WPN☆ワールドペットニュース
   
◆改良を重ねてきたジャンボウサギの品評会などウサギフェスティバル開催 [2017.10.9]  

 10月14日(土)と15日(日)に秋田県大仙市立農村環境改善センター(秋田県大仙市北長野茶畑108)で、「第30回全国ジャンボうさぎフェスティバル」が開催される。

 ウサギ好きのイベントは、長い年月をかけ改良を重ね、現在に引き継がれてきた秋田県特有の大型の白うさぎ(日本白色秋田改良種)を後世に残すことと、さらに品質改良を進め全国的な普及を図るために開催される。

 14日(土)は午前9時から品評会への出品受付が始まり、ジャンボうさぎ展示や、第30回記念協賛事業として全国ウサギネットワーク主催による第1回シンポジウムが開催される。シンポジウムは、14日午後12時30分から、全国ウサギネットワーク代表の中村博之氏による「全国ウサギネットワークについて」、元大仙市職員・長澤孝秋氏による「ジャンボうさぎフェスティバル30年の歩み」、秋田大学バイオサイエンス教育・研究サポートセンター非常勤講師の松田幸久氏による「ドイツの大型ウサギについて」、香川大学大学院生・堀晃宏氏による「日本と海外のウサギ肉について」、香川大学農学部助教・川ア淨教氏による「ジャンボウサギについての討論会が行われる。参加は無料。

 15日(日)は午前7時45分より大きさ・毛並みなどの審査を行う品評会のほか、ジャンボうさぎパズル、杜仲めん早食い競争、体重当てコンテスト、餅つき等イベントのほか、地元産和牛や杜仲豚の試食・販売、地元産野菜青空市も行われる。また、ドンパン娘による中仙地域発祥のドンパン節と踊りも披露される。問い合わせは、全国ジャンボうさぎフェスティバル実行委員会(電話:0187-56-2113/内線135)まで。

[関連URL]
・全国ウサギネットワーク(Japan Lagomorph Network)
・第30回全国ジャンボうさぎフェスティバル


[関連ニュース]
展示とグッズが盛りだくさん、モフの秋!うさぎの秋!「うさぎしんぼる展」(17/9/1)
次の人気者・ふわもこ「うさぎ」に癒やされる「うさぎしんぼる展」浅草橋(16/10/5)
うさちゃんのファッションショーや、新居提案「うさフェスタ春2016桜祭」(16/3/29)
「うさぎカフェ」訪問客の7割は海外からの観光客(15/4/5)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
金魚約1000匹を集めた夏まつり「東京金魚ワンダーランド2018」30日まで(18/9/24)
人に近いエリアと時間を共有している猫を写実的に捉えたサトウミキ写真展(18/9/23)
姫路市立動物園で姫路動物愛護フェスティバル開催、入場は無料(18/9/22)
葛西臨海公園で犬・猫の譲渡事業をPR、「ワンニャンとうきょう展」開催(18/9/21)
人気少女漫画家3名が被災猫たちのためにチャリティ原画展開催(18/9/21)
譲渡型猫とのふれあいルーム「猫のロンパールーム」で第一回玉造猫まつり(18/9/20)
日頃のしつけから獣医師体験など、横浜・山下公園で動物愛護フェア(18/9/19)
「改正動物愛護管理法を考えるシンポジウム2018」衆議院会館大会議室で開催(18/9/18)
「ペット」と「共生」のヒントが学べるFAESのセミナー&交流会開催(18/9/16)
第7回「ペットとの共生推進協議会シンポジウム」は子供の動物介在教育(18/9/15)
渋谷区民を対象とした地域猫のセミナー、地域猫トラブル防止策とは?(18/9/14)
高貴で品があり、王族貴族のようなさまざまな猫のポートレート写真展(18/9/14)
アドベンチャーワールドのパンダの赤ちゃん、一般公開&名前募集スタート(18/9/13)
入間市で猫のシンポジウムを開催「多頭飼育崩壊・飼育放棄の現状」ほか(18/9/12)
愛犬と一緒にボートに乗ってラフティングを満喫!夏の想い出作りはいかが?(18/9/11)
多摩動物公園、6月に産まれたレッサーパンダの赤ちゃんを公開(18/9/11)
猫のバスがやってくる「動物フェスティバル2018なごや」で保護猫と出会い(18/9/10)
アットホームな雰囲気の中、猫に囲まれて猫写真撮影が学べるセミナー開催(18/9/9)
どうぶつ愛護フェスティバル、今年は2週にわたり、屋内と屋外で開催(18/9/8)
1日限定、猫カフェ風の保護猫譲渡会が千葉で開催(18/9/6)

↑WPNトップ


レクタングルバナー