WPN☆ワールドペットニュース
   
◆多摩動物公園、6月に産まれたレッサーパンダの赤ちゃんを公開 [2018.9.11]  

 多摩動物公園(東京都日野市程久保7-1-1)では、6月7日に誕生したメスのレッサーパンダ、李花「リーファ」を、9月11日(火)から一般公開した。

 公開場所は、アジア園レッサーパンダ舎ガラス室で、時間は午後2時15分から4時15分まで。動物の体調によっては公開を中止する場合がある。

 2015年6月14日、東北サファリパーク生まれの母、3歳のタオファと、2012年6月11日 カルガリー動物園生まれの父・フランケン(6歳)の間に6月7日、2頭の出産があったが、1頭は確認時にすでに死亡しており、残る1頭は母親の元で順調に生育していた。

 多摩動物公園では、7月13日にも1頭のレッサーパンダが産まれており、産箱内のライブ映像を、7月19日(木)からレッサーパンダ舎で公開している。こちらの赤ちゃんの公開日は未定。多摩動物公園では、7月17日現在、10頭(オス3、メス6、不明1)のレッサーパンダを飼育している。

 多摩動物公園の開園時間は、午前9時半から午後5時まで。入園料は一般が600円、中学生が200円、65歳以上が300円。休園日は水曜日。問い合わせは、多摩動物公園、電話:042-591-1611 まで。

WPN☆ワールドペットニュース
レッサーパンダ親子(手前「リーファ」、奥「タオファ」)撮影日:2018年9月5日
[関連URL]
・9/11からレッサーパンダ「タオファ親子」公開



[関連ニュース]
リスを間近で観察できる「リスの小径」オープン30周年記念「春のリス祭」(19/3/9)
多摩動物公園内野生生物保全センターがアライグマのついての講演会を主催(19/2/24)
天皇陛下在位30年記念、2月24日は都立動物園や水族園が無料開放(19/2/18)
野生動物の保全を動物園で考えるイベント、埼玉県こども動物自然公園で開催(19/2/10)
生後1ヶ月半のサーバルの赤ちゃん兄弟を公開、日野市の多摩動物公園(19/1/16)
知られているようにで知られていない干支のイノシシについての講演会開催(19/1/3)
アドベンチャーワールド生まれのパンダの赤ちゃん「彩浜(さいひん)」と命名(18/12/17)
2019年の干支「亥」、知られていないイノシシの生態に迫る企画展・講演会(18/12/1)
ウィンターナイトもジャイアントパンダの赤ちゃんに会える!(18/11/29)
絶滅危惧種ツシマヤマネコの保護と繁殖を広く一般に「ヤマネコ祭2018」開催(18/10/25)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
公園猫、散策で出逢った猫、うちの子たち、はやしみほこさん5回目の写真展(19/3/22)
花、猫、鳥、虫などの「いのち」ある小さきものを真摯に描いた熊谷守一展(19/3/21)
フォスターアカデミーによる保護猫に必要な知識・心得、猫コース6期開催(19/3/20)
インスタ1投稿で2円が猫助け資金に!シマホ×ネスレ・ピュリナ×ネコリパ(19/3/19)
犬の訓練法クリッカートレーニング上達のためのワークショップ、渋谷で開催(19/3/18)
一瞬の美しさを切り取ったインコやスズメ、幻の鳥まで新作家も多数登場(19/3/17)
古民家風保護猫カフェ「鎌倉ねこの間」で猫にも安全な植物療法セミナー開催(19/3/16)
一番ワイルドで野生ネコに近い家猫である「キジトラ偏愛主義」写真展開催(19/3/15)
動物福祉に関する話に動物愛護法改正の動向も追加、動物福祉セミナー開催(19/3/15)
保護犬が新しい家族と会えるまでにできる犬の幸せにつながるセミナー開催(19/3/14)
猫を巡るトラブル、解決の糸口は? 「地域猫セミナー in 錦糸町」(19/3/13)
「幸せの黄色い車」で猫の譲渡会開催、島忠ホームセンター川口朝日店(19/3/12)
一般公募3,000点の中から選ばれた400点を展示、ねこのひょっこり写真展(19/3/11)
日比谷図書文化館の特別展「アートになった猫たち展〜今も昔もねこが好き」(19/3/10)
リスを間近で観察できる「リスの小径」オープン30周年記念「春のリス祭」(19/3/9)
第7回さくら保護猫譲渡会、佐倉市役所で初開催(19/3/8)
保護猫カフェで、心とカラダのバランスを〜ストレスマネージメントヨガ(19/3/7)
東京の街に似合う猫を撮り続ける写真家集団「東京猫色」初の公式写真展開催(19/3/5)
美瑛・富良野の絶景と動物たちの魅力を写真で紹介「Beautiful Hokkaido」(19/3/4)
「猫の国勢調査2019」結果発表、人気の猫種は?アイリスペットどっとコム(19/3/3)

↑WPNトップ


レクタングルバナー