1. ペット大好き!
  2. ワールドペットニュース
  3. 生きていたのは奇跡!ハリケーン襲来3週間後にがれきに埋もれた犬を救出
スーパーナチュラルフード HALO(ハロー)

ワールドペットニュース

生きていたのは奇跡!ハリケーン襲来3週間後にがれきに埋もれた犬を救出

海外

バハマを襲ったハリケーンドリアンから約1ヶ月後、がれきに埋もれながらも生存している犬が救出された。

フロリダ州の動物救護団体「ビッグドッグランチレスキュー」はハリケーン被害のあった地域で救護活動をしていた際、彼らが飛ばしていたドローンの1機が小さな熱の点を感知した。
バハマ史上最大のハリケーンによって壊滅的被害を受けた街で見つけたのは、壊れた家電の間に挟まって身動きが取れなくなっていた1匹の犬だった。
隣にいた犬は生き延びれず死んでいたが、その犬はかろうじで尻尾を振る元気が残っていた。
救援隊はがれきを動かして犬を抱きあげた。犬はあばら骨が浮き出るほどやせ細り、立つことも吠えることもできない状態。すぐさま抗生物質の投与と水分補給といった応急処置をし、獣医チームのいるフロリダの拠点へと飛んだ。

「彼は骨と皮だけの状態で、生き残っていたのは奇跡だよ」と救護隊のメンバーであるシモンズは驚きを隠せない。
その犬は「ミラクル」と名付けられ、現在治療を受けながら順調に回復している。
ハリケーンドリアンの襲来以降、ビッグドッグランチは精力的に被災地の犬の救護にあたっており、ミラクルは138匹目だ。まだ多くの犬が助けを待っているとシモンズは言う。
「まだ終わりじゃない。人々はもちろん動物も助けを求めている。崩れた建物のがれきが山積みになっていて、動物たちは怖くてそのがれきの下に隠れている。ボランティアや作業員がブルドーザーでがれきの撤去ををしてるけど、ブルドーザーがそうした動物たちを傷つけてしまう危険もある。埋まった動物たちはミラクルのようにあまりに弱っていて自分がここにいるよと知らせることもできないんだ。なんとか助けだしたい」
時間との闘いのなかで焦りと悔しさを感じながら、ビッグドッグランチは今日も救護活動に汗を流している。

関連URL: Emaciated Dog Found Alive Under Debris 3 Weeks After Hurricane Dorian: 'It’s a Miracle He Survived'

  • ペット保険比較 あなたのペットに最適な保険を選ぼう
  • メルマガ会員募集
  • 4コマ漫画「ネコチチイヌハハ」
  • 高品質で栄養バランスに優れたセレクトバランス
  • あなたにぴったりのペットを選ぼう This one
  • ペットライブラリー株式会社