WPN☆ワールドペットニュース
   
◆改良を重ねてきたジャンボウサギの品評会などウサギフェスティバル開催 [2017.10.9]  

 10月14日(土)と15日(日)に秋田県大仙市立農村環境改善センター(秋田県大仙市北長野茶畑108)で、「第30回全国ジャンボうさぎフェスティバル」が開催される。

 ウサギ好きのイベントは、長い年月をかけ改良を重ね、現在に引き継がれてきた秋田県特有の大型の白うさぎ(日本白色秋田改良種)を後世に残すことと、さらに品質改良を進め全国的な普及を図るために開催される。

 14日(土)は午前9時から品評会への出品受付が始まり、ジャンボうさぎ展示や、第30回記念協賛事業として全国ウサギネットワーク主催による第1回シンポジウムが開催される。シンポジウムは、14日午後12時30分から、全国ウサギネットワーク代表の中村博之氏による「全国ウサギネットワークについて」、元大仙市職員・長澤孝秋氏による「ジャンボうさぎフェスティバル30年の歩み」、秋田大学バイオサイエンス教育・研究サポートセンター非常勤講師の松田幸久氏による「ドイツの大型ウサギについて」、香川大学大学院生・堀晃宏氏による「日本と海外のウサギ肉について」、香川大学農学部助教・川ア淨教氏による「ジャンボウサギについての討論会が行われる。参加は無料。

 15日(日)は午前7時45分より大きさ・毛並みなどの審査を行う品評会のほか、ジャンボうさぎパズル、杜仲めん早食い競争、体重当てコンテスト、餅つき等イベントのほか、地元産和牛や杜仲豚の試食・販売、地元産野菜青空市も行われる。また、ドンパン娘による中仙地域発祥のドンパン節と踊りも披露される。問い合わせは、全国ジャンボうさぎフェスティバル実行委員会(電話:0187-56-2113/内線135)まで。

[関連URL]
・全国ウサギネットワーク(Japan Lagomorph Network)
・第30回全国ジャンボうさぎフェスティバル


[関連ニュース]
展示とグッズが盛りだくさん、モフの秋!うさぎの秋!「うさぎしんぼる展」(17/9/1)
次の人気者・ふわもこ「うさぎ」に癒やされる「うさぎしんぼる展」浅草橋(16/10/5)
うさちゃんのファッションショーや、新居提案「うさフェスタ春2016桜祭」(16/3/29)
「うさぎカフェ」訪問客の7割は海外からの観光客(15/4/5)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
公募で選ばれた76匹の猫をイラスト化、さまざまな紙ものに変身「猫博」開催(18/6/20)
銀座ねこ集会展、小松左京氏漫画家デビュー70周年・時代劇漫画の原画初展示(18/6/20)
日本最大級のネコが助かる猫祭り!ネコ市ネコ座@東京ドームシティ(18/6/18)
「ねこアート」を巡る旅、エジプトのねこから浮世絵、フジタのねこまで(18/6/17)
「犬茶会」「猫茶会」合同企画「腎臓をめぐるワン・ニャン×ヒト対談」開催(18/6/15)
茅ヶ崎で愛犬のプールデビュー&家でできる整体術をレクチャー(18/6/14)
人と動物の絆一緒にいるってこんなに幸せ「JAHAどうぶつフェスタ2018」開催(18/6/13)
今夏に導入する川崎市サポーター制度説明会と地域猫セミナーを開催(18/6/12)
タニタ前会長が愛犬の理想的な体型維持をサポートするフードをプロデュース(18/6/11)
嫌われがちなクモにスポット、水元公園で自然学習講座開催(18/6/10)
作風、テーマのまったく違う二人の写真家による写真展、一宮市で開催(18/6/8)
久が原で人気猫ブロガーの写真展と来場者参加型企画、22日から(18/6/7)
透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く金魚絵師 深堀隆介展、平塚市美術館で(18/6/6)
南方熊楠と自由で不思議な愛猫たち、高円寺で「熊楠と猫」展開催中(18/6/5)
岩合光昭写真集「ネコおやぶん」発売記念、「ネコおやぶんコンテスト」開催(18/6/4)
猫をモチーフにした手ぬぐいが100種類揃う、猫が似合う湯島の王冠印雑貨店(18/6/3)
JSPCA×たま駅長「日本動物愛護協会啓発ラッピング電車」が6月18日から運行(18/6/2)
動物写真家・前川貴行さんの写真展「creation:」、銀座で開催中(18/6/1)
金魚を見上げて観賞する新感覚の新作「アートアクアリウム」今年も開催決定(18/5/31)
猫好きの祭典「にゃんだらけVol.6」への出展者6月1日(金)より募集スタート(18/5/30)

↑WPNトップ


レクタングルバナー