WPN☆ワールドペットニュース
   
◆上野動物園でパンダの赤ちゃん誕生!上野の街も祝福ムード [2017.6.12]  

 6月12日(月)、上野動物園(東京都台東区)では5年ぶりとなる5頭目のジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生した。

 出産したのは、11歳のメスの「シンシン」。ことしの2月27日、オスの「リーリー」とのあいだで交尾行動が見られ、その後、妊娠の兆候が認められたため、5月25日からは公開を中止し、状態を観察していた。

 6月10日夕方、シンシンは室内を落ちつきなく歩き回るようになったので、中国から招いた専門家と協議のうえ、6月11日からは職員が24時間態勢で注意深く観察をしていた。

 6月12日明け方、陰部をなめる行動が頻繁に見られるようになり、10時57分に破水、11時52分に赤ちゃんパンダの「オギャオ!ギャオ!」という大きな鳴き声が響き渡った。赤ちゃんパンダの姿は、午後12時38分にモニターを通じ、職員が確認した。

 シンシンは、推定150gほどの小さな赤ちゃんパンダを口でくわえたり、自分の腹に乗せたりし、面倒をみている。2011年に生まれた赤ちゃんパンダは生後6日目で死亡しているため、同園は慎重に親子を見守っている。赤ちゃんの公開時期は未定。

WPN☆ワールドペットニュース
2017年5月29日に撮影されたシンシン
[関連URL]
・ジャイアントパンダ「シンシン」出産!



[関連ニュース]
マヌルネコ公開中の埼玉県こども動物自然公園で「マヌルネコのお話」(17/6/29)
多摩動物公園の生き物を描く写生コンクール、7月1日より募集開始(17/6/10)
障害者と家族を閉園後の動物園に招待「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」(17/5/5)
赤ちゃんカピバラ9頭を一般展示、那須どうぶつ王国(17/5/2)
井の頭自然文化園開園記念日企画・生物多様性講演会「植物と動物の関係」(17/4/14)
今週末より赤ちゃんチーターの一般公開始まる、多摩動物公園(17/4/6)
多摩動物公園で誕生したチータの赤ちゃん3頭の名前が決まる(17/3/22)
三宝寺池(石神井公園)周辺の風景と生き物の多様性変化・関係・講演会開催(17/3/20)
世界で一番小さなシカの赤ちゃん、日本初誕生、埼玉県こども動物自然公園(17/2/24)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
マヌルネコ公開中の埼玉県こども動物自然公園で「マヌルネコのお話」(17/6/29)
フェリシモ猫部から、猫との暮らしが楽しめる愛猫健康手帳を発売(17/6/27)
真っ白な猫にこだわった展示会「白猫にゃ! 3」展、浅草で開催中(17/6/26)
保護猫カフェの猫たちを撮り続けている「ねこたろう写真展」開催中(17/6/25)
猫70匹をイラストレータが描き起こした「うちの猫博」吉祥寺で開催中(17/6/23)
猫が行方不明!猫探しIoTサービス「ねこもに」にペット探偵捜索保険が付帯(17/6/22)
わんにゃんマルシェ第3回目は初の野外、犬猫譲渡会やフリマほか、茅ヶ崎(17/6/20)
WJVF第8回大会市民公開講座、大阪で開催、ペピイによるバザーも(17/6/19)
ジャンルが違う6名の作家が描く妖しくも可愛い猫の不思議な世界、高円寺(17/6/18)
地域住民に愛される地域猫活動に必要なこと・福岡市わんにゃんシンポジウム(17/6/16)
福岡で猫好きのための「猫まみれのアート展・猫ばた会議」開催中(17/6/15)
ペットの心配事、100人以上の獣医師に「LINE」で相談できるアニコム損保(17/6/14)
楽しみながら猫助け・ミニネコ市ネコ座 at 島忠ホームズ葛西店・譲渡会も(17/6/13)
上野動物園でパンダの赤ちゃん誕生!上野の街も祝福ムード(17/6/12)
「猫のキモチ展」と猫もの雑貨・アートが大集合の「にゃらまち猫まつり」(17/6/11)
多摩動物公園の生き物を描く写生コンクール、7月1日より募集開始(17/6/10)
猫好きさん必見!10分間丸ごと猫だらけ「ねこねこ55」、Eテレで放送(17/6/9)
茨城県日立市「さくらねこ」を見守るボランティアが地域猫活動セミナー(17/6/8)
鳥をモチーフにした写真、イラスト、造形、雑貨が浅草に大集合(17/6/7)
今年も豪華ゲスト多数出演「いぬねこなかまフェス 2017」チケット販売開始(17/6/6)

↑WPNトップ


レクタングルバナー