1. ペット大好き!
  2. ワールドペットニュース
  3. ロックダウン中にガチョウを飼い始めた男性。惜しくも手放さねばならない理由とは?
スーパーナチュラルフード HALO(ハロー)

ワールドペットニュース

ロックダウン中にガチョウを飼い始めた男性。惜しくも手放さねばならない理由とは?

海外

イギリスのヨークシャーに住む独身男性であるスヴェンは、コロナウイルス感染拡大によるロックダウン中の6月に、ある珍しいペットを家に迎い入れた。
寂しさを埋めるために彼が選んだのは犬や猫ではなく2羽のガチョウだ。1羽あたり40ポンドで購入し、「ビープ・ビープ」、「ノルバート」という名前をつけて自宅の庭で飼い始めた。

2羽はスヴェンを親だと思って懐いている様子で、今では家の中にも入り、フンを落とさないようにおむつをつけて歩き回っている。外出も共にし、スヴェンが公園やパブに2羽を連れているのを近所の人がよく目撃している。

相思相愛の彼らだが、悲しいことにスヴェンは2羽のガチョウを手放さなければならない状況にある。2羽の鳴き声が大きくて近所迷惑になっているからだ。
これまでに隣人がスヴェンのところへ申し立てに来たことがあり、彼は夜に2羽を家の中に入れておくことにした。しかし、昼間に庭から響くガチョウの声も近所の人々は嫌い、市へ騒音対策を願い出た。
リーズ市議会はスヴェンに対し、「騒音による他者の生活侵害を防止するため、28日以内に2羽のガチョウを撤去すること。さもなくは5000ポンド(70万円)の罰金を課す」と命じた。

「心が砕けそうだ。2羽は僕のことを親だと思っていて、彼らを手放すなんて考えられない。人が家の前を通る時に鳴くのは番犬と同じだし、それが毎回起きているわけではない。これでは社会福祉の人が僕の子供たちを連れ去っていくみたいだ」とスヴェンは悲痛な胸の内を明かしている。

ガチョウたちただやみくもに鳴いているわけではなく、人を見たときにときどき鳴くのだとスヴェンは主張するものの、市は近所迷惑となる騒音に対して同情の余地はない。

2羽を預かってもいいというオファーが数件来ているようだが、「この子たちは犬や猫と同じペットで、家畜ではないんだ。僕と離れたらきっと不安とストレスで病んでしまうかもしれない」と、スヴェンは頭を抱えている。

12月8日が期限で、タイムリミットが迫ってきている。要請に応えない場合、市はさらなる対策を講じる予定だ。果たしてスヴェンは愛するガチョウたちを手放すことができるだろうか。

関連URL: Lonely man ordered to get rid of two pet geese because of their constant honking

  • ペット保険比較 あなたのペットに最適な保険を選ぼう
  • メルマガ会員募集
  • 4コマ漫画「ネコチチイヌハハ」
  • 高品質で栄養バランスに優れたセレクトバランス
  • 全国のペットショップの採用情報
  • ペットライブラリー株式会社