WPN☆ワールドペットニュース
   
◆透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く金魚絵師 深堀隆介展、平塚市美術館で [2018.6.6]  

 透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという独自の斬新な手法で注目を集める若手の現代美術家深堀隆介氏の公立美術館で初めての本格的な個展が、7月7日(土)から神奈川県にある平塚市美術館にて開催される。

 金魚の持つ神秘性に魅了され、創作を続ける深堀隆介氏は、1995年に愛知県立芸術大学を卒業し、名古屋のディスプレイ会社でデザイナーとして勤務するも1999年に退職。本格的に創作活動を開始し、絵画と立体を並行してさまざまな作品を制作する。しかし、次第に自分が何をすべきかを悩み、自信を失いかけていた頃、7年間放置していた水槽で生き続ける金魚の存在に気づき、その美しさに制作意欲をかきたれられ、金魚に自分を重ね、表現を追究してきた。
 本展では、初期の立体作品から初公開となる新作インスタレーション「平成しんちう屋」を含む約200点により、深堀隆介の世界を紹介する本格的な個展となる。絵画でありながら立体的な躍動感にあふれ、不思議な美しさを湛えた深堀金魚を存分に愛でていただきたい。

 7月7日(土)午後2時からは作家によるワークショップ「金魚水墨館−金魚を描いて泳がせよう!」のライブペインティングが、7月21日(土)午前10時から午後12時には、深堀隆介氏による講演会(事前申し込み制)が、午後2時からは新作「平成しんちう屋」内で公開制作。

 8月11日(土・祝)午前10時から午後1時には、深堀隆介氏によるワークショップ「ジェルキャンドルに金魚を泳がせよう!」が、午後2時からは作家が一緒に展示室をまわって作品の解説を行う「作品解説ツアー」(観覧券が必要)が行われる。また、7月7日から8月14日には、「みんなで選ぼうお気に入りの作品!! ひらつか子ども審査員賞」の投票がおこなわれ、結果は8月14日(火)から発表される。

 「【企画展】金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」は、9月2日(日)まで。開館時間は、午前9時半から午後5時まで。休館日は月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日が休館)。観覧料金は、一般が900円、高大生が500円。問い合わせは、電話:0463-35-2741 まで。

[関連URL]
・【企画展】金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋



[関連ニュース]
色鮮やかな金魚が枡や金だらいの中を泳ぐ金魚絵師・深堀隆介氏初の回顧展(16/5/2)
すみだ水族館がイベント「恋するクリスマス」を開催(14/12/4)
東京スカイツリー「すみだ水族館」でイベント「うふふ。金魚。」開催中(14/11/14)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
作品の売り上げが犬猫たちのために役立つ「いぬとねこ展」開催中!(19/2/19)
天皇陛下在位30年記念、2月24日は都立動物園や水族園が無料開放(19/2/18)
大阪市が動物虐待防止のため動物虐待ホットラインの設置を発表(19/2/17)
猫専門病院の院長が語る「猫の体と心の秘密」、新宿で講演(19/2/16)
17日(日)おおいた動物愛護センターオープニングイベント開催!雨天決行(19/2/15)
ドリンク2杯分のレシートで岩合光昭・猫写真クリアファイル・プレゼント(19/2/14)
不妊去勢手術で増やさない、猫を巡るトラブル解決セミナー、ねりまねこ主催(19/2/13)
猫の写真家集団トルネコ(撮猫)、グループ単独で初となる写真展を開催(19/2/13)
前回の疑問に対する答えや、新たな切り口で狂犬病についてのセミナー開催(19/2/12)
ニャンフェス第9回、浅草で開催決定!前売り券の販売がスタート(19/2/11)
野生動物の保全を動物園で考えるイベント、埼玉県こども動物自然公園で開催(19/2/10)
犬を飼ってなくても飼ってても楽しめる犬好きのためのイベント六本木で開催(19/2/9)
紀伊國屋書店新宿本店、猫好き書店員がおすすめ「猫の手芸ワークショップ」(19/2/9)
猫と人、心地よい暮らしを写真を通して探求する写真展「ねこめせん」開催中(19/2/8)
「ネコとワタシと。」猫とあなたの間をつなぐ作品を一同に、祖師ヶ谷大蔵(19/2/6)
今悩んでいる猫トラブルの相談もできる、恵比寿で猫セミナー開催(19/2/5)
幸せがつまった、まんまるボディのシマシマな猫さんが集合「ランド」二人展(19/2/4)
パナソニックセンター大阪に集まれ!猫好きを虜にするイベント目白押し!(19/2/2)
第一線の研究者やナチュラリストが高校生・大学生向けのシリーズ講座を開催(19/2/1)
スマホで簡単「キレイな猫写真」撮影講座、にゃんにゃんにゃん猫の日に開催(19/1/31)

↑WPNトップ


レクタングルバナー