WPN☆ワールドペットニュース
   
◆多摩動物公園で6月に生まれたユキヒョウの赤ちゃん、12日より一般公開開始 [2017.10.8]  

 6月2日(金)に多摩動物公園で生まれたユキヒョウの「フク」(オス)の展示が10月12日(木)から時間限定でスタートする。

 展示予定時間は、午前11時30分から午後1時30分の間で、場所はユキヒョウ舎小放飼場(向かって左側の放飼場)。室内との出入りを自由にするため、タイミングによっては放飼場に出ていない場合もある。室内の様子は、モニターで観察ができる。

 ユキヒョウのフクの母親はオーストリア・ザルツブルク生まれの「ミミ」(2009年5月13日生まれ)、父親はカナダ・アシニボイン生まれの「コボ」(2013年6月29日生まれ)。当初は2頭誕生したが、生まれたときから動きが悪かった1頭は6月5日に死亡。フクは、母親の元順調に成長してきた。

 名前は、飼育担当者が候補を3つ選出し(フク、ボン、カブ)、来園者の投票で一番票を獲得した「フク」に決まった。多摩動物公園では、現在オス3、メス3の計6頭のユキヒョウがおり、国内では多摩動物公園を含む10の施設で合計21頭(オス10、メス11)が飼育されている。

WPN☆ワールドペットニュース
赤ちゃんユキヒョウの「フク」
[関連URL]
・10/12 ユキヒョウの子を公開します
・多摩動物公園


[関連ニュース]
鳥インフルエンザの影響で中止していた鳥類の展示やイベントを再開(18/2/5)
京都市動物園で、今年で6回目となる「動物人気投票」を開催中(18/1/23)
「森の賢人」とも呼ばれるオランウータンの謎に迫る講演会、多摩動物公園で(17/12/28)
シンシンとシャンシャン・親子パンダのライブ映像、19日より上野動物園(17/12/17)
来年の干支「戌」にちなみ、イヌ科のタヌキとオオカミをテーマにした企画展(17/11/24)
上野動物園の赤ちゃんパンダ、一般公開は12月19日から、観覧は抽選で(17/11/22)
井の頭自然文化園、「ヤマネコ祭り」開催、楽しみながらヤマネコを学ぼう(17/10/23)
「身近ないきもの探検隊」の第5回は「朽ち木は森のいきものスポット」(17/10/21)
5月に京都市動物園で誕生したツシマヤマネコの赤ちゃん、全国で初公開(17/10/11)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
猫の赤ちゃんを拾ったら、どうすれば命を救えるか「レスキュー講座」開催(18/2/21)
2月22日は池袋を猫一色に「池袋キャッツフェスタ2018 〜All Cat Love〜」(18/2/20)
LAでクリエイターと生活する60匹の猫をドキュメンタリー映像と写真で紹介(18/2/19)
猫を巡る身近なトラブルに対応できることは? 専門家を交えて徹底討論!(18/2/18)
大賞には10万円「いやしネコ」の写真や動画を募集中!締め切り迫る!(18/2/17)
ペットにかかる年間支出、想定以上にお金がかかったのは病気やケガの治療費(18/2/16)
谷中写真部による「谷中ねこの日博」、猫の日は谷根千で猫探索はいかが?(18/2/15)
写真からオリジナルの猫クッションやグッズを作成、新宿京王で受注会(18/2/14)
〜人と猫が共生するまちをめざして〜神戸市で猫の啓発パネル・写真展を開催(18/2/13)
一番人気は?!アイリスペットどっとコムが2018年猫の名前ランキング発表(18/2/12)
ドヤ顔の猫100匹がバスに乗り、旅をする「どやねこ展」表参道で開催中(18/2/11)
墨一色で表現された犬や猫・狼・狸の水墨画、本田一誠個展・横浜で開催(18/2/10)
海鳥の楽園・天売島で、海鳥も野良猫も住民も穏やかに暮らすための活動紹介(18/2/9)
愛護センターから家族に迎え、幸せに暮らす猫たちの写真展、仙台で開催中(18/2/8)
青山のTOBICHIでほぼ日手帳発売記念イベント、「やさしいねこ」写真展も(18/2/7)
鳥インフルエンザの影響で中止していた鳥類の展示やイベントを再開(18/2/5)
競馬場の舞台裏・厩舎に棲みつく猫たちを撮り続けた写真展、南青山で開催(18/2/4)
井の頭自然文化園で、東京都の犬や猫に関する取組みの紹介イベント開催(18/2/3)
猫が似合う下町・谷中で、開店2周年を記念して「ねこのひるね展」開催中(18/2/2)
猫写真家石原さくらの「北ねこ展〜天売島からのねこ便り〜」ほか札幌東急で(18/2/1)

↑WPNトップ


レクタングルバナー