WPN☆ワールドペットニュース
   
◆多摩動物公園で6月に生まれたユキヒョウの赤ちゃん、12日より一般公開開始 [2017.10.8]  

 6月2日(金)に多摩動物公園で生まれたユキヒョウの「フク」(オス)の展示が10月12日(木)から時間限定でスタートする。

 展示予定時間は、午前11時30分から午後1時30分の間で、場所はユキヒョウ舎小放飼場(向かって左側の放飼場)。室内との出入りを自由にするため、タイミングによっては放飼場に出ていない場合もある。室内の様子は、モニターで観察ができる。

 ユキヒョウのフクの母親はオーストリア・ザルツブルク生まれの「ミミ」(2009年5月13日生まれ)、父親はカナダ・アシニボイン生まれの「コボ」(2013年6月29日生まれ)。当初は2頭誕生したが、生まれたときから動きが悪かった1頭は6月5日に死亡。フクは、母親の元順調に成長してきた。

 名前は、飼育担当者が候補を3つ選出し(フク、ボン、カブ)、来園者の投票で一番票を獲得した「フク」に決まった。多摩動物公園では、現在オス3、メス3の計6頭のユキヒョウがおり、国内では多摩動物公園を含む10の施設で合計21頭(オス10、メス11)が飼育されている。

WPN☆ワールドペットニュース
赤ちゃんユキヒョウの「フク」
[関連URL]
・10/12 ユキヒョウの子を公開します
・多摩動物公園


[関連ニュース]
「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」6月2日に井の頭、多摩、葛西で開催(18/5/9)
「はな子とサクラ。」ゾウのはな子が観ていたサクラを観に来ませんか(18/3/18)
動物ものまねの江戸家子猫を迎え動物から元気をもらう講演会、横浜で開催(18/2/27)
鳥インフルエンザの影響で中止していた鳥類の展示やイベントを再開(18/2/5)
京都市動物園で、今年で6回目となる「動物人気投票」を開催中(18/1/23)
「森の賢人」とも呼ばれるオランウータンの謎に迫る講演会、多摩動物公園で(17/12/28)
シンシンとシャンシャン・親子パンダのライブ映像、19日より上野動物園(17/12/17)
来年の干支「戌」にちなみ、イヌ科のタヌキとオオカミをテーマにした企画展(17/11/24)
上野動物園の赤ちゃんパンダ、一般公開は12月19日から、観覧は抽選で(17/11/22)
井の頭自然文化園、「ヤマネコ祭り」開催、楽しみながらヤマネコを学ぼう(17/10/23)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
新電力に切り替えると動物愛護活動の応援ができるプランが登場(18/6/22)
子犬、子猫のミルクボランティアを募集します!みやざき動物愛護センター(18/6/21)
公募で選ばれた76匹の猫をイラスト化、さまざまな紙ものに変身「猫博」開催(18/6/20)
銀座ねこ集会展、小松左京氏漫画家デビュー70周年・時代劇漫画の原画初展示(18/6/20)
日本最大級のネコが助かる猫祭り!ネコ市ネコ座@東京ドームシティ(18/6/18)
「ねこアート」を巡る旅、エジプトのねこから浮世絵、フジタのねこまで(18/6/17)
「犬茶会」「猫茶会」合同企画「腎臓をめぐるワン・ニャン×ヒト対談」開催(18/6/15)
茅ヶ崎で愛犬のプールデビュー&家でできる整体術をレクチャー(18/6/14)
人と動物の絆一緒にいるってこんなに幸せ「JAHAどうぶつフェスタ2018」開催(18/6/13)
今夏に導入する川崎市サポーター制度説明会と地域猫セミナーを開催(18/6/12)
タニタ前会長が愛犬の理想的な体型維持をサポートするフードをプロデュース(18/6/11)
嫌われがちなクモにスポット、水元公園で自然学習講座開催(18/6/10)
作風、テーマのまったく違う二人の写真家による写真展、一宮市で開催(18/6/8)
久が原で人気猫ブロガーの写真展と来場者参加型企画、22日から(18/6/7)
透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く金魚絵師 深堀隆介展、平塚市美術館で(18/6/6)
南方熊楠と自由で不思議な愛猫たち、高円寺で「熊楠と猫」展開催中(18/6/5)
岩合光昭写真集「ネコおやぶん」発売記念、「ネコおやぶんコンテスト」開催(18/6/4)
猫をモチーフにした手ぬぐいが100種類揃う、猫が似合う湯島の王冠印雑貨店(18/6/3)
JSPCA×たま駅長「日本動物愛護協会啓発ラッピング電車」が6月18日から運行(18/6/2)
動物写真家・前川貴行さんの写真展「creation:」、銀座で開催中(18/6/1)

↑WPNトップ


レクタングルバナー