WPN☆ワールドペットニュース
   
◆幻の魚類博物画家・伊藤熊太郎の作品を多数展示、国内初の規模 [2017.2.14]  

 東京都港区港南にある東京海洋大学付属図書館では、3月10日(金)まで、第13回企画展示「図鑑で楽しむ江戸前の海」(第二期)を開催している。

 今回展示されているのは、幻の魚類博物画家といわれる伊藤熊太郎によるかずかずの魚類画。伊藤熊太郎(いとうくまたろう)は、明治から昭和にかけて活躍した魚類博物画家で、写真が未発達だった時代に、多くの魚類図鑑や学術文献のために精緻な魚類画を描き、魚類学の発展に貢献した。

 いままで、日本には熊太郎の原画が数枚しか残っておらず、その業績のほとんどは、アメリカのスミソニアン博物館所有とされてきた。しかし、2016年8月に開催された第13回企画展示「図鑑で楽しむ江戸前の海」の会期中に、荒俣宏氏により、熊太郎によるスケッチ帖6冊・原画1,261枚が発見された。これだけまとまった熊太郎の博物画が発見されるのは、国内で初めてのことで、この発見を広く紹介するために、展示の入れ替えと荒俣氏による講演会開催が決まった。

 荒俣宏氏による講演会「幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎」は、2月19日(日)午後1時半より3時まで。東京海洋大学品川キャンパス・白鷹館(はくようかん)1階講義室で行われる。講演会への参加は、webの申し込みフォームから、またはFAX(03-5463-0445)で申し込む。入場は無料。

 第13回企画展示「図鑑で楽しむ江戸前の海」(第二期)への入場は無料。開館時間は午前11時から午後4時まで。期南中の休館日は土曜日曜と2月28日(火)。問合せ先は、東京海洋大学附属図書館情報サービス第一係、電話(03-5463-0444)まで。

WPN☆ワールドペットニュース
講演会「幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎」
[関連URL]
・東京海洋大学付属図書館 展示イベント



[関連ニュース]
色鮮やかな金魚が枡や金だらいの中を泳ぐ金魚絵師・深堀隆介氏初の回顧展(16/5/2)
すみだ水族館がイベント「恋するクリスマス」を開催(14/12/4)
東京スカイツリー「すみだ水族館」でイベント「うふふ。金魚。」開催中(14/11/14)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
ハリネズミやリスなど愛くるしい小動物に焦点をあてた写真展、浅草橋で開催(17/11/21)
知的好奇心を刺激する、動く図鑑の世界にとびこもう!生きものになれる展(17/11/20)
愛犬同伴で楽しめる第4回「わんだらけ」・過去最高の160ブースが集結(17/11/19)
大ヒットコミックエッセイ「ねことマスター」有楽町で杉作氏のサイン会(17/11/18)
ツイッターで人気に火がついた8コマ漫画「夜廻り猫」原画展、日本橋三越で(17/11/17)
幕張メッセで国内最大級の大譲渡会「ブレーメンパーク」開催(17/11/16)
身近の野良猫はどのように生きているのだろう?野良猫セミナー清瀬市で開催(17/11/14)
小さなものへの愛情に満ちた「熊谷守一」回顧展、東京国立近代美術館で(17/11/12)
猫の毛で作った小さな猫毛人形が全国を旅する写真展・茨木の保護猫カフェで(17/11/11)
愛犬と渡れる全長400m・日本一の吊り橋に「ドッグラン」が新登場(17/11/10)
来年開催される「大佛次郎×ねこ写真展2018」に展示する猫の写真募集中(17/11/9)
ペットショップから保護犬/猫の譲渡ショップに変身!1周年記念イベント開催(17/11/8)
ペットと記念写真を残しませんか?プロの写真家が撮影する「家族撮影会」(17/11/7)
2名の特別講師を招き「ペットとの真の共生を目指して」シンポジウム開催(17/11/6)
アエラ増刊「ニャエラ」があなたの猫写真を大募集、まるごと猫ムック本(17/11/5)
あらゆる生きものをテーマにした作品の販売や研究発表「いきもにあ」開催(17/11/4)
11月11日(わんわんギフトの日)に大切な愛犬に特別なプレゼントを!(17/11/3)
大阪を中心に猫を撮り続けて15年、ばんひろみさんの13回目の個展開催中(17/11/2)
にゃん賀状とフェリシモ猫部のコラボ年賀状が11月1日より販売スタート(17/11/1)
人と犬の健康に関する公開講座とドッグ・ウォーキングを開催、ヤマザキ学園(17/10/30)

↑WPNトップ


レクタングルバナー