WPN☆ワールドペットニュース
   
◆改良を重ねてきたジャンボウサギの品評会などウサギフェスティバル開催 [2017.10.9]  

 10月14日(土)と15日(日)に秋田県大仙市立農村環境改善センター(秋田県大仙市北長野茶畑108)で、「第30回全国ジャンボうさぎフェスティバル」が開催される。

 ウサギ好きのイベントは、長い年月をかけ改良を重ね、現在に引き継がれてきた秋田県特有の大型の白うさぎ(日本白色秋田改良種)を後世に残すことと、さらに品質改良を進め全国的な普及を図るために開催される。

 14日(土)は午前9時から品評会への出品受付が始まり、ジャンボうさぎ展示や、第30回記念協賛事業として全国ウサギネットワーク主催による第1回シンポジウムが開催される。シンポジウムは、14日午後12時30分から、全国ウサギネットワーク代表の中村博之氏による「全国ウサギネットワークについて」、元大仙市職員・長澤孝秋氏による「ジャンボうさぎフェスティバル30年の歩み」、秋田大学バイオサイエンス教育・研究サポートセンター非常勤講師の松田幸久氏による「ドイツの大型ウサギについて」、香川大学大学院生・堀晃宏氏による「日本と海外のウサギ肉について」、香川大学農学部助教・川ア淨教氏による「ジャンボウサギについての討論会が行われる。参加は無料。

 15日(日)は午前7時45分より大きさ・毛並みなどの審査を行う品評会のほか、ジャンボうさぎパズル、杜仲めん早食い競争、体重当てコンテスト、餅つき等イベントのほか、地元産和牛や杜仲豚の試食・販売、地元産野菜青空市も行われる。また、ドンパン娘による中仙地域発祥のドンパン節と踊りも披露される。問い合わせは、全国ジャンボうさぎフェスティバル実行委員会(電話:0187-56-2113/内線135)まで。

[関連URL]
・全国ウサギネットワーク(Japan Lagomorph Network)
・第30回全国ジャンボうさぎフェスティバル


[関連ニュース]
展示とグッズが盛りだくさん、モフの秋!うさぎの秋!「うさぎしんぼる展」(17/9/1)
次の人気者・ふわもこ「うさぎ」に癒やされる「うさぎしんぼる展」浅草橋(16/10/5)
うさちゃんのファッションショーや、新居提案「うさフェスタ春2016桜祭」(16/3/29)
「うさぎカフェ」訪問客の7割は海外からの観光客(15/4/5)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
「イオンペット」が東京都内初の里親募集施設「neco. LIFE HOUSE」開設(17/12/14)
横浜の住宅展示場で福島猫の譲渡会ほか猫イベント「にゃんこまつり」を開催(17/12/13)
戌年でも猫まみれ「ねこ休み展」が横浜初上陸、猫写真展や物販展ほか(17/12/13)
希少猛禽類のカレンダーを買うと野性に帰れない猛禽たちにご馳走のお年玉が(17/12/12)
有楽町マルイでねこ街マーケット「人生はニャンとかなる!」猫写真展も(17/12/11)
猫好きが集まってまったり交流できる「ねこまるマーケット」清澄白河で(17/12/9)
フェリシモ本社で「第6回猫のお見合い会」、家族を探している猫が集合(17/12/8)
猫が踊っていたといわれる「踊場駅」で開催される写真展の猫写真を公募(17/12/7)
神保町いちのいち相模大野店で動物をモチーフにしたシルバーアクセサリー展(17/12/6)
来場者1万5千人越えの「鼻ぺちゃ展」、初登場作家も加え名古屋に上陸!(17/12/5)
満天の星降る水族館・新江ノ島水族館で特別な聖夜が体験できる(17/12/4)
これも猫? あれも猫? 「ニャンてこった!」猫で感じる未来の工芸展(17/12/3)
動物愛護の実践者などを表する「日本動物大賞」応募締め切り迫る(17/12/2)
まるでそこにいるかのようなぬくもりを感じる猫の絵画展、仙台で開催中(17/12/1)
犬の栄養管理士が主催する、犬のごはん作りの楽しさがわかるおはなし会(17/11/30)
大阪に猫雑貨400点が大集合!看板猫と遊べるカフェコーナーも開設(17/11/29)
殺処分ゼロを目指す東京都がwebサイト「ワンニャンとうきょう」を開設(17/11/28)
沖縄の動物たちの現状は?命の大切さを伝える「ペットカーニバル2017」開催(17/11/27)
ネコ市ネコ座〜ホゴネコ文化祭〜猫が助かる関西最大級の猫祭り・神戸で開催(17/11/26)
北海道・天売島に生きる猫たちの記録と、愛らしいかぶりもの猫の写真展(17/11/25)

↑WPNトップ


レクタングルバナー