階講義室で行われる。講演会への参加は、webの申し込みフォームから、またはFAX(03-5463-0445)で申し込む。入場は無料。

 第13回企画展示「図鑑で楽しむ江戸前の海」(第二期)への入場は無料。開館時間は午前11時から午後4時まで。期南中の休館日は土曜日曜と2月28日(火)。問合せ先は、東京海洋大学附属図書館情報サービス第一係、電話(03-5463-0444)まで。

WPN☆ワールドペットニュース
講演会「幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎」
[関連URL]
・東京海洋大学付属図書館 展示イベント



[関連ニュース]
色鮮やかな金魚が枡や金だらいの中を泳ぐ金魚絵師・深堀隆介氏初の回顧展(16/5/2)
すみだ水族館がイベント「恋するクリスマス」を開催(14/12/4)
東京スカイツリー「すみだ水族館」でイベント「うふふ。金魚。」開催中(14/11/14)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
我が家の愛猫が「猫ストレッチ」本に掲載されるチャンス!のび猫写真募集中(17/3/28)
人気企画フォトコンテスト「ヒヤリとした」「ハッとした」エピソードを募集(17/3/27)
渋谷NHK放送センターで「ペットは家族一生一緒」フォトメッセージ展開催(17/3/26)
動物と「一緒にいるってこんなに幸せ」フォトコンテスト、締め切り迫る(17/3/25)
博多で猫の殺処分を減らす新しい試み、保護猫シェルター付きの格安宿(17/3/24)
盲導犬不足の解消となるか?人と犬の社会を豊かにする共同プロジェクト始動(17/3/23)
多摩動物公園で誕生したチータの赤ちゃん3頭の名前が決まる(17/3/22)
大阪平野区にあるの猫専門ギャラリーで河井蓬×中川こうじの猫写真二人展(17/3/21)
三宝寺池(石神井公園)周辺の風景と生き物の多様性変化・関係・講演会開催(17/3/20)
猫とふれ合える街尾道で「招き猫亭」所有のコレクション240点展示(17/3/19)
猫友5人による猫写真展示と、猫の手作り陶器の即売会、千駄木で開催中(17/3/17)
20万人以上が参加する大人気イベント「ねこ休み展」大阪と岐阜に上陸(17/3/17)
「命の大切さを伝える」ワンニャンチャリティー複合イベント、明石で開催(17/3/15)
19日に川口駅で犬猫の保護活動の支援及や啓発を目的としたイベントを開催(17/3/14)
犬や猫が文学者に果たした役割とは?「作家とペットの素敵な関係展」(17/3/12)
視聴者は猫、猫のために制作された番組を果たして猫は喜んで観るか?(17/3/11)
東日本大震災七回忌・被災動物への鎮魂の祈り「被災動物追善供養」名古屋で(17/3/10)
LGBT限定のりんご猫啓発セミナー、11日にネコリパ中野店で開催(17/3/9)
猫の夢の住まいを実現「夢のデザイニャーズハウス」プレゼントキャンペーン(17/3/8)
まるで本物そっくりな犬や猫!羊毛で作られたフェルトアート作品展・松江(17/3/7)

↑WPNトップ


レクタングルバナー