1. ペット大好き!
  2. ワールドペットニュース
  3. ハトの羽をつけた最先端の鳥ロボット、 飛ぶ姿は本物そっくり!
スーパーナチュラルフード HALO(ハロー)

ワールドペットニュース

ハトの羽をつけた最先端の鳥ロボット、 飛ぶ姿は本物そっくり!

海外

スタンフォード大の研究チームは、40本の鳩の羽と最先端の技術を使ってロボットの鳥を作製した。ロボットのテスト飛行をとらえたビデオをぜひ観てほしい。
鳩ロボットは本物と見間違えるほど悠々と空を舞い、巧みに方向や高さを変えながら地面に着地している。

このロボットは本物の鳥と同じように、羽を広げたり寄せたりして翼の形を変えることのできる唯一のロボットとして注目を集めている。

研究チームは、本物の鳩の動き、とくにその関節やどのように羽の動きをコントロールしているのかを研究した。そして40本の鳩の羽を使い、バイオハイブリッド(培養した人工筋肉がまるで生物の動きをするロボット)で変形可能な人工の翼を作ることに成功した。

この羽の生態研究によって、鳥は翼のなかにある手首と指の関節の角度を変化させることで、数十本ある羽の並び具合を調整していることがわかった。たとえば手首の関節を動かすと羽が引っ込み、指の関節を動かすと羽が広がる。
また、隣接した羽同士はマジックテープのような感じでくっついており、それによって羽がダイナミックな動きをしても外れたりしないようになっていることがわかった。

人類は長年、鳥はどうやって飛ぶのかという疑問を抱き研究を重ねてきたが、そのメカニズムがスタンフォード大の研究によって明らかになった。
飛行機のデザインも今後より鳥に近いものに変わるかもしれない。また羽の構造は、服のファスナーや特殊なバンドエイドなどの開発にも応用されると期待が高まっている。

研究に協力し、自分の羽を寄与した鳩たちもさぞかし喜んでいるだろう。

関連URL: a robot bird built using 40 pigeon feathers flies like the real thing

  • ペット保険比較 あなたのペットに最適な保険を選ぼう
  • メルマガ会員募集
  • 4コマ漫画「ネコチチイヌハハ」
  • 高品質で栄養バランスに優れたセレクトバランス
  • あなたにぴったりのペットを選ぼう This one
  • ペットライブラリー株式会社