WPN☆ワールドペットニュース
   
◆多摩動物公園、6月に産まれたレッサーパンダの赤ちゃんを公開 [2018.9.11]  

 多摩動物公園(東京都日野市程久保7-1-1)では、6月7日に誕生したメスのレッサーパンダ、李花「リーファ」を、9月11日(火)から一般公開した。

 公開場所は、アジア園レッサーパンダ舎ガラス室で、時間は午後2時15分から4時15分まで。動物の体調によっては公開を中止する場合がある。

 2015年6月14日、東北サファリパーク生まれの母、3歳のタオファと、2012年6月11日 カルガリー動物園生まれの父・フランケン(6歳)の間に6月7日、2頭の出産があったが、1頭は確認時にすでに死亡しており、残る1頭は母親の元で順調に生育していた。

 多摩動物公園では、7月13日にも1頭のレッサーパンダが産まれており、産箱内のライブ映像を、7月19日(木)からレッサーパンダ舎で公開している。こちらの赤ちゃんの公開日は未定。多摩動物公園では、7月17日現在、10頭(オス3、メス6、不明1)のレッサーパンダを飼育している。

 多摩動物公園の開園時間は、午前9時半から午後5時まで。入園料は一般が600円、中学生が200円、65歳以上が300円。休園日は水曜日。問い合わせは、多摩動物公園、電話:042-591-1611 まで。

WPN☆ワールドペットニュース
レッサーパンダ親子(手前「リーファ」、奥「タオファ」)撮影日:2018年9月5日
[関連URL]
・9/11からレッサーパンダ「タオファ親子」公開



[関連ニュース]
絶滅危惧種ツシマヤマネコの保護と繁殖を広く一般に「ヤマネコ祭2018」開催(18/10/25)
多摩動物公園、開園60周年記念イベント「アフリカの動物」講演会(18/10/8)
アドベンチャーワールドのパンダの赤ちゃん、一般公開&名前募集スタート(18/9/13)
祝! 和歌山・アドベンチャーワールドでジャイアントパンダの赤ちゃん誕生(18/8/15)
「木の上でくらす動物」上映会・講演会を実施、多摩動物公園(18/8/12)
道産子のウマとふれあったり乗馬ができるイベント、多摩動物公園(18/8/3)
アートで動物と自然を学び楽しむ「大森山アートプロジェクト」(秋田市)(18/7/17)
4年ぶりにオランウータンの赤ちゃん誕生!名前の投票中、多摩動物公園(18/7/16)
「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」6月2日に井の頭、多摩、葛西で開催(18/5/9)
WPN☆ワールドペットニュース「新着ニュース」
千葉科学大動物危機管理教育研究センターによる一般公開講座、参加無料(18/11/19)
災害時・ペットとの同行避難、問題点と改善点は?保護犬・猫の写真展も開催(18/11/17)
11月は東京都の「動物譲渡促進月間」、都が取り組む保護動物活動を紹介(18/11/15)
天売島のネコ問題解決のために、野良猫を馴らし譲渡会開催(18/11/14)
北海道の天売島をおとずれる海鳥の魅力、人との関わりを紹介する講演会(18/11/13)
下町情緒あふれるレトロモダンな王冠印雑貨店で企画展「茶白猫まつり」開催(18/11/12)
アイリスペットどっとコム会員が選ぶ好きな猫種ランキング1位はどの猫種?(18/11/11)
日本最大級の保護動物の譲渡会「ブレーメンパーク」が幕張で開催(18/11/10)
今回のテーマは「猫のおくりもの&さくら猫」11日、甲府駅で開催イベント(18/11/9)
動物病院へ行く回数を減らす講座「猫と犬のデトックス」北海道で開催(18/11/8)
専門家を講師に迎え『ペットのための遺言とわんにゃお信託』を徹底的に学ぶ(18/11/7)
野良猫から地域猫になった「カッパちゃんの写真展」駒にゃんフェスタ開催(18/11/6)
「わんにゃんきょうとアニラブクラス」京都動物愛護センターのボラが企画(18/11/6)
アジアの犬を撮り続ける写真家と身近な生きもの撮り続ける写真家の二人展(18/11/5)
畳と猫と高座と噺家、保護猫カフェで猫を膝に抱きながら落語が楽しめます(18/11/4)
保護犬や猫を助けるために新たに挑戦する獣医師たちの講演会、大阪で開催(18/11/3)
チンアナゴの生態が楽しく学べる3日間、11月11日は“チンアナゴの日(18/10/31)
うちの子とサバイバル「猫様のための防災ゼミ」ネコソダテの昼ゼミ開催(18/10/30)
人気犬クリエイターによる合同写真&物販展「いぬ休み展」ワンワンの日開幕(18/10/29)
野良猫の問題、有効な対策は?猫嫌いも交えて、どう解決するか?セミナー(18/10/28)

↑WPNトップ


レクタングルバナー